染みとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 染みの意味・解説 

しみ【染み】

液体などが部分的にしみついて汚れること。また、その汚れ。「インクの染み」「洋服の染みを抜く」

なかなか消えない過去のいやな記憶また、消してしまいたいと思う不名誉な点。汚点。「心の染み」「経歴に染みがつく」

顔などに生じる、褐色色素沈着肝斑(かんぱん)。


染み


染み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

染み

作者トーマス・オーウェン

収載図書黒い玉十四不気味物語
出版社東京創元社
刊行年月1993.7

収載図書黒い玉十四不気味物語
出版社東京創元社
刊行年月2006.6
シリーズ名創元推理文庫


ズミ

ズミ
科名 バラ科
別名: コリンゴ
生薬名: -
漢字表記 染み
原産 日本 朝鮮
用途 日当たり良好山地自生する落葉小高木白色の花が4月から6月に咲き、果実9月頃に赤く熟します。樹皮染料に使うので、ズミとなりました。
学名: Malus sieboldii Rehd.
   

染み

出典:『Wiktionary』 (2020/02/24 13:30 UTC 版)

漢字混じり表記

(しみ)

  1. しみ参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「染み」の関連用語

染みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



染みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2021, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの染み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS