韓国人とは? わかりやすく解説

韓国人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 16:35 UTC 版)

韓国人(かんこくじん)




「韓国人」の続きの解説一覧

韓国人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 05:20 UTC 版)

マンガ 嫌韓流・嫌中国流の登場人物」の記事における「韓国人」の解説

朴然守パク ヨンス歴史歪曲軍国主義復活陰謀糾弾韓国大学生訪日代表団リーダーイケメンで、他のメンバーよりも理性的安田英春(やすだ ひではる) 光一友人登場間もなく日本帰化している。在日達の反日活動や、在日特権利用して屁理屈を言う姿にうんざりしており、かなりリベラルな性格である。実は戦前ではなく戦後1970年代来日したニューカマー」と呼ばれる世代二世李明子(イ ミョンジャ) 金田主催する外部サークルメンバー在日三世反日思想持ち主だが、論破されると「それもそうね」と納得してしまうなど中身日本人的。 韓系女性キャラとしては初めての美形姜勇中カン ヨンジュン朴然守母校大学教授歴史歪曲軍国主義復活陰謀糾弾韓国大学生訪日代表団とともに極東アジア調査会ディベート対決をする。 高明義(コ ミョンギ) 光一中学時代の同級生。現在は焼肉チェーン経営しているが、自身は表向き無職と言うことにして税金払っていないことを自慢している。ちなみに彼の知人似たり寄ったりの暮らしをしている。 日韓歴史にはさほど興味は無いが、自分たちが甘い汁吸える方法いわゆる在日特権推進している。 朴正一パク ジョンイル極東アジア調査会のライバルサークルに当たるアジア問題研究会メンバー在日四世朴一の説をよく唱えるが、得意になって大風呂敷広げた挙句失敗して逆に同胞から制裁受けたりする。何かと極東アジア調査会メンバー行動する事も多い。

※この「韓国人」の解説は、「マンガ 嫌韓流・嫌中国流の登場人物」の解説の一部です。
「韓国人」を含む「マンガ 嫌韓流・嫌中国流の登場人物」の記事については、「マンガ 嫌韓流・嫌中国流の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「韓国人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

韓国人

出典:『Wiktionary』 (2017/01/18 13:05 UTC 版)

名詞

かんこくじん (kankokujin))

  1. 大韓民国国籍を持つ韓国出身者

類義語

訳語


「韓国人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

韓国人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



韓国人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの韓国人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマンガ 嫌韓流・嫌中国流の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの韓国人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS