光一とは?

光一

読み方:ぴかいち

花札の「すだおし」で、20点札1カス札6が揃った時の役の名称。役代は4貫になる。

ぴか‐いち【光一】

花札の手役で、初めに配られた手札7のうち光り物20点札)が1で、あとが全部かすであるもの。

1から》多くの中で際立ってすぐれていること。また、そのもの。「若手では光一の腕前


ぴか‐いち【光一】

〔名〕

花合の手役の一つ七枚の手の中で一枚だけが光物(ひかりもの)(=二〇点)で、残りの六が滓(かすふだ)か)のであること。〔社交用語の字引(1925)〕

② 転じて、多数同類中でもっともすぐれていること。また、そのもの

今年竹191927)〈里見弴〉焼土「ほかの調度とも全く不釣合なほど、ピカ一光り耀いてゐる花櫚(くゎりん)の、〈略〉長火鉢


光一

読み方:ぴかいち

  1. 花札上物一枚で他は素物の役。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

山室耕

(光一 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 08:42 UTC 版)

山室 耕(やまむろ こう、1907年12月17日 - 没年不詳)は、日本の俳優である[1][2][3]。本名は西森 高茂(にしもり たかしげ)[1][2][3]。旧芸名は村上 英二(むらかみ えいじ)[1][2]光 一(ひかり はじめ)[2]


  1. ^ a b c d e f g h i j k 『日本映画俳優全集 男優篇』キネマ旬報社、1979年、614頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 『日本映画人改名・改称事典』国書刊行会、2004年。
  3. ^ a b c 『日本人物レファレンス事典 芸能篇1 (映画・演劇・タレント)』日外アソシエーツ、2014年、688頁。
  4. ^ 1952年(昭和27年)に配布された「東宝映画宣傳資料」キャスト欄では光一と記載されている。


「山室耕」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光一」の関連用語

光一のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



光一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山室耕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS