珊瑚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 珊瑚 > 珊瑚の意味・解説 

さん ご [1] 【珊

花虫綱八放サンゴ亜綱サンゴ科の腔腸動物総称。シロサンゴ・アカサンゴ・モモイロサンゴなどがある。深さ100300メートル海底多数サンゴポリプ)が集まって高さ50センチメートルほどの樹枝状の群体をつくり、個体が死ぬとその骨格だけが残る。この骨格加工して装飾品作る古来七宝一に数えられる。暖流域に広く分布。六放サンゴ類の石サンゴ類や、ヒドロ虫類のギサンゴ類を含めていうこともある。


珊瑚

読み方:さんご
【英】:coral

サンゴ刺胞動物というグループに含まれ、硬質サンゴ軟質サンゴ分類できる。硬質サンゴのうち、体内に渇共生させている成長速いサンゴ造礁サンゴと言うサンゴは、1mmほどの卵を産卵後、受精し、2日後には長さ約1mmのプラヌラ幼生となり、海中を漂う。約1~2週間岩盤などに着定すし、ポリプとなる。

珊瑚

作者石川淳

収載図書
出版社講談社
刊行年月1988.10
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書石川淳全集 第4巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.8


珊瑚


珊瑚

読み方:サンゴsango

暖地の山に自生しているスイカズラ科常緑高木

季節

分類 植物


珊瑚

読み方:サンゴsango

作者 石川淳

初出 昭和28年

ジャンル 小説


珊瑚

読み方
珊瑚さんご

サンゴ

(珊瑚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/23 03:46 UTC 版)

サンゴ珊瑚)は、刺胞動物門に属する動物のうち、固い骨格を発達させるものである。宝石になるものや、サンゴ礁を形成するものなどがある。


  1. ^ 造礁サンゴの移植に関してのガイドライン”. 日本サンゴ礁学会 (2004年11月13日). 2018年10月6日閲覧。
  2. ^ 沖縄県サンゴ移植マニュアル”. 沖縄県 (2016年1月12日). 2018年10月12日閲覧。
  3. ^ サンゴ礁生態系保全行動計画”. 環境省. 2018年10月12日閲覧。
  4. ^ 「宝石サンゴ取引規制機運/中国で需要旺盛/採り過ぎ懸念、産地は保護策」『日本経済新聞』朝刊2017年10月25日(マーケット商品面)





珊瑚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「珊瑚」の関連用語

珊瑚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



珊瑚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2019 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2019 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンゴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS