顔料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > > 顔料の意味・解説 

がん りょう -れう [3] 【顔料】

色彩をもち、その他の溶剤溶けない微粉末。塗料化粧品プラスチック着色剤などに用いる。チタン白・ベンガラ・クロムイエローなどの無機顔料レーキなどの有機顔料がある。 → 染料
特に、絵の具のこと。


がんりょう 【顔料】

印刷インキ塗料などの色を作る際に用いられる、不溶性粉末

顔料

英語 pigment

塗料印刷インキプラスチックなどに、着色(補強増量など)の目的添加される水や溶剤溶けない無彩色または有彩色粉末組成によって有機顔料無機顔料区別され、前者多様な色彩鮮やかなものが、後者低価格耐久性のよいものが多い。自動車塗料鮮やかな色彩求め、かつ耐久性のよいものが求められるため、有機顔料から耐久性のよいものが選択される。また、機能上から防錆力をもつものを防錆顔料、塗膜などの補強増量効果があるものを体質顔料と呼ぶ。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

顔料

一定の色に着色するために用いる物質アルコールに溶けず、所定の色をもつ不透明物質で、媒材によって結合させられ絵の具として用いる。染料比べるひとつひとつ粒子大きい。

顔料

読み方がんりょう

豆精(まめこ)、糊などを接着剤用いて着色する染色材。紅柄べんがら)、黄土緑青臙脂(えんじ)などがあり、染料よりも鮮明な色に染まります。紅型にはなくてはならないものです。

顔料

作者杉本苑子

収載図書姿見ずの橋
出版社中央公論社
刊行年月1987.11
シリーズ名中公文庫


顔料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/12 06:48 UTC 版)

顔料(がんりょう、pigment)は、着色に用いる粉末でに不溶のものの総称。着色に用いる粉末で水や油に溶けるものは染料と呼ばれる。


  1. ^ Market Study: Pigments”. Ceresana Research. 2010年8月8日閲覧。
  2. ^ 俗に、カラーインデックス名。ただし、Colour Index Constitution Numberをカラーインデックス名とする誤用もある。
  3. ^ 俗に、カラーインデックス番号。ただし、Generic Nameをカラーインデックス番号とする誤用もある。
  4. ^ 『有機顔料ハンドブック』 橋本勲 カラーオフィス 2006.5
  5. ^ SINLOIHI 蛍光塗料・蛍光顔料シンロイヒ
  6. ^ 一見敏男 (1980). “顔料の色の話”. 化学教育 (日本化学会) 28 (1): 32-35. NAID 110001822628. 
  7. ^ 大塚淳. “顔料”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 小学館. 2016年12月9日閲覧。
  8. ^ 『世界大百科事典 第2版』 平凡社、2009年。
  9. ^ Kassinger, Ruth G. (2003-02-06). Dyes: From Sea Snails to Synthetics. 21st century. ISBN 0-7613-2112-8. http://books.google.com/books?id=5pWAWgq5My4C&printsec=frontcover&dq=Dyes:+From+Sea+Snails+to+Synthetics&hl=ja&ei=NlJfTIWyFoy4vQO71_iZDA&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CCsQ6AEwAA#v=onepage&q&f=false. 
  10. ^ Theopompus, cited by Athenaeus [12.526] in c. 200 BCE; according to Gulick, Charles Barton. (1941). Athenaeus, The Deipnosophists. Cambridge: Harvard University Press.
  11. ^ Michel Pastoureau (2001-10-01). Blue: The History of a Color. Princeton University Press. ISBN 0-691-09050-5. 
  12. ^ Jan Wouters, Noemi Rosario-Chirinos (1992). “Dye Analysis of Pre-Columbian Peruvian Textiles with High-Performance Liquid Chromatography and Diode-Array Detection”. Journal of the American Institute for Conservation (The American Institute for Conservation of Historic &#38) 31 (2): 237–255. doi:10.2307/3179495. JSTOR 10.2307/3179495. http://links.jstor.org/sici?sici=0197-1360(199222)31%3A2%3C237%3ADAOPPT%3E2.0.CO%3B2-7. 
  13. ^ Amy Butler Greenfield (2005-04-26). A Perfect Red: Empire, Espionage, and the Quest for the Color of Desire. HarperCollins. ISBN 0-06-052275-5. 
  14. ^ a b Pigments Through the Ages”. WebExhibits.org. 2007年10月18日閲覧。
  15. ^ Rossotti, Hazel (1983). Colour: Why the World Isn't Grey. Princeton, NJ: Princeton University Press. ISBN 0-691-02386-7. 
  16. ^ Simon Garfield (2000). Mauve: How One Man Invented a Color That Changed the World. Faber and Faber. ISBN 0-393-02005-3. 
  17. ^ Jeff Behan. “The bug that changed history”. 2006年6月26日閲覧。





顔料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「顔料」の関連用語

顔料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



顔料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2020 K'sBookshelf All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2020 横浜美術学院 AllRights Reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2020 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顔料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS