コーティングとは? わかりやすく解説

コーティング【coating】

読み方:こーてぃんぐ

[名](スル)物体表面薄膜付着させておおうこと。レンズ表面反射を防ぐため、表面弗化(ふっか)マグネシウムなどの薄膜おおったり、合成樹脂などの被膜布・紙表面防水耐熱加工したりすることなど。

「コーティング」に似た言葉

コーティング

英語 coating

金属プラスチック表面に、塗装やめっきを用いて塗膜層やめっき層をつくる作業総称一般的には、ある物体表面保護したり、表面別の材質被覆したりしたいときに、表面に施す加工作業のことをいう。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

コーティング(金属コーティング) coating,metal coating


コーティング


コーティング

読み方こーてぃんぐ
【英】: coating

石油精製装置タンク配管などに被覆を施すこと。金属、紙などの物質は、空気薬品、光などの環境下にさらされることにより、腐食劣化起こすが、これを保護するために物体表面皮膜被覆することをいう。保護することに限らず電気絶縁装飾などを目的とする場合もある。また、皮膜として塗料合成樹脂プラスチックなどを用いるが、これら物質指してコーティングという場合もある。

コーティング

【英】coating

表面改質のうち,防錆防食装飾,低摩擦あるいは耐摩耗性付与光学的磁気的電気的特性付与など,表面欠点改善新し機能付与するために行われる被膜処理の総称
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることできます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

コーティング

ガラス板などに特別な機能持たせるために真空蒸着やディッピングなどを利用した表面加工
ガラス透過光コントロールしたり、ガラス機能高めたり新たな機能持たせたりする。
下のような方法がある。

  1. 無電解メッキ

  2. 金属膜をガラスプラスチックなどの絶縁物コーティングする方法。鏡はこの方法により、ガラスに銀、コーティングしたものである
  3. CVD

  4. 化学的気相成長法(Chemical Vapor Deposition)は、高温熱せられた蒸気状態の金属化合物ガラス基板表面化学反応させ薄膜形成する
  5. スパッタ

  6. グロー放電プラズマ中で発生したイオン化した不活性ガス電気的に加速させターゲット衝突させると、ターゲット粒子たたき出される(スパッタリング現象)。その物質をガラス基板表面堆積させ、薄膜形成する日本板硝子社では熱線反射ガラス「レフシャイン」の生産スパッタリング法が採用されている。
  7. ゾルゲル

  8. 液体中に分散して流動性を示すコロイド溶液ゾル)を加水分解重縮合反応により流動性失わせたものをゲルといい、このゲル加熱して酸化物を得る方法をソルゲルプロセスという。 このコーティング膜の中に様々な機能をもった材料混入することにより、ガラス新たな機能付加できる。

コーティング


コーティング coating

キャノピークロス(布)に、コーティングを行い空気透過しないようにしている。
初期のパラグライダーには、このコーティングの悪い物があり、短期間で寿命となったものが有ったが、最近ではかなり研究されキャノピー耐久性向上した

コーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 19:43 UTC 版)

コーティング英語: coating、コーチングとも)は、日本語の場合、物体表面を、定着可能な物質・物体で覆うことを意味する[1]食品加工の分野では「コーチング」と転写される場合も有る。




「コーティング」の続きの解説一覧

コーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 05:28 UTC 版)

ハンドメイドルアーLOT」の記事における「コーティング」の解説

下地コーティングの最初から最終仕上げまで、全てセルロースセメントにこだわる。

※この「コーティング」の解説は、「ハンドメイドルアーLOT」の解説の一部です。
「コーティング」を含む「ハンドメイドルアーLOT」の記事については、「ハンドメイドルアーLOT」の概要を参照ください。


コーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 08:22 UTC 版)

宝石のトリートメント」の記事における「コーティング」の解説

宝石表面金属樹脂皮膜着せ着色する処理で、当然ながらトリートメント扱い金属皮膜については半導体製造技術応用されているので製品技術レベルはかなり高く、それを何層にも重ねる事で相当に堅牢になる。ゆえに通常の洗浄剥がれることはまずなく、ある程度衝撃高温にも耐える水晶最初に登場したコーティング石で、アクアオーラコスモオーラなど、蒸着させた金属の種類により異な呼び名がある。 トパーズチタンなどの金属皮膜をコーティングさせたトパーズは、虹色変化する外観になり、人工処理したことが知られているにも関わらず人気があり、ミスティック・トパーズなどと呼ばれている。 ヒスイ輝石硬玉ヒスイ白い石がもっと一般的ありふれているが、商品価値が高いのは緑の石なので、白い石緑の樹脂をコーティングし商品価値高める。 サンゴ白いサンゴに赤い樹脂コーティングし、赤いサンゴ変身させる。良心的な店には染色である旨注意書きしている所もある。サンゴは、コーティング以外にも染色含浸云った方法で染められる

※この「コーティング」の解説は、「宝石のトリートメント」の解説の一部です。
「コーティング」を含む「宝石のトリートメント」の記事については、「宝石のトリートメント」の概要を参照ください。


コーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 01:47 UTC 版)

写真レンズ」の記事における「コーティング」の解説

光がレンズを通るとレンズ表面反射することによって光量ロスレンズ内部で反射によるフレアゴースト発生する。これを抑えるためにコーティングに関する研究開発が行われたが、初期のものは単層膜コーティング(モノ・コーティング)であった。 やがて光学性に対する要求高まりと、蒸着技術の向上ととも1952年昭和27年)に千代田光学精工後のミノルタ。現・コニカミノルタ)によって世界初2層コーティングである、「アクロマチック・コーティング」が開発され、その反射色から「緑のロッコール」とも呼ばれた以降はカラーバランスを保つにも有利な重層膜コーティングが主流となっていく。そして旭光学工業(現リコーイメージング)が米国 OCLI(Optical Coating Laboratory Incorporated)による技術供与により開発1970年昭和45年)に発表した当時は驚異的ともいえた最多7層膜、透過率99.8 %を実現させた「スーパー・マルチ・コーティング」(SMC)を端緒とし、現在は多層膜コーティング(マルチ・コーティング)が主流となっている。他に代表的なものとしてキヤノンの「スーパー・スペクトラ・コーティング」(SSC)や「SWC (Subwavelength Structure Coating)」、ニコンの「スーパー・インテグレーテッド・コーティング」「ナノクリスタルコート」、ペンタックスの「エアロ・ブライト・コーティング」、カール・ツァイスの「T*コーティング」、ローライの「HFTコーティング」などがある。 また、光学性能の向上以外に撥水撥油効果キズへの耐性等のメンテナンス性の向上を狙ったコーティングも合わせて使用されることもある。代表的なものとしてペンタックスの「SP (Super Protect) コーティング」がある。

※この「コーティング」の解説は、「写真レンズ」の解説の一部です。
「コーティング」を含む「写真レンズ」の記事については、「写真レンズ」の概要を参照ください。


コーティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:07 UTC 版)

ONE PIECEの用語一覧」の記事における「コーティング」の解説

全体ヤルキマン・マングローブシャボン包み海中航海可能にすること。深海1万mの水圧にも耐える事が可能でシャボンディ諸島から魚人島に向かう際に必要となる。船をシャボンで包むコーティング作業職人による手作業で、船員の命がかかる繊細な作業のため熟練した職人でも数日要する実際運悪く腕の悪い職人施したコーティングが海中破れ事故が度々起こっている。シャボン内部空気膨らんでいるので、空気無くなると潰れてしまう。また、シャボンある程度まで伸びるそれ以上は突き抜ける性質持ち、船から大砲打つこと可能だが、海王類噛まれるなどして多数の穴が開けば潰れる。浮力失われるので、コーティング船を水上に留めておくためには専用浮き袋必要になるマリンフォード頂上戦争では、白ひげ海賊団がコーティング船を使ってマリンフォード島まで海中進み、島の湾内侵入した

※この「コーティング」の解説は、「ONE PIECEの用語一覧」の解説の一部です。
「コーティング」を含む「ONE PIECEの用語一覧」の記事については、「ONE PIECEの用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コーティング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コーティング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コーティングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コーティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2022 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
日本板硝子日本板硝子
(C) 2022 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
Red cloudRed cloud
Copyright©2022. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2022 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのハンドメイドルアーLOT (改訂履歴)、宝石のトリートメント (改訂履歴)、写真レンズ (改訂履歴)、ONE PIECEの用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS