連合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 連合の意味・解説 

れん‐ごう〔‐ガフ〕【連合/×聯合】

【一】[名](スル)

二つ上のものが共通の目的のために結び合うこと。「—して共同の敵に当たる」

心理学で、観念観念観念感情など心的要素結合、また刺激反応との結合をいう。

【二】《「日本労働組合総連合会」の略称》平成元年1989)に発足した労働組合統一組織昭和62年1987)に結成された全日本民間労働組合連合会総評官公労組が参加し、官民統一組織実現した。


れん‐ごう ‥ガフ 【連合・聯合】

1 〔名〕

二つ上のものが一緒になり組み合うこと。合同すること。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕

西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「再び各国を連合して仏の跋扈を制せんが為」〔心書‐南蛮

心理学で、観念観念観念感情といった心理的な要素結びつくこと。また、刺激反応結合をいう。

2 (「日本労働組合総連合会」の略称) 平成元年一九八九)に発足した労働組合統一組織昭和六二年(一九八七)に結成された全日本民間労働組合連合会総評官公労組が参加し、官民統一組織実現したもの


つれ‐あい ‥あひ 【連合】

〔名〕

つれあうこと。連れになること。伴うこと。また、その者。仲間つれそい

歌舞伎夢物語盧生容画(1886)四幕「我が日本孤立にて他国に頼む連合(ツレアヒ)なし」

夫婦になること。また、ある人の夫や妻。配偶者また、夫婦第三者に対して自分配偶者をいう語。つれそい配偶

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「ある人、久しきつれあひ離れ愁嘆する所へ


つれ‐あ・う ‥あふ 【連合】

〔自ワ五(ハ四)〕

行動ともにする相伴うつれそうつれだつ

小学読本(1873)〈田中義廉〉一「朋友と、連(ツ)れ合(ア)ふて、遊ぶときは」

夫婦になっていっしょに暮らす。つれそう


連合(れんごう)

市場相場売り崩したり、または、買い煽ったりすることを目的として組織された仕手団体のことを指します。「売り連合」、「買い連合」と呼ばれます。

連合

読み方:レンゴウ(rengou)

所在 愛知県新城市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 20:37 UTC 版)

連合(れんごう)、聯合(れんごう)とは、以下のことを示す。




「連合」の続きの解説一覧

連合

出典:『Wiktionary』 (2016/08/16 11:02 UTC 版)

別表記

名詞

 れんごう聯合」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. ある事を目的とする二つ以上のものが一つ組織化すること。または、その組織のこと。

発音

れ↗んごー



連合と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「連合」に関係したコラム

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連合」の関連用語

連合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2021 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの連合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS