赤色とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 色彩 > > 赤色の意味・解説 

あか‐いろ【赤色】

赤い色。また、朱色緋色など赤系統の色。あか。

古代中世染め色の名。(あかね)と(はじ)とで染めた、赤に黄みが加わった色。禁色(きんじき)の一。赤白橡(あかしろつるばみ)。

襲(かさね)の色目の名。諸説があり、表が赤、裏が二藍(ふたあい)、また、表が蘇芳(すおう)、裏が縹(はなだ)。

織り色の名。縦糸が紫、横糸蘇芳のもの。縦糸横糸ともに赤とも。

赤色の袍(ほう)」の略。


せき‐しょく【赤色】

赤い色。赤。

赤旗用いるところから)社会主義共産主義をいう。「赤色革命


あか‐いろ【赤色】

〔名〕

① 赤い色。緋(ひ)色、紅(べに・くれない)色、蘇芳(すおう)色・(しゅ)色等の総称

古事記(712)中「又宇陀墨坂神に赤色の矛を祭り

蜻蛉(974頃)下「あかいろの扇」

中古染色の名。黄櫨(はじ)の下染めに、(あかね)を灰汁媒染(あくばいせん)により混ぜた、黄色赤みの加わった、一種暗調帯びた色。禁色一つとして臣下使用することが許されなかった。赤白橡(あかしらつるばみ)。→赤色の袍(ほう)。

源氏100114頃)乙女「帝はあかいろ御衣たてまつれり」

中古織り色の名。諸説がある。経(たていと)、緯(よこいと)ともに赤(西宮記等)。経は蘇芳(すおう)、緯は紫(服飾管見等)。経は紫、緯は赤(胡曹抄装束抄等)。

宇津保(970‐999頃)国譲下「中納言は、あかいろ織物の襖(あを)、鈍(にび)の指貫(さしぬき)」

④ 襲(かさね)の色目の名。諸説がある。表赤、裏二藍(ふたあい)(物具装束鈔等)。表赤色、裏赤色(装束雑事抄等)。表赤色、裏薄色満佐須計装束抄等)。表蘇芳裏紫有職故実辞典等)。表蘇芳、裏赤白橡装束抄等)。表蘇芳、裏縹(はなだ)(狩衣至要抄等)。表蘇芳、裏濃縹(雁衣抄等)。

(10C終)二八二「狩衣(かりぎぬ)は 香染薄き白き。ふくさ。あかいろ松の葉色。青葉

(5) 中古、女や童の赤色系統装束唐衣表着汗衫(かざみ)などに用いられる色。また、その色の衣服

宇津保(970‐999頃)嵯峨院「大人廿人は、あかいろ蘇芳襲、いま廿人はあか色にえびぞめがさね

(6) 中古の②以外の赤色系統の袍、下襲(したがさね)、狩衣法衣などの色。また、その衣服

(10C終)二七八「僧都の君、あか色の薄物の御ころも」


しゃく‐じき【赤色】

〔名〕 (「しゃく」「じき」はそれぞれ「赤」「色」の呉音) 赤いいろ。あかいろせきしょく

貞享沙石集(1283)八「愛染の法に付て、敬愛秘法を習ふ。彼相応物を赤色(シャクジキ)に染むるに、つやつや赤根の色つかず」


せき‐しょく【赤色】

〔名〕

① 赤い色。赤。あかいろしゃくじき

歌舞伎名歌徳三舛玉垣(1801)四立諸国修行者が、大悟一貫の眼を遮り夕陽一つの赤色靉靆なすは心得ぬ

経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「其の右翼なる全隊の赤色を帯びたるは之ぞ列国に有名なる斯波多の精兵服装なるべく」〔爾雅疏‐釈木〕

② (赤旗用いるところから) 社会主義共産主義をいう。赤。〔モダン用語辞典(1930)〕


赤色

読み方アカイロ

やきものの赤は、クロム、金、ウラニウムセレニウム、テルリウムなどにより発色する。化合物酸化炎焼成で赤色を呈し、クロム酸化物はアルカリ性鉛釉の中で美麗な赤を発色アルカリ釉中の酸化銅還元炎良質な赤色を発する

赤色(あかいろ)

作者山本幸生

収載図書山本幸生短編集―「紙」・「丸になる」等
出版社新風舎
刊行年月2002.9
シリーズ名新風舎文庫


赤色―REDRUM

作者上月雨音

収載図書SHI-NOシノ支倉志乃敗北
出版社富士見書房
刊行年月2007.11
シリーズ名富士見ミステリー文庫


赤色

読み方:あかいろ

  1. 熱情、又は丹誠の意味を表す。〔色言葉

分類 色言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(赤色 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 06:12 UTC 版)

(あか、)はのひとつで、熟したトマト血液のようなの総称。暖色のひとつ。JIS規格では基本色名の一つ。国際照明委員会 (CIE) は700 nm の波長をRGB表色系においてR(赤)と規定している。赤より波長の長い光を赤外線と呼ぶが、様々な表色系などにおける赤の波長とは間接的にしか関係ない。語源は「明(アカ)るい」に通じるとされる。「(あけ)」の表記が用いられることもある。赤色(セキショク、あかいろ)は赤の同義語。JIS規格においては、赤とレッドはやや異なる色である。


  1. ^ 日本工業規格「物体色の色名(JIS Z 8102:2001)」p.2。
  2. ^ a b 日本工業規格「物体色の色名(JIS Z 8102:2001)」p.20, 23。
  3. ^ http://www.kyoto-arc.or.jp/leaflet/222.pdf 「平安宮の赤い色」(財)京都市埋蔵文化財研究所・京都市考古資料館
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p The Color of Art Pigment Database : Pigment Red,PR
  5. ^ a b c d e f g 『日本大百科全書 7』、394頁、草木染めの表(草木染めの項目自体は395頁に掲載)より。
  6. ^ a b 『日本大百科全書 21』、71頁、紅の項目より。
  7. ^ a b c d e 『日本大百科全書 12』、901頁、蘇芳の項目より。
  8. ^ a b 『日本大百科全書 1』、153頁、茜の項目より。
  9. ^ a b 『日本大百科全書 9』、308頁、コチニールの項目より。
  10. ^ a b c 『スーパー大辞林』三省堂、2013年。
  11. ^ 井上容子『有彩色光照明が視認性と雰囲気に及ぼす影響』p.3。
  12. ^ a b 消防車はなぜ赤い」『消防雑学辞典』東京消防庁(東京連合防火協会『新 消防雑学辞典』二訂版より)。
  13. ^ 「疫病から伝染病へ」『東西の古医書に見られる病と治療 - 附属図書館の貴重書コレクションより』九州大学附属図書館、2007年。
  14. ^ 青山洋二『琉歌おもしろ読本』郷土出版、1998年、p.200。
  15. ^ 夜の灯火(その1)”. 国土交通省海難審判所. 2018年2月3日閲覧。





赤色と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「赤色」に関係したコラム

  • FXやCFDのダブル指数移動平均とは

    FXやCFDのダブル指数移動平均とは、指数移動平均と指数移動平均の指数移動平均を用いたテクニカル指標のことです。ダブル指数移動平均は2重指数移動平均ともいい、英語では、DEMA、Double Expo...

  • FXやCFDの瞬間トレンドとは

    FXやCFDの瞬間トレンド(Instantaneous Trend Line)とは、価格の値動きから2本のトレンドラインを描画することで相場の方向性を判断するテクニカル指標のことです。瞬間トレンドでは...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のRVIの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のRVIの見方について解説します。RVIは、MT4のナビゲーター画面の「罫線分析ツール」に登録されています。チャート画...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のAccelerator Oscillatorの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のAccelerator Oscillatorの見方を解説します。Accelerator Oscillator(AO、...

  • FXやCFDのTRIXシグナルとは

    FXやCFDのTRIXとは、指数平滑移動平均(EMA、Exponential Moving Average)を元に算出されるオシレーター系のテクニカル指標のことです。Triple Exponentia...

  • 株式分析のニックMネクストムーブとは

    株式分析のニックMネクストムーブとは、ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルズの2つのテクニカル指標によってトレンドを探し出すためのテクニカル指標です。テクニカル指標のボリンジャーバンドの特徴として、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤色」の関連用語

赤色のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



赤色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2022 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS