堆積とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 堆積 > 堆積の意味・解説 

たい‐せき【堆積】

読み方:たいせき

[名](スル)

いく重にも高く積み重なること。積み重ねること。また、そのもの。「土砂が―する」「倉庫貨物が―する」

水・風・氷などによって移動した岩石破片生物遺骸(いがい)が、最後に水底地表静止し集積する現象


堆積

読み方:タイセキ(taiseki)

うず高く積み重なること


堆積(たいせき)

接着剤塗布した部材接着ができる状態に積み重ねること。

堆積

重力や、流水・風・氷河などが粘土砂・礫などを運搬堆積する作用滞積表記することもある。

堆積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 09:05 UTC 版)

堆積(たいせき、: sedimentation、deposition)とは、堆積物地層)を形成するに至るまでの過程の総称をいう[1]


  1. ^ a b 松井・志岐 1996, p. 743.


「堆積」の続きの解説一覧

堆積

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 22:20 UTC 版)

ルール184」の記事における「堆積」の解説

図のように、ルール184表面堆積する粒子モデルにも用いられる。これは Krug & Spohn (1988) によって導入された。このモデルでは、斜めに配置された正方格子状粒子堆積する下・左下・右下の3箇所堆積している場所にのみ粒子存在できる表面図中黒い線)は堆積しうる表面モデルである。各ステップにおいて、表面の谷(極小)に1つずつ新し粒子図中明る粒子)が堆積する。 この過程ルール184モデル化するには、表面計上0と1で表す必要がある。各折れ線+1上り坂)と-1(下り坂)を組み合わせることで表すことができ、それぞれセルの状態の0と1対応させる。谷は左に下り坂右に上り坂がある状態であるため、"10"に対応する。そしてその場所粒子堆積すると、"10"であった所を"01"に変更することに対応し折れ線右に進む。これがルール184ルール対応する。 このモデルに関する関連研究に、粒子全ての谷に同時に到達するではなく粒子ランダムな時間間隔堆積するとする物があるこれらの確率的な堆積過程では、非同期セル・オートマトンモデルモデル化できる。

※この「堆積」の解説は、「ルール184」の解説の一部です。
「堆積」を含む「ルール184」の記事については、「ルール184」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「堆積」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

堆積

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:25 UTC 版)

名詞

たいせき

  1. 高く積み重なること。
  2. 風雨氷河などにより運ばれ土砂水底地表にたまること。

発音(?)

た↗いせき

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
堆積-する

「堆積」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



堆積と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堆積」の関連用語

堆積のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



堆積のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
接着剤ツールファースト接着剤ツールファースト
© 2022 TOOLFIRST. All Rights Reserved.
サムシングサムシング
Copyright (c) 2022 SOMETHING,LTD. All Rights Reserved
サムシング地盤関連用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堆積 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルール184 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの堆積 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS