染料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 染料 > 染料の意味・解説 

せん りょう-れう [3] 【染料】

色をもつ有機化合物で、水や有機溶媒に溶かして、繊維製品皮革・紙などを染色する物質天然染料合成染料分けられる。最近ではほとんどすべて合成される。 → 顔料


染料

英訳・(英)同義/類義語:dye, dyestuff

さまざまな物を着色する化合物総称

色素

同義/類義語:生体内色素, 天然色素, 合成色素, 染料
英訳・(英)同義/類義語:pigment, dye

特定波長の光を吸収するか反射する化合物総称

染料

絵の具発色剤として、顔料と同じように使われている。有機物から抽出し有機染料と、科学的合成して作った無機染料とがあり、いずれにしても顔料比べる粒子が非常に細かいため基底材深く染み込む性質がある。

染料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 18:17 UTC 版)

染料(せんりょう) とは、など特定の溶媒溶解させて着色に用いる有色の物質。普通は水を溶媒として布や紙などを染色する。誘導体が溶媒に可溶であり、染着後に発色させた色素は不溶となる、いわゆる建染染料も含む。建染染料の内、インディゴやインダンスレン、ペリノンオレンジ、フラバンスロンイエローなどは顔料としての確固たる使用実績があり、顔料としての認知度も高い。特定の媒体に分散するという性質が着色の上で重要なものは顔料と呼ばれる。




「染料」の続きの解説一覧





染料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「染料」の関連用語

染料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



染料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2018 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの染料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS