人生劇場とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 小説 > 人生劇場の意味・解説 

じんせいげきじょう -げきぢやう 【人生劇場】

小説尾崎士郎作。1933年昭和8)、「青春篇」発表。以下59年までに「愛慾篇」をはじめ七編を発表俠気きようきある青年青成瓢吉(あおなりひようきち)と、その周囲人々の姿を通して人生あるべき姿求めて彷徨ほうこう)する青春を描く。

人生劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/06 09:04 UTC 版)

人生劇場』(じんせいげきじょう)は、尾崎士郎の自伝的大河小説。愛知県吉良町(現・西尾市)から上京し、早稲田大学に入学した青成瓢吉の青春とその後を描いた長編シリーズ。




  1. ^ 挿絵は中川一政が担当した
  2. ^ 人生劇場、世界大百科事典 第2版、コトバンク、2015年10月24日閲覧
  3. ^ 人生劇場東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵映画フィルム検索システム、2015年10月24日
  4. ^ 飯干晃一『狼どもの仁義』(角川書店)、猪野健治『実録・人生劇場』(双葉社


「人生劇場」の続きの解説一覧



人生劇場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人生劇場」の関連用語

人生劇場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人生劇場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人生劇場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS