サンドロ・ボッティチェッリとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > サンドロ・ボッティチェッリの意味・解説 

サンドロ・ボッティチェッリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 00:20 UTC 版)

サンドロ・ボッティチェッリイタリア語: Sandro Botticelli, 1445年3月1日? - 1510年5月17日)は、ルネサンス期のイタリアのフィレンツェ生まれの画家で、本名はアレッサンドロ・ディ・マリアーノ・フィリペーピ (Alessandro di Mariano Filipepi) といい、ボッティチェッリは兄が太っていたことから付いた「小さな樽」という意味のあだ名である[1]。ボッティチェルリ、ボッティチェリ、ボティチェリ、ボティチェッリなどと表記されることもある。


  1. ^ 中野京子 『名画の謎 中野京子と読み解く ギリシャ神話篇』 文藝春秋2011年、36頁。ISBN 978-4-16-373850-5


「サンドロ・ボッティチェッリ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サンドロ・ボッティチェッリ」の関連用語

サンドロ・ボッティチェッリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サンドロ・ボッティチェッリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサンドロ・ボッティチェッリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS