ジャムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 食品 > ジャムの意味・解説 

ジャム【Francis Jammes】


ジャム【jam】

読み方:じゃむ

果実砂糖加えて煮詰めた保存食品多く、イチゴ・リンゴ・ミカン・ブドウ・アンズ・木イチゴ類などを用いる。コンフィチュール

ジャムの画像
コケモモのジャム

ジャム【jam】

読み方:じゃむ

詰め込む押し込むの意から》コピー機プリンター内部で用紙詰まること。ペーパージャム

ジャムセッション」の略。


ジャム【Jammu】

読み方:じゃむ

ジャンム


ジャム

【英】jam

ジャムとは、「むりやり詰め込むという意味で、何かが詰まることである。具体的には、ネットワーク上で情報リクエスト混雑したり、プリンタコピー機などの内部で紙が詰まったりすることを指す。

通信回線のジャムとは、一気多くの情報送られ情報渋滞したような状態を指すことが多い。たとえば共有プリンタ複数人数が一斉に印刷命令出したとすると、最初の人印刷リクエスト完了するまで後の人の印刷リクエスト実行されない順番待ち強いられる事になるこのような場合もジャムと呼ばれる

プリンタなどに用紙詰まってしまうことは特にペーパージャム呼ばれるプリンタスキャナコピー用紙など、用紙内部に取り込んで印刷行ってから排出する仕組み機器発生する用紙の端が折れ曲がっていたりシワになっていたり、挿入する角度傾いていたりすると、ギア用紙噛んだりして、ペーパージャム起こしやすい。ペーパージャム発生する用紙排出できなくなる。しかし次の用紙内部に送られ続けるので、機器内部は紙がどんどんたまっていく。プリンタなどの機器内部開けるようになっているので、手で詰まった紙を取り除けばペーパージャム解消することができる。

プリンタ・スキャナのほかの用語一覧
プリンタ制御技術:  RIP  ランドスケープモード  リモートプリント  ジャム  4サイクル方式  TA方式  タンデム方式

.jam

読み方:ジャム

.jamとは、ジャストシステム社の「一太郎」で用いられるマクロ言語 PlayRiteを保存しているファイルに付く拡張子のことである。


ジャム

名前 JamesJammesJam

ジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 18:22 UTC 版)

ジャム: jam)は、砂糖水分を抱え込んでその腐敗を遅らせるという性質を利用し、フルーツ果実果汁に重量比10%から同量程度の砂糖や蜂蜜を加えて加熱濃縮し保存可能にした食品で、スプレッド類の1つである。コンフィチュール: confiture)やコンフィテューレ: Konfitüre)ともいう。


  1. ^ コンポート”. 百科事典マイペディア. 2022年6月22日閲覧。
  2. ^ 川手浩司(日本ジャム工業組合事務局長) (2009年9月). “ジャムと砂糖のはなし”. 農畜産業振興機構. 2022年6月22日閲覧。
  3. ^ ジャムの語源と起源”. 日本ジャム工業組合. 2022年6月22日閲覧。
  4. ^ a b ジャム(食品)”. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2022年6月22日閲覧。
  5. ^ 日本農林規格 JAS 0524:2019 ジャム類”. 農林水産省 (2019年10月18日). 2022年6月22日閲覧。
  6. ^ 日本ジャム工業組合の情報”. 法人番号公表サイト. 国税庁 (2020年9月17日). 2022年9月5日閲覧。
  7. ^ 日本ジャム工業組合組合員とホームページのご案内”. 日本ジャム工業組合. 2022年9月5日閲覧。


「ジャム」の続きの解説一覧

ジャム(じゃむ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 09:01 UTC 版)

バレーボール使い 郷田豪」の記事における「ジャム(じゃむ)」の解説

不良通称天井のジャム」。前園天井から襲いかかる一撃ノックアウトされた。

※この「ジャム(じゃむ)」の解説は、「バレーボール使い 郷田豪」の解説の一部です。
「ジャム(じゃむ)」を含む「バレーボール使い 郷田豪」の記事については、「バレーボール使い 郷田豪」の概要を参照ください。


ジャム(兵器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 00:47 UTC 版)

戦闘妖精・雪風」の記事における「ジャム(兵器)」の解説

ジャムが使う無人航空兵器作中では、撃墜しても残骸短時間で消滅する設定されており、飛行原理などさまざまな面で解明進んでいない。戦闘機型のジャムは、つねにFAF側の航空機性能とほぼ同程度性能を持つよう異様な迅速さ性能向上することから状況対応して進化する飛行機のような形態生物である可能性言及するいくつかの形態確認されており、原作では真っ黒で全体像捕らえづらい平面的影のような機体表現されるが、これは何らかの偽装機能よるもので、攻撃などで銀色機体の様子が暴かれ描写もある。OVA版では機体全体に流れるように変化する縞模様があり、ときおり赤い模様現れるといった変化がある機首部などに高速回転するコアのようなものが見受けられ機体全体がつねに振動しているようにぶれて見える。『敵は海賊シリーズとのクロスオーバー作品『被書空間』では一基ミサイルが解析されており、人間の脳似せたおぼしき有機生命体似た組織」が構成部品として搭載されている。OVA版ではタイプ1・2電子戦タイプおよび高速ミサイルがあり、原作ではTYPE-7までが描かれている。 ジャム タイプ1 三角形幾つか組み合わせたような形状主翼、鋭い尾のようなパーツ胴体下面吊り下げられた垂直翼から成る急減速等を行う際は翼面変形する地表設けられ基地のような構造物から巨大なブースター装着した態で発進する場合があり、このブースター一定高度に達すると本体から分離される。この形態は「ジャム・ブースター」と呼ばれるスペック 数値はいずれ推定値 全長:14.5m 全幅:30m(最大時)、12m(最小時) 全高:6.5m 自重不明 総重量不明 エンジン不明 最大速度マッハ2以上 限界高度:高度15,000m以上 武装:AAM数発 ジャム タイプ2 2デルタ翼と、三角形の垂直翼2枚胴体下面に持つ。高速飛行時には垂直翼が主翼翼端移動して無尾翼形態をとる。 タイプ1よりも機動性優れタイプ2出現がフェアリィ星での膠着状態もたらしたと言われている。 電子戦タイプ OVA版にのみ登場機体上面レーダードーム状の部分がある以外は上記のタイプ2と同じ形状で、無人機へのハッキング能力を持つ。ジャムの総攻撃際に出現フェアリィ空軍無人機システム乗っ取り同士討ち引き起こして多大な損害をもたらす極小タイプ仮称原作にのみ登場細かい金片状のジャムが寄り集まり、ひとつの群れとして行動している。機械外部から操って狂わせる機能持ちバンシーIV寄生して暴走させたうえ、調査やってきたトマホーク・ジョン人工心臓狂わせて行動不能にする。レーザー光線で直攻撃する手段持っており、トマホーク人工心臓狙い撃たれて死亡する。 ジャム タイプ6グッドラック』に登場一撃離脱戦術メインにした大型の高速戦闘機で、クッキー基地に対する戦術偵察中の雪風滑走路接近したときに出現し雪風不可知戦域へと誘い込む。この機の離陸後、クッキー基地自爆している。にはジャムが雪風との対話のために不可知戦域へと誘導するための「案内役と言われる。 ジャム タイプ7 『アンブロークン・アロー』に登場。フェアリイ基地に対するジャムの総攻撃際に出現した新種で、特殊戦はジャムの出方を図るためにこれを捕獲することを決定するシルエットメイヴに似ているが、濃淡のない影のような真っ黒い外見である。雪風通信に応じて基地への着陸態勢をとったかに見えたが、同じく着陸態勢入っていた雪風に突然体当たりするような行動を取る。 それ以降を始めとするフェアリイ基地人間たちは、時系列や行動の記憶あやふやになるといった特異な現象体験することになる。 グレイシルフ FFR-31MRと全く同じ外見を持つジャム機。コクピット部分にはパイロットがおらず、OVA版では他のジャムに見られる回転体がある。色はグレー基調とし、独特の幾何学模様描かれている。原作では旧雪風そのままカラーリングである。 ジャム高速ミサイルキロトン規模核弾頭搭載しており、その飛翔速度マッハ5以上と推定される。42ndヴァラック隊を一瞬壊滅させたあと、二発目が雪風にも襲いかかるが、雪風自律機動により撃墜される。 ジャミーズ ジャムが人間感知すべく生み出した人間コピー通称。ジャム人間とも呼ばれる壊滅した前線基地人員墜落機パイロットなどに似せた外見で、FAF内に紛れ込んでいる。外見からは普通の人間区別できず、元となった人間記憶そのまま引き継ぎコピーとしての自覚がないまま本人としてふるまっている者もいる。原則的にFAFに対する強烈な憎悪何らかの形で刷り込まれている。OVA版では体液黄色いという差異描かれており、雪風など一部コンピュータはその存在感知する人間のように有機的な存在自称しているが、身体構成する物質は、地球生物のようなタンパク質ではない。ジャミーズとの会話内容からタンパク質光学異性体であるD型ポリペプチドでできた生物だと推測するそのため、普通の人間食べる物は消化できず、同じようにジャミーズの食べ物人間食べることできない人間身体組成が違う理由について、コピー人間であるヤザワ自身は手違い」「ばかばかしいミス」と述べるが、作中では、自由に食料調達できないようにすることで行動ある程度制限する、ジャムが設定した一種のリミッターではないかとの推測もされる。なお食べ物のほかにOVA版ではもみ合いになったヤザワの手首に零の親指ありえないほど深く、まるで骨や筋が存在しないかのように食い込むという描写がある。

※この「ジャム(兵器)」の解説は、「戦闘妖精・雪風」の解説の一部です。
「ジャム(兵器)」を含む「戦闘妖精・雪風」の記事については、「戦闘妖精・雪風」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジャム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ジャムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャム」の関連用語

ジャムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリジャムの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.jamの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバレーボール使い 郷田豪 (改訂履歴)、戦闘妖精・雪風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのジャム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS