ゴキブリとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 害虫 > ゴキブリ > ゴキブリの意味・解説 

ごきぶり【蜚蠊】

《「ごきかぶり御器噛)」の音変化ゴキブリ目昆虫総称茶褐色黒褐色体色のものが多く、油を塗ったようなつやがある。体は扁平で、前胸が大きい。口は、かむ型。翅(はね)に原始的特徴がある。卵は、がま口状の鞘(さや)を作ってその中に産みつける。人家侵入するものにチャバネゴキブリ・クロゴキブリ・ワモンゴキブリ・ヤマトゴキブリなどがある。あぶらむし。《 夏》


蜚蠊

読み方:ゴキブリ(gokiburi)

ゴキブリ目昆虫総称


ゴキブリ

作者スティーヴン・ラリー・バイラー

収載図書海は僕を見つめた
出版社アーティストハウスパブリッシャーズ
刊行年月2003.6


ゴキブリ

作者金子修

収載図書短編集 大砲のある村
出版社新風舎
刊行年月2004.8


ゴキブリ

作者松山巌

収載図書猫風船
出版社みすず書房
刊行年月2007.6


ゴキブリ

作者布田竜一

収載図書怪奇堂 4
出版社文芸社
刊行年月2007.12


蜚蠊

読み方:ゴキブリ(gokiburi)

ゴキブリ目昆虫総称


蜚蠊

読み方:ゴキブリ(gokiburi)

油虫別称

季節

分類 動物


ゴキブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 14:56 UTC 版)

ゴキブリ英語: cockroach)は、昆虫綱ゴキブリ目 (Blattodea) のうちシロアリ以外のものの総称。シロアリは系統的にはゴキブリ目に含まれるが、「ゴキブリ」に含められることは無く、伝統的には別目としてきた。
なおカマキリ目と合わせて網翅目 (Dictyoptera) を置き、Blattodeaをその下のゴキブリ亜目とすることがあるが、その場合、ゴキブリはゴキブリ亜目(のうちシロアリ以外)となる。


  1. ^ a b c 朝比奈正二郎『日本産ゴキブリ類』中山書店、1991年12月10日。ISBN 4-521-00281-1
  2. ^ a b c d e f g 安富和男『ゴキブリのはなし』技報堂出版、1991年11月25日。ISBN 4-7655-4372-2
  3. ^ ジャイアントローチ(Archiblatta hoevenii)は体型が扁平でなく、巨大なスズムシのような形をしている。
  4. ^ a b 安富和男 2000.
  5. ^ 筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|ゴキブリの起源は意外と新しかった!” (日本語). www.tsukuba.ac.jp. 2020年2月23日閲覧。
  6. ^ a b 岩槻邦男・馬渡峻輔(監修) 石川良輔(編集)『バイオディバーシティ・シリーズ 節足動物の多様性と系統』裳華房、2008年4月5日。ISBN 978-4-7853-5829-7
  7. ^ a b c d e f g 富岡康浩 & 柴山淳 1998.
  8. ^ サツマゴキブリ、旧・日置川町で初確認 生息域、紀南全体へ - AGARA紀伊民報 [リンク切れ]
  9. ^ サツマゴキブリ : シロアリ駆除「シー・アイ・シー」のゴキブログ
  10. ^ 田中和夫「トルキスタンゴキブリBlatta lateralis (WALKER, 1868)覚書き」『家屋害虫』第25巻第2号、日本家屋害虫学会、2003年11月29日、 101 - 106頁、 NAID 110007724250
  11. ^ "縄文土器にゴキブリ卵の跡 -熊本大教授「起源研究へ寄与」-"共同通信、2016年2月8日記事(47NEWS))。
  12. ^ 平尾素一「ゴキブリに対する問題意識調査(第5回研究発表会講演抄録)」『ペストロジー学会誌』第5巻第1号、日本ペストロジー学会、1990年11月1日、 24 - 26頁、 NAID 110007332116
  13. ^ a b c 鈴木知之『ゴキブリだもん 美しきゴキブリの世界』幻冬舎、2005年3月31日。ISBN 4-344-80496-1
  14. ^ a b c 山野 勝次「<昆虫学講座(後編)>文化財の材質からみた主要害虫」『文化財の虫菌害67号(2014年6月)』、 18-25頁。
  15. ^ a b 三橋淳『世界昆虫食大全』八坂書房、2008年11月25日。ISBN 978-4-89694-920-9
  16. ^ 篠永哲・林晃史『虫の味』八坂書房、2006年11月20日。ISBN 4-89694-877-7
  17. ^ 高木正洋(三重大学医学部 医動物学講座)「ゴキブリの生態 Ecology of cockroaches」『生活衛生』第29巻第2号、大阪生活衛生協会、1985年3月10日、 66-78頁、 doi:10.11468/seikatsueisei1957.29.66ISSN 1883-6631
  18. ^ Williams, F.X. (1942). Ampulex compressa (Fabr.), a cockroach-hunting wasp introduced from New Caledonia into Hawaii” (英語). Proceedings of the Hawaiian Entomological Society (Hawaiian Entomological Society) 11 (2): 221-233. ISSN 0073-134X. https://scholarspace.manoa.hawaii.edu/handle/10125/16067. 
  19. ^ a b c d e f g h i j メイ・R・ベーレンバウム(著者) 久保儀明(訳)『ゴキブリだって愛されたい 昆虫たちの都市伝説』青土社、2010年7月10日。ISBN 978-4-7917-6554-6
  20. ^ ヤスデ100匹、ミミズ30匹も食べていた ゴキブリ大食いで死亡の男性”. MSN産経ニュース (2012年10月11日). 2013年1月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。



ゴキブリ

出典:『Wiktionary』 (2018/02/01 10:52 UTC 版)

名詞

ゴキブリ

  1. ごきぶり」を参照



ゴキブリと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゴキブリ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||



10
98% |||||

ゴキブリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゴキブリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゴキブリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのゴキブリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS