薔薇とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 薔薇 > 薔薇の意味・解説 

薔薇

読み方:バラ・ばら

バラとは、バラ科バラ属低木およびその花の総称である。観賞用植物代表格といえる種であり、多く品種生み出されている。

典型的なバラ幾重もの花びらを持つ重弁八重咲き)であり、紅色花を咲かせるにはトゲがあり、「きれいなバラにはトゲがある」という慣用句の元となっている。薔薇の花は贈り物花束用いる花としても好まれ園芸用植物としても好まれ薔薇の香り芳香として好まれるバラ果実ヒップ)は香り付けにも用いられる

バラ」という言葉そのもの日本古来語彙和語)である。語源をたどると「いばら」と同源、「いばら」が転じた呼び名であり、もともとは「トゲのある低木」を指す呼び名である。漢字「薔薇」という字は中国語から伝わったもので、音読みで「しょうび」と呼ばれることもある。

薔薇の原産地北半球温暖な地域一帯であり、とりわけ中国南部辺りバラ原種産地として知られる

バラ古来より美し観賞用植物として愛でられており、古代ギリシアではすでに今日通じる「花々頂点」といった位置づけ確立されていた。

バラ品種改良古くから盛んに行われており、今日では全世界数万上る品種登録されているという。深紅の薔薇に限ってもルージュリアンやレッドシャトー等々枚挙にいとまがない赤いバラだけでなく、白薔薇、黄バラピンクバラなど、色味色合い多種多様である。

用例
茨の道」「きれいなバラには棘がある」など多く慣用句がある

しょう‐び〔シヤウ‐〕【××薇】

読み方:しょうび

ばら。いばら。そうび。《 夏》


そう‐び〔サウ‐〕【××薇】

読み方:そうび

バラバラの花。しょうび。《 夏》

襲(かさね)の色目の名。表は紅、裏は紫。


ばら【薔薇】

読み方:ばら

バラ科バラ属低木総称。特に、観賞用に改良され園芸品種にとげがあり、(つる)状となるものもある。羽状複葉(がく)・花びらとも5基本で、重弁もある。花は香り強く、咲く形から抱え咲き・剣弁咲き・高咲き・平咲きなどとよぶ。色は紅・赤黄色などさまざまある。主に北半球温帯冷帯分布バラ科双子葉植物にはバラ属のほかサクラ属シモツケ属ナシ属など約100属が含まれ、約3000種が世界各地分布ローズ。いばら。しょうび。そうび。《 夏》「手の—に来れば我王如し草田男


薔薇

読み方:バラbara), イバラibara), ショウビ(shoubi), ソウビ(soubi)

有刺植物およびバラ科バラ属蔓性または直立低木総称


ばら 【薔薇】

バラ属観賞用植物古代ギリシアでは「花々の王」と呼ばれ初め男性にみたてられたが、のち女王として扱われ女神アフロディテ捧げる花となり、種々の伝説生んだローマ時代にはビーナスへと移り、愛・喜び・美・純潔象徴として結婚式花嫁が持つ。皇帝ネロ食堂黄金の間天井からバラの花やその香りをつけたまき散らしたので「バラのなかで暮らす」といえばぜいたくの表現となった。またローマで一輪バラ天井につるし、その下で秘密の話をする風があり「バラの下で」といえば秘密のになった初期キリスト教ではビーナスの花を用いることはしなかったが、ローマ没後いつのまにキリスト教象徴とし、中世には聖母と結びつけた。とくにローマカトリックでは教皇によって祝福され黄金のバラ信仰深い王族・貴族名門騎士文人教会・都市などに贈るようになった四旬節第四日曜日を「バラ日曜日」と呼ぶ。墓や死者バラ供える風はギリシア・ローマ時代からある。

薔薇

作者アンドレ・ジイド

収載図書鴎外全集 第8巻 小説・戯曲 8
出版社岩波書店
刊行年月1987.7


薔薇

作者フランチェスカ・リア・ブロック

収載図書薔薇と野獣
出版社東京創元社
刊行年月2003.10


薔薇

作者ロード・ダンセイニ

収載図書最後の夢の物語
出版社河出書房新社
刊行年月2006.3
シリーズ名河出文庫


薔薇

作者江戸美保

収載図書
出版社まぐまぐ
刊行年月2006.3
シリーズ名まぐまぐ!文庫


薔薇

作者W.サン=ティレール

収載図書わたしは壊れた玩具
出版社扶桑社
刊行年月2006.4
シリーズ名扶桑社セレクト


薔薇

作者福田政史

収載図書七人奇妙な依頼人現役探偵調査ファイル
出版社双葉社
刊行年月2006.11
シリーズ名双葉文庫


薔薇

作者Gustav Wied

収載図書独墺短篇集
出版社ゆまに書房
刊行年月2008.2
シリーズ名昭和初期世界名作翻訳全集


薔薇

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書決定版 三島由紀夫全集 17 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.4


薔薇

作者ヴィーズ

収載図書諸国物語
出版社筑摩書房
刊行年月1991.12
シリーズ名ちくま文庫


薔薇

作者皆川博子

収載図書あの紫は―わらべ唄幻想
出版社実業之日本社
刊行年月1994.5


薔薇

作者柳谷郁子

収載図書赤いショールてのひら小説集
出版社ほおずき書籍
刊行年月1995.10


薔薇

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 第1巻 羅生門
出版社岩波書店
刊行年月1995.11


薔薇

作者吉行淳之介

収載図書吉行淳之介全集 第1巻短篇1
出版社新潮社
刊行年月1997.9


薔薇

作者佐藤春夫

収載図書定本 佐藤春夫全集 第3巻 創作 1
出版社臨川書店
刊行年月1998.4


薔薇

作者水野葉舟

収載図書編年体大正文学全集 第1巻 大正元年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.5


ばら(薔薇)

Rosa cv. Sommerwind

Rosa sp.

Rosa sp.

Rosa sp.

Rosa sp.

Rosa cv. Scabrosa

Rosa cv. Blush Boursault

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv.

Rosa cv. Hanabusa

Rosa cv. Ingrid Bergman

Rosa cv. Love

Rosa cv. McGredy's Yellow

Rosa cv. Amadeus

Rosa cv. Elveshorn

Rosa cv. Swany

Rosa cv. Baby Carol

Rosa cv. Rumba

Rosa cv. Polyantha

Rosa cv. Tera Carnival

Rosa cv. Strawberry Ice

Rosa cv. Nearly Wild

Rosa cv. Bridal Pink

Rosa cv. Strawberry Crush

Rosa cv. Marina

Rosa cv. Lady Rose

Rosa cv. Rosendorf Sparrieshoop

Rosa cv. Cocktail

Rosa cv. Manyo

Rosa cv. Carmen

Rosa cv. Salmon Gaujard

Rosa cv. Snow Goose

Rosa cv. Grand Canyon

Rosa cv. Moonlight

Rosa cv. Sommer Morgen

Rosa cv.

Rosa cv. Abraham Darby

Rosa cv. Astrid Grafin von Hardenberg

Rosa cv. Baron Girod de l'Ain

Rosa cv. Blue Bajou

Rosa cv. Brother Cadfael

Rosa cv. Butter Cup

Rosa cv. Celestial

Rosa cv. Crown Princess Margareta

Rosa cv. Dark Lady

Rosa cv. Father's Day

Rosa cv. French Lace

Rosa cv. Golden Wings

Rosa cv. Gruss an Aachen

Rosa cv. Kaleidoscope

Rosa cv. Lavaglut

Rosa cv. Magic Meidiland

Rosa cv. Mary Rose

Rosa cv. Mary

Rosa cv. Meiwonder

Rosa cv. Mme Legras de St. Germain

Rosa cv. Moonsprite

Rosa cv. Pierre de Ronsard

Rosa cv. Pink Bassino

Rosa cv. Ponderosa

Rosa cv. Radio Times

Rosa cv. Red Coat

Rosa cv. Rufus

Rosa cv. Saraband

Rosa cv. Scepterd Isle

Rosa cv. Schubert

Rosa cv. Sea Foam

Rosa cv. Shropshire Lass

Rosa cv. Sonia Rykiel

Rosa cv. Tropical Sherbet

Rosa cv. Trumpeter

Rosa cv. Yi Bang Fen

Rosa cv. Hanagasumi

Rosa cv. Murasakino

Rosa cv. Oharame

Rosa cv. Daimonji

Rosa cv. Miyakooji

Rosa cv. Ingrid Weibull

Rosa cv. Candella

Rosa cv. Double Delight

Rosa cv. Fire Glow

Rosa cv. Mainau Feuer

Rosa cv. Marie Antoinette

Rosa cv. Lovely Fairy

Rosa cv. Lovely Meilland

Rosa cv. Lady Gay

Rosa cv. Hatsu-yuki

Rosa cv. Sekkei

Rosa cv. Princess Masako

Rosa cv. Aiko

Rosa cv. Grand Cayon

Rosa cv.

Rosa cv.

北半球亜熱帯から熱帯原産です。古くから美の象徴とされ、数多く神話伝説が生みだされました。もともとは一重咲き野生の「バラ」でしたが、交配をかさねた結果、現在では約2万種の品種あります写真上は「サマーウインドcv. Sommerwind)」中5は「スカブロサ(cv. Scabrosa)」中6は「ブラッシュブールソー(cv. Blush Boursault)」中17は「花房cv. Hanabusa)」中18は「イングリッドバークマン(cv. Ingrid Bergman)」中19は「ラブcv. Love)」中20は「マクグレディズイエロー(cv. McGredy's Yellow)」中21は「アマデウスcv. Amadeus)」中22は「エルベショーン(cv. Elveshorn)」中23は「スワニーcv. Swany)」中24は「ベイビーキャロル(cv. Baby Carol)」中25が「ルンバcv. Rumba)」中26が「ポリアンサ(cv. Polyantha)」。中27が「テラカーニバル(cv. Tera Carnival)」中28が「ストロベリーアイス(cv. Strawberry Ice)」中29が「ニアリーワイルド(cv. Nearly Wild)」中30が「ブライダルピンクcv. Bridal Pink)」中31が「ストロベリークラッシュ(cv. Strawberry Crush)」中32が「マリナcv. Marina)」中33が「レディローズcv. Lady Rose)」中34が「ローゼンドルフシュパリースフープ(cv. RosendorfSparrieshoop)」中35が「コクテールcv. Cocktail)」中36が「万葉cv. Manyo)」中37が「カルメンcv. Carmen)」中38が「サーモンゴジャール(cv. Salmon Gaujard)」中39が「スノーグース(cv. Snow Goose)」中40が「グランドキャニオンcv. Grand Canyon)」中41が「ムーンライトcv. Moonlight)」中42が「ゾムマーモルゲン(cv. Sommer Morgen)」中44が「アブラハムダービー(cv. Abraham Darby)」中45が「アストリットグレーフィンフォンハルデンベルグ(cv. AstridGrafin von Hardenberg)」中46が「バロンジロードラン(cv. Baron Girod de l'Ain)」中47が「ブルーバユー(cv. Blue Bajou)」中48が「ブラザーカドフィール(cv. Brother Cadfael)」中49が「バターカップcv. Butter Cup)」中50が「セレスシャル(cv. Celestial)」中51が「クラウンブリンセスマルガレータ(cv. Crown PrincessMargareta)」中52が「ダークレディcv. Dark Lady)」中53が「ファーザーズデイcv. Father's Day)」中54が「フレンチレース(cv. French Lace)」中55が「ゴールデンウィングス(cv. Golden Wings)」中56が「グラスアンアーベン(cv. Gruss an Aachen)」中57が「カレイドスコープcv. Kaleidoscope)」中58が「ラヴァグルト(cv. Lavaglut)」中59が「マジックメイディランド(cv. Magic Meidiland)」中60が「メアリーローズcv. Mary Rose)」中61が「マリーcv. Mary)」中62が「メイワンダー(cv. Meiwonder)」中63が「マダムルグラドゥサンジェルマン(cv. Mme Legras de St.Germain)」中64が「ムーンスプライト(cv. Moonsprite)」中65が「ピエールドロンサールcv. Pierre de Ronsard)」中66が「ピンクバシーノ(v. Pink Bassino)」中67が「ポンデローザ(cv. Ponderosa)」中68が「ラジオタイムス(cv. Radio Times)」中69が「レッドコート(cv. Red Coat)」中70が「ルフスcv. Rufus)」中71が「サラバンドcv. Saraband)」中72が「セプタードアイル(cv. Scepterd Isle)」中73が「シューベルトcv. Schubert)」中74が「シーフォーム(cv. Sea Foam)」中75が「シュロプシャーラス(cv. Shropshire Lass)」中76が「ソニアリキエルcv. Sonia Rykiel)」中77が「トロピカルシャーベット(cv. Tropical Sherbet)」中78が「トランペッターcv. Trumpeter)」中79が「一棒紛(cv. Yi Bang Fen)」中80が「花霞cv. Hanagasumi)」中81が「紫野cv. Murasakino)」中82が「大原女cv. Oharame)」中83が「大文字cv. Daimonji)」中84が「都大路cv. Miyakooji)」中85が「イングリッドウェイブル(cv. Ingrid Weibull)」中86が「キャンデラ(cv. Candella)」中87が「ダブルデイライト(cv. Double Delight)」中88が「ファイアーグロー(cv. Fire Glow)」中89が「マイナウフォイヤー(cv. Mainau Feuer)」中90が「マリーアントワネットcv. Marie Antoinette)」中91が「ラブリーフェアリー(cv. Lovely Fairy)」中92が「ラブリーメイアン(cv. Lovely Meilland)」中93が「レディゲイ(cv. Miyakooji)」中94が「初雪cv. Hatsu-yuki)」中95が「雪景cv. Sekkei)」中96が「プリンセス雅子cv. Princess Masako)」中97が「愛子cv. Aiko)」中98が「グランドキャニオンcv. Grand Canyon)」
バラ科バラ属常緑低木で、学名Rosa sp.(属の総称)。英名は Rose
バラのほかの用語一覧
バラ:  照り葉野薔薇  白花浜梨  筑紫茨  薔薇  都茨  野薔薇  高嶺薔薇

薔薇

読み方:バラbara), イバラibara), ショウビ(shoubi), ソウビ(soubi)

有刺植物およびバラ科バラ属蔓性または直立低木総称


薔薇

読み方:ばら

  1. 美人だが付添がある、固い女だとの意。

分類 不良青少年軟派

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薔薇

読み方:バラbara), ソウビ(soubi)

バラ科落葉低木。花は香り高く色形とも様々で世界中で愛好される

季節

分類 植物


薔薇

読み方:ソウビ(soubi)

作者 芥川竜之介

初出 大正3年

ジャンル 施頭歌


薔薇

読み方:バラbara

作者 佐藤春夫

初出 大正3年

ジャンル 小説


薔薇

読み方:バラbara

作者 三島由紀夫

初出 昭和24年

ジャンル 小説


薔薇

読み方:バラbara

作者 森鴎外

初出 明治44年

ジャンル 翻訳小説


薔薇

読み方:バラbara

作者 横光利一

初出 昭和8年

ジャンル 小説


薔薇

読み方:バラbara

作者 吉行淳之介

初出 昭和29年

ジャンル 小説


バラ

(薔薇 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 22:17 UTC 版)

バラ薔薇)は、バラ科バラ属の総称である[1][要ページ番号][2][要ページ番号][3][要ページ番号]。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する[1]が鑑賞用や食用とされる[4] )。本項では、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。


注釈

  1. ^ なお、「玫瑰」は中国語においてはハマナスを指す。
  2. ^ Jacquin, Nikolaus Joseph. Observationum botanicarum iconibus ab auctore delineatis illustratarum. pars I- [-IV et ultima]; Readex Microprint, 19--. Landmarks 2 ; monographs.NCID BB01405064 写本、名古屋大学所蔵。
  3. ^ 今戸らによると「(前略)民間療法において、果皮は緩下、利尿を目的に、偽果(種子を含む)は利尿、通風リウマチ座骨神経痛などに用いられ(後略)[18]」という。
  4. ^ ハマナスは皇后雅子お印[25]
  5. ^ 2013年にリニューアルされるまでは243種、株数は国内第4位の2万2千株だった。
  6. ^ バックの作出したバラは耐病性と耐寒性に優れていることで有名。

出典

  1. ^ a b 小林 1972
  2. ^ 亀岡 1993
  3. ^ 日外アソシエーツ 2008
  4. ^ 食べるバラが好調 愛知の法人 加工品売り上げ5倍に」『日本農業新聞』』、2020年3月19日、8面。2020年3月21日閲覧。
  5. ^ 【デビッド・オースチン・ロージズ史 Vol.2】逆境から栄光への道とデビッド・オースチン・ファミリーの力”. GardenStory (2019年7月7日). 2023年10月16日閲覧。
  6. ^ TOTOSK KITCHEN Vol. 24 ローズウォーターにんじんのローズグラタン”. dacapo (ダカーポ) the web-magazine. 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月18日閲覧。
  7. ^ Bourrin, Jeanne (フランス語). La Rose et la mandragore. p. 162  ISBN 2-87686-072-4.
  8. ^ a b c d e f g バラをたどる:バラの歴史”. 蓬田バラの香り研究所. 2019年6月6日閲覧。
  9. ^ a b c d e 中尾 2006, p. 452.
  10. ^ 福井祐子「バラ花弁の新規色素Rosacyanin類の構造 (口頭発表の部)」『天然有機化合物討論会講演要旨集』第42巻第(0)号、2000年、55-60頁、doi:10.24496/tennenyuki.42.0_55NAID 110006681912 
  11. ^ 全唐詩』巻598所収。
  12. ^ 高駢:山亭夏日”. Web漢文大系. 2019年6月8日閲覧。
  13. ^ 甲斐 2007, pp. 470–479
  14. ^ a b 木下 2017, pp. 469-
  15. ^ 中尾 2006, p. 453.
  16. ^ a b c d 田中敏夫. “花の女王バラを紐解く「チャイナローズ~中国生まれのバラ」”. GARDEN STORY. 株式会社タカショー. 2019年1月6日閲覧。
  17. ^ 木下 2017, pp. 469、670、474、475、679
  18. ^ 今戸 et al. 2010, pp. 409–409
  19. ^ 井上 1932, pp. 59, 「みちのへの」
  20. ^ 『都道府県展望』 1971, pp. 52-52(コマ番号0030.jp2)
  21. ^ 東洋一のバラ園と岡本勘治郎 京阪園芸
  22. ^ 会社沿革 京阪園芸
  23. ^ ローズガーデン ひらかたパーク
  24. ^ 会社の歩み 京成バラ園芸
  25. ^ 天皇皇后両陛下 結婚30年 皇后さまのお印、津波に耐えた「奇跡のハマナス」が陸前高田市の「全国植樹祭」で10年以上ぶりに里帰り”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2023年6月8日). 2023年7月8日閲覧。
  26. ^ 日本一長い“バラのトンネル” 川島平成の森公園、ライトアップも」『埼玉新聞』埼玉新聞社、2016年5月14日。2016年5月21日閲覧。オリジナルの2016年5月15日時点におけるアーカイブ。
  27. ^ 県内最大の「バラ園」伊奈町制施行記念公園”. 埼玉商工会連合会. 2019年6月6日閲覧。
  28. ^ バラ園(町制施行記念公園)”. 伊奈町 (2019年5月31日). 2019年6月6日閲覧。
  29. ^ Bara Koen (The Rose Park)”. World Federation of Rose Societies. 2018年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月6日閲覧。
  30. ^ Index of /~paul”. Raindrop (22-Dec-2015). 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月8日閲覧。
  31. ^ かのやばら園植栽図鑑”. かのやばら園. 2014年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月18日閲覧。
  32. ^ 靭公園バラ園”. 大阪市花と緑の情報サイト. 2015年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月7日閲覧。
  33. ^ 余録:英語で「バラの下で(under the rose)」が…”. 毎日新聞. 2022年7月6日閲覧。



薔薇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 15:42 UTC 版)

終末少女幻想アリスマチック」の記事における「薔薇」解説

背景回想シーン出たりする。主に小夜音の立ち絵背景出てくる。

※この「薔薇」の解説は、「終末少女幻想アリスマチック」の解説の一部です。
「薔薇」を含む「終末少女幻想アリスマチック」の記事については、「終末少女幻想アリスマチック」の概要を参照ください。


薔薇(ばら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:28 UTC 版)

ゲイ用語」の記事における「薔薇(ばら)」の解説

語源1961年刊行写真集薔薇刑」や1964年創刊会員制ゲイ雑誌「薔薇」、又は1971年創刊の「薔薇族」などとされ、男性同性愛又は男性同性愛者のことを指す隠語として、1980年代頃まで使われることがあった。ノンケ男性向けエロ本に「あいつ、薔薇(ホモ)だから。」「仕方ねーな、薔薇(ホモ)は。ほれ、俺の見ろよ。」(女性輪姦する不良グループゲイがいて、彼のモノその女性に反応しなかったため、ノンケ男がゲイにいった台詞)という風にホモとほぼ同義使われたりした。また海外では日本ゲイ創作作品は「Bara」(en)と呼ばれている。

※この「薔薇(ばら)」の解説は、「ゲイ用語」の解説の一部です。
「薔薇(ばら)」を含む「ゲイ用語」の記事については、「ゲイ用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「薔薇」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薔薇

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:22 UTC 版)

名詞

ばら<和語>ソウビ, しょうび

  1. バラ科 (wp)バラ属の木の総称。特にその樹木のつける花。
  2. ゲイ男性同性愛

語源

イバラ同性愛の意味ジャン・ジュネの『薔薇の奇蹟』 (Miracle de la rose) が最初


「薔薇」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



薔薇と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薔薇」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



薔薇のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの終末少女幻想アリスマチック (改訂履歴)、ゲイ用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの薔薇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS