連合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 連合の意味・解説 

れん‐ごう〔‐ガフ〕【連合/×聯合】


連合(れんごう)

市場相場売り崩したり、または、買い煽ったりすることを目的として組織された仕手団体のことを指します。「売り連合」、「買い連合」と呼ばれます

連合

読み方:レンゴウ(rengou)

所在 愛知県新城市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/03 00:03 UTC 版)

連合(れんごう)、聯合(れんごう)とは、以下のことを示す。




「連合」の続きの解説一覧

連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 01:12 UTC 版)

スコットランド独立運動」の記事における「連合」の解説

スコットランド王ジェームズ6世イングランドアイルランド王位にも即いた1603年から、スコットランドイングランド人的連合により同じ君主戴く同君連合になった王冠連合である。カトリックとプロテスタント争い最中ジェームズ7世1688年退位しプロテスタント路線ステュアート家1714年断絶するまでの過程で、イングランドスコットランド独自の道を行くことを恐れた。連合条約連合法可決経て1707年2つ王国正式な連合が行われ、グレートブリテン王国成立したボニー・プリンス・チャーリーはじめ、ジャコバイト率いる連合反対派スコットランド人による強い抵抗1746年まで続いた1800年連合法により、グレートブリテン王国アイルランド王国新たに連合してグレートブリテン及びアイルランド連合王国成立したアイルランド南部26州が1922年自治領アイルランド自由国として離脱したため、この国はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国となった

※この「連合」の解説は、「スコットランド独立運動」の解説の一部です。
「連合」を含む「スコットランド独立運動」の記事については、「スコットランド独立運動」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 16:14 UTC 版)

円環少女」の記事における「連合」の解説

アリーセ・バンシュタイン 混沌大系最高位魔導師導師500年以上最前線戦い続け発狂しており、常に笑顔。 「連合」最高議会議長。「協会」の最高意思決定機関三十六宮」の一宮。すでに離反しているが「協会」の権威を保つため属していることになっている

※この「連合」の解説は、「円環少女」の解説の一部です。
「連合」を含む「円環少女」の記事については、「円環少女」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/29 15:01 UTC 版)

Pump.io」の記事における「連合」の解説

分散型SNS一つであるPump.ioにおいてはユーザー所属するサーバーだけでなく他のサーバーユーザーフォロー交わすことができる。

※この「連合」の解説は、「Pump.io」の解説の一部です。
「連合」を含む「Pump.io」の記事については、「Pump.io」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 23:08 UTC 版)

ブラックフット族」の記事における「連合」の解説

ブラックフット族親族方言をもとに集まった3つの部族から連合を構成していたが、彼らは全て共通の言語である、アルゴンキン語族ブラックフット語を話す。その3部族とは、Piikáni(英語の資料ではピーガン・ブラックフィートと表記されていた)、Káínaaブラッド族)、Siksikáwaブラックフット)である。後に、ツー・ツィナ族(サーシー族)と同盟を結び、一時はグロヴァント族とも同盟関係にあった。 彼らは多くのバンド分かれており、10から30ティピー80人から240人が暮らすという分散した部族だった。バンド狩猟防衛のために組織された基礎的な構成単位であったブラックフット族連合の中で最大の部族はピーガン族(Piegan、PeiganまたはPikuni)である。部族名はブラックフット語のPiikáni由来する。ピーガン族は現在のアルバータ州暮らす北ピーガン(Aapátohsipikániもしくは単にPiikáni)とモンタナ州の南ピーガンまたはピーガン・ブラックフィート(Aamsskáápipikani)に分かれている。かつてはInuk'sikという、力のある大きな部族モンタナ州南西部存在した。現在は南ピーガン族のバンドの一つとして存在するのみである。 現在のカイナイ族はブラックフット語のKáínaa由来し、「多くの酋長部族という意味である。歴史的にブラッド族呼ばれたが、これは平原クリー語カイナイ族を表すMiko-Ewが「血に染まった」(言い換えれば残虐冷酷なという意味であることに由来する英語ではブラッド、またはブラッド族という呼称一般的である。 シクシカ族(Siksiká)はブラックフット語sik(黒)とiká(足)を組み合わせた言葉由来である。複数形ではSiksikáwaとなる。彼ら自身は平原部族という意味のSao-kitapiiksiと自称したサーシー族は自分自身を「大勢の人々」という意味のツー・ツィナと呼ぶブラックフット族は彼らと対立していた初期に頑固な人という意味のSaahsiまたはSarsiで呼んだサーシー族は言語的には全く違うアサバスカ諸語属している。彼らの大半は北極の北カナダ暮らしている。 グロヴァント族はHaaninin、またはA'aninin(白い粘土の人)と自称したフランス語では「太った腹」という意味のグロヴァント(Gros Ventres)、英語ではフォール・インディアンと呼ばれるブラックフット族長年敵意から、Piik-siik-sii-naa()やAtsina(クリー族のような人)と呼んだ初期の研究者は、A'anininはアラパホ関連があり、ミズーリ州平原からコロラド州ワイオミング州移動した考えた1793年頃〜1861年頃まではブラックフット族同盟関係にあったが、意見の相違があり、それ以来敵対している。 アメリカとカナダ国境引かれる前の19世紀ブラックフット族狩猟をしたり食糧探す領域占有していた。しかし19世紀後半両国政府は彼らの伝統的な移動生活をやめさせインディアン居留地定住することを強制した。南ピーガン族のみがモンタナ州定住することを選んだブラックフット語を話す他の3部族とサーシー族はアルバータ州定住したブラックフット語を使う人々自分自身をNiitsítapi最初の人)と呼んだ。グロヴァント族は連合を離脱してから、モンタナ州居留地落ち着いた部族社会構造は、移動生活をやめるように強いられたことで変わった以前はほとんどが民族的な連合であったが、アメリカでは部族tribe)、カナダではバンドまたはファースト・ネーションという名前で、政府として制度化された。ピーガン族は北ピーガン族がカナダアルバータ州に、南ピーガン族がアメリカモンタナ州分かれた

※この「連合」の解説は、「ブラックフット族」の解説の一部です。
「連合」を含む「ブラックフット族」の記事については、「ブラックフット族」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 10:16 UTC 版)

艦つく -Warship Craft-」の記事における「連合」の解説

連合は、長官一人副長官二人最大で30人まで1つの連合に加入できる。連合に加入し毎日出席とったりする事報酬貰える。連合チャット存在するので連合に伝えたいことなどは、これを使用する

※この「連合」の解説は、「艦つく -Warship Craft-」の解説の一部です。
「連合」を含む「艦つく -Warship Craft-」の記事については、「艦つく -Warship Craft-」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 09:05 UTC 版)

機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS」の記事における「連合」の解説

ルカス・オドネル 元は猛獣」の二つ名呼ばれたザフトエースだが、戦争へ興味無くし、軍を抜けためわざ連合の捕虜となり、以降フジヤマ社預り兵となる。増援として送られてくるが、東アジア支配するため、ザフトスー脱走兵等を集めた第四軍」を創り反乱を起こす乗機ストライクE、後に脱走際に奪取したライゴウガンダム乗るジスト・エルウェス混沌申し子」とも呼ばれるコーディネイターとナチュラルハーフ搭乗機真紅シグールカスと共に行動しており第四軍にも加わるが、後に自分利用されているだけだと知る。 スリー・ソキウス 司令官ナチュラルへの服従遺伝子組み込まれたコーディネイターソキウス」の一人

※この「連合」の解説は、「機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS」の解説の一部です。
「連合」を含む「機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS」の記事については、「機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 05:24 UTC 版)

Hearts of Iron」の記事における「連合」の解説

三大同盟一つ民主主義国家による同盟で、盟主イギリス民主主義の国は世論政策の影響で、同盟宣戦布告制約がつくため対応が後手回りやすい。また、英仏平時工業力マイナス補正がつき戦争準備整え余裕少ないことも特徴である。共産主義陣営独立した大同盟として扱うため、ソ連は連合に加盟しない。

※この「連合」の解説は、「Hearts of Iron」の解説の一部です。
「連合」を含む「Hearts of Iron」の記事については、「Hearts of Iron」の概要を参照ください。


連合(英: association)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 09:22 UTC 版)

センサ」の記事における「連合(英: association)」の解説

センサから得た情報間の関係を調べ出力を得ることを連合的処理という。

※この「連合(英: association)」の解説は、「センサ」の解説の一部です。
「連合(英: association)」を含む「センサ」の記事については、「センサ」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 03:47 UTC 版)

三國志VIII」の記事における「連合」の解説

また、強大勢力対抗する連合を組むことができる。連合を組むことで、自勢力だけでは対抗し得ない大勢力に対して対抗できるようになり、一方組まれた側は連合参加勢力一つずつ潰していかなければならないという苦労生じた

※この「連合」の解説は、「三國志VIII」の解説の一部です。
「連合」を含む「三國志VIII」の記事については、「三國志VIII」の概要を参照ください。


連合(独立星系連合軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 01:56 UTC 版)

スター・ウォーズ バトルフロント」の記事における「連合(独立星系連合軍)」の解説

多彩かつ強力な攻撃可能なスーパー・バトル・ドロイド2段ズーム可能なスナイパー・ドロイド、そしてシールド張ることができるドロイディカ存在する。ヒーローユニットはドゥークー伯爵スーパー・バトル・ドロイド 銀色ボディをした連合軍ソルジャーユニットメイン武器には連射可能な「リスト・ブラスター」と3発のブラスター同時発射するTRIショット」を装備サブ武器にはサーマル・デトネーター代わりに腕から発射する「リスト・ロケット」4発も装備。リスト・ロケットはサーマル・デトネーターに比べ威力は低いが直進性高くミサイル・ランチャーのように使えるデモリション・ドロイド ボディの青い塗装特徴のヘビーウェポン型ユニット。「ミサイル・ランチャー」は装弾数が1発しかない代わりに直進性高くロックオンしなくても命中率が高い。その他の装備他のヘビーウェポン型ユニットと共通。 パイロット・ドロイド 補給回復活躍するパイロットユニットメイン武器の「ラディエーション・ランチャー」は弾が放物線描いて飛ぶグレネードランチャーその他の装備他のパイロットユニットと共通。 スナイパー・ドロイド ボディの赤い塗装特徴スナイパーユニット。「スナイパー・ライフル」はズーム倍率2段階ある代わりに装弾数が4発と少なめその他の装備他のスナイパーユニットと共通。 ドロイディカ 車輪形態から戦闘形態変形(△ボタン)し、シールド展開機能も持つスペシャルユニット車輪形態では転がりながら高速移動が可能。戦闘形態では高速連射可能な「リピーティング・ブラスター」を使用でき、サブ武器の「シールド・エミッタ」で一定時間敵からの攻撃防げる歩兵相手には無類の強さを誇るが、戦闘形態の間は移動速度極端に下がり、EMP兵器ビークルによる攻撃にも弱いという弱点も持つ。

※この「連合(独立星系連合軍)」の解説は、「スター・ウォーズ バトルフロント」の解説の一部です。
「連合(独立星系連合軍)」を含む「スター・ウォーズ バトルフロント」の記事については、「スター・ウォーズ バトルフロント」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

スター・ウォーズ リパブリック・コマンド」の記事における「連合」の解説

本作において敵として登場する陣営グリーヴァス将軍 サイボーグドロイド司令官キャッシークにおいて、映画エピソードIII』に先駆けて登場マグナガード 独立星系連合重役護衛する為に製造された、高価なドロイドグリーヴァス将軍同様、映画先駆けて登場映画では貧弱に描かれているが、本作では、コンセプト通り、非常に手ごわい敵として扱われている。 スーパー・バトル・ドロイド 本作では銃が主要兵器の為、装甲が厚いこのドロイド映画よりも遙かに強力な敵として登場する作中ではSBD略される。セヴはこのドロイド装甲1枚ずつ剥がしていくのが至福の時だという。 バトル・ドロイド もはや御馴染み存在といえるが、映画以上に幾何学的恐怖煽るデザインとなっている。映画同様数で攻めてくるため、過小評価してかかると思わぬ痛手を被ることとなる。 デストロイヤー・ドロイド いわゆるドロイディカである。シールド纏いジェダイ中にも恐れるものはいるため、本作では紛れもなく強敵といえる。ほとんど決まって2体で出現するトランドーシャン インチョリなどと同様爬虫類種族。このゲームのストーリーにおける重要な集団であるため中盤からは頻繁に出現するうになるジオノージアン クローン大戦勃発の地、ジオノーシス原住民本作では映画登場した2足歩行の者以外に様々な形体のジオノージアン登場する

※この「連合」の解説は、「スター・ウォーズ リパブリック・コマンド」の解説の一部です。
「連合」を含む「スター・ウォーズ リパブリック・コマンド」の記事については、「スター・ウォーズ リパブリック・コマンド」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 13:46 UTC 版)

ヴァーゲンフェルト」の記事における「連合」の解説

ヴァーゲンフェルト多くの自然・文化連合に加盟している。ディープホルツァー・モーアニーデルング、デュンマー自然公園、デュンマーヴァーザーラント、ニーダーザクセン・アスパラガス街道ニーダーザクセン水車・風車街道などである。

※この「連合」の解説は、「ヴァーゲンフェルト」の解説の一部です。
「連合」を含む「ヴァーゲンフェルト」の記事については、「ヴァーゲンフェルト」の概要を参照ください。


連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 16:14 UTC 版)

円環少女」の記事における「連合」の解説

ヨーロッパ拠点としている魔法使い集団14世紀半ば、「協会」が黒死病蔓延させて「悪鬼」を滅ぼそうとした際に反旗を翻した二百十五個の魔法世界原型とする組織

※この「連合」の解説は、「円環少女」の解説の一部です。
「連合」を含む「円環少女」の記事については、「円環少女」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「連合」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

連合

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 12:32 UTC 版)

別表記

名詞

 れんごう聯合」の「同音の漢字による書きかえ」)

  1. ある事を目的とする二つ以上のものが一つ組織化すること。または、その組織のこと。

発音(?)

れ↗んごー

「連合」の例文・使い方・用例・文例




連合と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「連合」に関係したコラム

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「連合」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



連合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの連合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスコットランド独立運動 (改訂履歴)、円環少女 (改訂履歴)、Pump.io (改訂履歴)、ブラックフット族 (改訂履歴)、艦つく -Warship Craft- (改訂履歴)、機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS (改訂履歴)、Hearts of Iron (改訂履歴)、センサ (改訂履歴)、三國志VIII (改訂履歴)、スター・ウォーズ バトルフロント (改訂履歴)、スター・ウォーズ リパブリック・コマンド (改訂履歴)、ヴァーゲンフェルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの連合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS