ピンクとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 色彩 > > ピンクの意味・解説 

ピンク【pink】

読み方:ぴんく

桃色淡紅色

色事に関すること。色っぽいこと。「―街」

ピンクの画像
#f5b2b2/R:245 G:178 B:178/C:0 M:40 Y:25 K:0

ピンク

作者須藤晃

収載図書真夏の魔術
出版社ソニー・マガジンズ
刊行年月1991.10


ピンク

作者谷村志穂

収載図書愛のいろ
出版社集英社
刊行年月2008.8
シリーズ名集英社文庫


ピンク

名前 PinkP∽iNK

ピンク〔英〕(pink)

読み方:ぴんく

  1. ①〔植〕石竹。②淡紅色、その色合感じからいふ。③〔隠〕処女のこと。

ピンク(Pink)

読み方:ぴんく

  1. 処女のことをいふ。英語のPink(ピンク)「淡紅色」の転訛したものである。〔情事語〕
  2. 処女のことをいふ。英語のPink(ピンク)「淡紅色」の転訛したものである。
  3. 処女を云ふ。
  4. 処女のことをいう。チンピラ語。

分類 情事


ピンク

読み方:ぴんく

  1. 石竹色のことにて、処女色といふことである。「あのエフはピンクだね」と云へば、非常に挑発的な色をした女学生のことにて、又未通女であるといふ意味が含まれて居る。(「エフ参照
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ピンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 23:54 UTC 版)

ピンク英語: pink)はを混ぜて出来る色の一つ。しばしば明るい赤と表現されるが、より正確には明度が高く彩度の低い赤である。ピンクは濃淡によってさまざまなバリエーションが存在する。


  1. ^ 一説に、花弁の縁端の特徴的な形状から、「ギザギザに切る」(cf. ピンキング)を意味するpinkの同系語であるとされる。
  2. ^ 松村明『大辞泉』小学館


「ピンク」の続きの解説一覧

ピンク(Pingg)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:16 UTC 版)

ピングー」の記事における「ピンク(Pingg)」の解説

平たい頭長いくちばし特徴

※この「ピンク(Pingg)」の解説は、「ピングー」の解説の一部です。
「ピンク(Pingg)」を含む「ピングー」の記事については、「ピングー」の概要を参照ください。


ピンク(ピンク:『7』)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 05:13 UTC 版)

パワプロクンポケット9」の記事における「ピンク(ピンク:『7』)」の解説

覆面ヒーロー正義の味方名乗りドマグニーとギャスビゴーの2つ種族憎しみ合わないように悪役演じている(作中イベントではドマグニー人を積極的に攻撃する)。元は平凡な学生だったが、事故巻き込まれ両腕失いサイボーグ化し、さらに特訓重ね正義の味方になったらしい。素顔は本サクセス用の描き下ろしで、『12』表での人間体用グラフィックとして逆輸入された。

※この「ピンク(ピンク:『7』)」の解説は、「パワプロクンポケット9」の解説の一部です。
「ピンク(ピンク:『7』)」を含む「パワプロクンポケット9」の記事については、「パワプロクンポケット9」の概要を参照ください。


ピンク(pink)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 06:51 UTC 版)

Wiiリモコン」の記事における「ピンク(pink)」の解説

2009年12月3日発売されカラー専用ストラップグレー)とWiiリモコンジャケット(クリア)が付属する

※この「ピンク(pink)」の解説は、「Wiiリモコン」の解説の一部です。
「ピンク(pink)」を含む「Wiiリモコン」の記事については、「Wiiリモコン」の概要を参照ください。


ピンク (Pink)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:27 UTC 版)

Dick Figures」の記事における「ピンク (Pink)」の解説

桃色女性棒人間ブルーガールフレンドだが、仲は然程良くなく、とにかく気が強いまた、ブルーの手違いで彼を振ることが多い。誘拐されることが時々ある。性転換Chick Figuresでの名前はサーモンで、短髪になっている

※この「ピンク (Pink)」の解説は、「Dick Figures」の解説の一部です。
「ピンク (Pink)」を含む「Dick Figures」の記事については、「Dick Figures」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ピンク」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ピンク

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 04:33 UTC 版)

名詞

ピンク

  1. 赤と白混ぜて出来る色の一つ明度高く彩度の低い赤。

関連語

翻訳

造語成分

ピンク

  1. (やや古い用法性的な

「ピンク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ピンクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ピンク」の関連用語

ピンクのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピンクのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2022 colordic.org All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピンク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのピングー (改訂履歴)、パワプロクンポケット9 (改訂履歴)、Wiiリモコン (改訂履歴)、Dick Figures (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのピンク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS