通信社とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 会社 > 通信社の意味・解説 

つうしん‐しゃ【通信社】


通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 22:47 UTC 版)

通信社(つうしんしゃ)とは、報道機関民間企業の需要にこたえて一般向けニュース(ゼネラル・ニュース)や経済金融情報コマーシャル・ニュース)の収集、配信を行う組織である。


  1. ^ 里見脩 『ニュース・エージェンシー : 同盟通信社の興亡』中央公論新社中公新書〉、2000年、2 - 3頁。ISBN 4-12-101557-6 
  2. ^ a b c 上杉隆 『ジャーナリズム崩壊』(初版)幻冬舎〈幻冬舎新書〉 (原著2008年7月30日)、22-24頁。ISBN 9784344980884 
  3. ^ 地方紙では全記事の5 - 6割が配信記事である。参考:平成21(受)2057  損害賠償請求事件 判決文 (PDF)”. 最高裁判所 (2011年4月28日). 2011年8月5日閲覧。
  4. ^ 共同通信社 (2006年4月6日). “共同通信と3紙提訴 女子医大事件無罪の医師”. 47NEWS. 2013年5月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月27日閲覧。
  5. ^ 配信を受けた側の賠償責任についてはその後の高裁、最高裁により否定されている判例検索システム>検索結果詳細画面”. 最高裁判所 (2011年4月28日). 2011年7月27日閲覧。


「通信社」の続きの解説一覧

通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 05:23 UTC 版)

フランクフルト・アム・マイン」の記事における「通信社」の解説

フランクフルトには通信社ロイター・ドイチュラント(メッセタワー内)やアソシエイテッド・プレス・ドイチュラントの本部もある。ドイツ通信社研修センターフランクフルト置いている。

※この「通信社」の解説は、「フランクフルト・アム・マイン」の解説の一部です。
「通信社」を含む「フランクフルト・アム・マイン」の記事については、「フランクフルト・アム・マイン」の概要を参照ください。


通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 02:38 UTC 版)

言論統廃合」の記事における「通信社」の解説

合同通信東洋通信大手2社、および、群小の通信社を聯合通信現在の聯合ニュース前身)に一本化する

※この「通信社」の解説は、「言論統廃合」の解説の一部です。
「通信社」を含む「言論統廃合」の記事については、「言論統廃合」の概要を参照ください。


通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 16:53 UTC 版)

中央競馬の冠競走一覧」の記事における「通信社」の解説

共同通信社共同通信杯トキノミノル記念 東京時事通信社時事通信フラワーカップ中山 2005年限り撤退時事通信クイーンステークス中山 札幌競馬場施行変更のため撤退。現在は北海道新聞社寄贈

※この「通信社」の解説は、「中央競馬の冠競走一覧」の解説の一部です。
「通信社」を含む「中央競馬の冠競走一覧」の記事については、「中央競馬の冠競走一覧」の概要を参照ください。


通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 22:35 UTC 版)

福岡県」の記事における「通信社」の解説

共同通信 時事通信 共同時事、ともに福岡市支社構え県内各地に支局などがある。

※この「通信社」の解説は、「福岡県」の解説の一部です。
「通信社」を含む「福岡県」の記事については、「福岡県」の概要を参照ください。


通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 15:28 UTC 版)

Google ニュース」の記事における「通信社」の解説

2005年3月フランス通信社 (AFP) はGoogleに対して1750ドル損害賠償請求訴訟起こした。これは、Google News許可無くAFP写真記事の見出しや一部を掲載しAFP著作権を侵害しているという訴えである。また、AFPGoogle警告状(cease and desist)を無視したことも問題とした。これに対してGoogleAFPアグリゲーション対象から除外されるための手続き知らせたが、AFP側がそれを行わなかったと反論している。現在ではGoogleフランス通信社AP通信Press AssociationCanadian Pressニュース購入して掲載している。この取り決め2007年8月始まった2007年Google発表したところによると、AP通信記事の Google News への掲載に対して対価支払っているが、それらの記事永久にアーカイブされるわけではないとのことである。

※この「通信社」の解説は、「Google ニュース」の解説の一部です。
「通信社」を含む「Google ニュース」の記事については、「Google ニュース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「通信社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

通信社

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:03 UTC 版)

名詞

   (つうしんしゃ)

  1. ニュース取材し、そのニュース写真資料収集編集配信し、出版社新聞社放送局などのマスメディア官公庁企業などに提供する組織

翻訳


「通信社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



通信社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

通信社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通信社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通信社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランクフルト・アム・マイン (改訂履歴)、言論統廃合 (改訂履歴)、中央競馬の冠競走一覧 (改訂履歴)、福岡県 (改訂履歴)、Google ニュース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの通信社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS