ワモンゴキブリとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 害虫 > ゴキブリ > ワモンゴキブリの意味・解説 

輪紋ゴキブリ

読み方:わもんゴキブリ
別表記:ワモンゴキブリ

ゴキブリ一種日本家屋内に潜むゴキブリの中では最大種であり、不快がられることが多い。

ワモンゴキブリ(雌成虫)

形態
 ワモンゴキブリは体長30~45mmで、日本における屋内ゴキブリの中で最も大型である。体は褐色光沢があり、前胸背板に黄白色の環状紋(輪紋)を有するのが特徴である。
 コワモンゴキブリ体長3035mmで、ワモンゴキブリに似ているがやや小型で、前胸背板に黄白色の環状紋は、より輪郭がはっきりしている。また前翅基部黄色い条紋があることで、区別できる。
分布
 ワモンゴキブリは熱帯亜熱帯広く分布する世界的害虫種で、アフリカ原産といわれている。国内では南西諸島優先害虫種で八重山諸島では屋外にも生息する。このほか九州各地兵庫大阪和歌山愛知東京などの地下街ビル下水などに生息している。
 コワモンゴキブリ九州愛知東京札幌発生した記録がある。
被害
 見た目が不潔で嫌悪感与え集合している様子はさらに不快感恐怖感を抱かせる。そればかりか食中毒をはじめ各種病原微生物体表面や脚、排泄物などを通じて伝播する。また食品迷入して混入事故となったり、電気機器類に多数侵入した場合には故障引き起こす排泄された糞が染みとなって汚染する。また和紙食害し、古書や古い屏風などが被害を受ける一般にゴキブリ死骸や糞はアレルゲンであり、吸い込むアレルギー喘息などの原因になる。
生態
 ワモンゴキブリは、暖房設備のあるビルレストラン地下街病院などに住みつき、下水道マンホールゴミ処理場水洗便所腐敗槽などに生息する。成虫寿命は約半年2年で、平均14個の卵が入った卵鞘を4~10日間隔で、50回以上も産む。湿った物陰を選んで産卵し、木やボール紙産卵する場合は凹のあるところを噛み木屑紙片唾液固め覆い隠す。雄と交尾しなくても繁殖が可能である(単為生殖)。幼虫期間は約半年1年である。
 コワモンゴキブリもほぼ同様な生態で、成虫寿命は4~6ヶ月で、平均24個の卵が入った卵鞘10日間隔合計2030回産む(緒方ら、1985)。幼虫期間は約半年1年である。

輪紋蜚蠊

読み方:ワモンゴキブリ(wamongokiburi)

ゴキブリ科昆虫

学名 Periplaneta americana


ワモンゴキブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 15:14 UTC 版)

ワモンゴキブリ(輪紋蜚蠊、学名Periplaneta americana)は、ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫の一種である[1]




「ワモンゴキブリ」の続きの解説一覧



ワモンゴキブリと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワモンゴキブリ」の関連用語

ワモンゴキブリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワモンゴキブリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2019 IKARI CORPORATION All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワモンゴキブリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS