フェロモンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > フェロモン > フェロモンの意味・解説 

フェロモン【pheromone】

読み方:ふぇろもん

刺激を運ぶものの意》動物体内産生され体外放出され同種の個体行動生理状態に影響与え分泌物質の総称多く昆虫性フェロモン、アリ・ミツバチの警報フェロモンなどがある。


フェロモン


フェロモン

英訳・(英)同義/類義語:pheromone, Pheromones

特定の生物個体から分泌される化学物質で、同じ種類別個体作用し行動生理機能影響与える。不揮発性の化学物質ペプチドなどさまざまの物質知られており、ハチ女王物質酵母接合フェロモンなど、機能によって、集合フェロモン性フェロモン接合フェロモンなどとよばれる

フェロモン

作者仲川友康

収載図書ショートショートの広場 13
出版社講談社
刊行年月2002.2
シリーズ名講談社文庫


フェロモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/09 23:12 UTC 版)

フェロモン(pheromone)は、動物または微生物が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことである。


  1. ^ Queen substance” (英語). www.britannica.com. 2024年4月9日閲覧。
  2. ^ 野口哲典『マンガでわかるホルモンの働き』2013年、サイエンス・アイ新書、22頁。
  3. ^ ライオンのメスは排卵を同調、ヒトの生理と異なる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
  4. ^ 魚の嗅覚警報物質を発見”. www.riken.jp. 2024年4月9日閲覧。


「フェロモン」の続きの解説一覧

フェロモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:16 UTC 版)

勇者のくせになまいきだ。」の記事における「フェロモン」の解説

リリスガジガジムシ捕食したりして養分等が一定になると発する分泌物ねばねばするらしく、勇者がかかるとしばらく動けなくなってしまう。

※この「フェロモン」の解説は、「勇者のくせになまいきだ。」の解説の一部です。
「フェロモン」を含む「勇者のくせになまいきだ。」の記事については、「勇者のくせになまいきだ。」の概要を参照ください。


フェロモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 09:21 UTC 版)

神経ステロイド」の記事における「フェロモン」の解説

フェロモンは、鋤鼻(じょび)受容体英語版細胞活性化を介して、脳の活動、特に視床下部機能影響与え神経ステロイドである。 フェロモンには、アンドロスタン類のアンドロスタジエノール(英語版)、アンドロスタジエノン英語版)、アンドロステノール英語版)、アンドロステノンや、エストラン類のエストラテトラエノール(英語版)等がある。

※この「フェロモン」の解説は、「神経ステロイド」の解説の一部です。
「フェロモン」を含む「神経ステロイド」の記事については、「神経ステロイド」の概要を参照ください。


フェロモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 06:27 UTC 版)

アンドロステロン」の記事における「フェロモン」の解説

アンドロステロンヒト腋の下皮膚尿中見出されるアンドロステロンヒト皮脂腺によっても分泌されているかもしれないアンドロステロンアンドロステノール同様の麝香香りを持つと記述されている。アンドロステロンヒト嗅いだ時、ヒト行動影響与えることが明らかにされている。

※この「フェロモン」の解説は、「アンドロステロン」の解説の一部です。
「フェロモン」を含む「アンドロステロン」の記事については、「アンドロステロン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フェロモン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フェロモン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



フェロモンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェロモン」の関連用語

フェロモンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フェロモンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2024 All rights reserved
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェロモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勇者のくせになまいきだ。 (改訂履歴)、神経ステロイド (改訂履歴)、アンドロステロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS