忠臣蔵とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 忠臣蔵の意味・解説 

ちゅうしんぐら【忠臣蔵】

[一]浄瑠璃歌舞伎講談などの一系統で、赤穂義士のあだ討ちを主題したもの

[二]仮名手本忠臣蔵」の通称


忠臣蔵

読み方:ちゅうしんぐら

  1. 香物ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・宮城県
  2. 大根漬ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・高知県
  3. 沢庵漬。〔第六類 器具食物
  4. 沢庵漬。「高師直」を「香の物」に音詞を通はせたもの。
  5. 沢庵漬。「高師直」を「香の物」に音を通わせたもの。

分類 宮城県高知県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

忠臣蔵

読み方:チュウシングラ(chuushingura)

初演 享保11.7(大坂・嵐座)


忠臣蔵

読み方:チュウシングラ(chuushingura)

作者 小林秀雄

初出 昭和36年

ジャンル 随筆


忠臣蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 01:21 UTC 版)

忠臣蔵(ちゅうしんぐら)は、 人形浄瑠璃文楽)および歌舞伎の演目のひとつで、1748年に大阪で初演された『仮名手本忠臣蔵』の通称。また歌舞伎や演劇映画の分野で、江戸時代元禄期に起きた赤穂事件を基にした創作作品。




  1. ^ 地域社会貢献活動 ふるさと歴史シリーズ「博多につよくなろう」福本日南西日本シティ銀行、平成12年1月
  2. ^ 元禄快挙録 岩波書店
  3. ^ ドナルド・キーン『日本文学史近世編二』中公文庫。p218
  4. ^ 宮澤(2001) p236
  5. ^ 佐藤(2003)
  6. ^ 佐藤(2003)
  7. ^ 山本(2012a) 第七章四節「自己犠牲の精神」
  8. ^ 山本(2012a) 第七章四節「赤穂浪士は義士か」より重引。
  9. ^ 稲田(2014) p13
  10. ^ 谷川( 2013) p282
  11. ^ 谷川( 2013) p389-390
  12. ^ 忠臣蔵 |ドラマ・時代劇 番組詳細情報”. 2012年1月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月1日閲覧。
  13. ^ 土曜時代劇第2弾は忠臣蔵!”. 時代劇シリーズ. NHKドラマ (2016年3月28日). 2016年8月23日閲覧。
  14. ^ 『仮名手本忠臣蔵』
  15. ^ 『元禄快挙別禄』
  16. ^ 『赤城盟伝』
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 野口(1994)p35-45
  18. ^ 実際の脇坂への処分は、赤穂城にて在番していた脇坂重臣の左次兵衛が乱心して、同僚の貞右衛門を切り殺すという事件が起こった為である(『赤穂城在番日記』)。
  19. ^ 近代デジタルライブラリ元禄快挙四十七士
  20. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus脇坂安照
  21. ^ a b c 野口(1994) p75
  22. ^ 講談名作文庫(1976)
  23. ^ 忠臣蔵新聞「ダイジェスト忠臣蔵(第12巻)」
  24. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「大石氏僕」
  25. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「大石氏僕」
  26. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「寺井玄渓」
  27. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「小野寺秀和妻」
  28. ^ 八坂神社祇園商店街振興組合一力亭
  29. ^ a b 講談名作文庫(1976)
  30. ^ 田口(1998)、第四章2山科妻子の別れ
  31. ^ a b c d e 宮澤(1999) p118-119
  32. ^ a b c d e 山本(2012a) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  33. ^ a b 佐々木(1983) p191
  34. ^ a b 野口(1994)p124
  35. ^ a b 宮澤(1999) p120-121
  36. ^ 今尾(1987)、p199
  37. ^ a b c 山本(2013) p131
  38. ^ 山本(2012a) 第五章二節「大石の残す子への思い」
  39. ^ a b c d e 佐々木(1983) p433
  40. ^ a b 宮澤(2001) p29
  41. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus『林鶴梁』
  42. ^ a b 宮澤(1999) p58-60
  43. ^ 山本(2012a) 第五章二節
  44. ^ a b c 谷川(2013)p280、283、379
  45. ^ 宮澤(2001) p47。関根(1924)149コマ目
  46. ^ コトバンク 新撰 芸能人物事典 『伊東燕尾』
  47. ^ a b c 箱根町観光情報ポータルサイト「箱根旧街道休憩所」
  48. ^ a b c d 講談名作文庫(1976)
  49. ^ 尾崎(1974) p249-252
  50. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  51. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻 p876-883
  52. ^ a b c 田口(1998)第二章2節「いないはずの女たち」
  53. ^ a b c d 田口(1998)第二章3節「それぞれの母」
  54. ^ 『正史実伝いろは文庫』第十四回。忠臣蔵文庫(1912)
  55. ^ 佐々木(1983)。p756
  56. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p640
  57. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  58. ^ a b 田口(1998)第二章2節「絵図面をめぐる恋の話」
  59. ^ 山本(2013) p147
  60. ^ a b 山本(2012a) 第五章二節「赤穂浪人の潜伏先」
  61. ^ 内侍所 112コマ目から
  62. ^ 赤穂義士伝一夕話 七之巻二十九頁
  63. ^ 忠臣蔵文庫(1912) p15 -
  64. ^ コトバンク『忠臣蔵物』
  65. ^ 赤穂市忠臣蔵 第4巻p337
  66. ^ a b 佐々木(1983) p336
  67. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus『天野屋利兵衛』
  68. ^ 松島(1964) p174
  69. ^ a b 江崎(1940) p14 -
  70. ^ 佐々木(1983)
  71. ^ 『江戸歌舞伎の残照』吉田弥生著 文芸社 p165
  72. ^ a b c 佐々木(1983) p175
  73. ^ a b 佐々木(1983) p405
  74. ^ 両国の俵星玄蕃道場跡の看板
  75. ^ 立命館大学『忠臣蔵と見立て』誠忠大星一代話
  76. ^ 宮澤(1999)
  77. ^ 『赤穂義人纂書. 第2 巻之9−18』 国書刊行会 p432
  78. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  79. ^ データ百科シリーズ『元禄忠臣蔵データファイル』、元禄忠臣蔵の会編、人物往来社 p238。近代デジタルライブラリ『文芸叢書. 忠臣蔵文庫 』 四十七石忠箭計 四幕目(404コマから)の葉泉院第舎の場
  80. ^ コトバンク世界大百科事典「南部坂雪の別れ」
  81. ^ a b 南部坂雪の別れ 図書 桃中軒雲右衛門 講演 (東京明倫社(ほか), 1912年)近代デジタルライブラリの該当箇所
  82. ^ a b 大石内蔵助東下り : 武士道精華 雪花山人著 (立川文明堂, 1912年)。近代デジタルライブラリの該当箇所
  83. ^ a b c d e f g 谷川(2013)「瑤泉院に見られる字自立する女性のイメージ」 p369 - p376
  84. ^ 谷川(2013)ではその例として忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻1959年)と赤穂浪士1961年)を挙げている
  85. ^ 1958年大映版の忠臣蔵谷川(2013)より。
  86. ^ 真山(1982) p59
  87. ^ すみだあれこれ/討ち入り蕎麦
  88. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  89. ^ a b c 近代デジタルライブラリ『義士伝』泉岳寺書上。p450に楠屋の件が載っており、p466に浅野内匠頭の亡霊が登場する。p455には太鼓を打ち鳴らしたとある。
  90. ^ a b 三田村(1930) p256 -
  91. ^ 今尾(1987) p49
  92. ^ a b 赤穂義士史料下(1931) p4, p513
  93. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  94. ^ a b 山本(2012b)第四章3節「計画通りの討ち入り」
  95. ^ 赤穂義士史料上(1931)p268(本書では寺坂信行筆記のうち寺坂私記と共通する部分は省かれているため、寺坂私記の方に当該文書が載っている)
  96. ^ a b c 元禄(1999)p118
  97. ^ こよみのページ「暦のこぼれ話」赤穂義士祭
  98. ^ 講談名作文庫(1976)。「神崎与五郎かながきの詫び証文」
  99. ^ a b c d e f g 宮澤(1999) p163-166
  100. ^ 『歴史群像デジタルアーカイブス<元禄赤穂事件と江戸時代>討ち入りは愚策? 山鹿流兵法と忠臣蔵』大山格
  101. ^ 「山鹿素行→大石良重→菅谷政利→太田利貞→岡野禎淑→清水時庸→黒野義方→窪田清音若山勿堂勝海舟」『山鹿素行兵法学の史的研究』(P173)
  102. ^ 赤穂市史編纂室主幹・三好一行「赤穂四十七士列伝」(P112)
  103. ^ 同市編纂室「赤穂四十七士列伝」大石内蔵助良雄
  104. ^ 「Web版(兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-)」赤穂城跡二之丸門枡形発掘調査現地説明会資料”. 赤穂市教育委員会. 2020年1月23日閲覧。
  105. ^ 松浦清「心得ぬ事なり。人を出して即往きたるに、果たして大石の輩」「弘前候ばかり之を知れり」(松浦清山『甲子夜話』)。
  106. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P171-174、P260-272)
  107. ^ 『「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績』(P221-229)
  108. ^ 「剣法規則後伝口伝」および「論語私記」には赤穂事件(忠臣蔵)や赤穂義士に関係する記述はない。
  109. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P171-174、P260-272)
  110. ^ 『「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績』(P221-229)
  111. ^ a b c d e f g h i 宮澤(1999) p166-168
  112. ^ a b c d e f 山本(2012a)第六章四節「上杉家の対応」
  113. ^ 大佛次郎の小説並びにその映像化「赤穂浪士」、歌舞伎「松浦の太鼓」など
  114. ^ a b 宮澤(1999) p185-186
  115. ^ 佐々木杜太郎『吉良上野介の正体』。宮澤(1999) p184から重引
  116. ^ 宮澤(1999) p177
  117. ^ a b 『忠臣蔵四十七義士全名鑑 完全版』 中央義士会 p324-325
  118. ^ 佐々木(1983) p342
  119. ^ 「堀内伝右衛門覚書」に「神かけて泉岳寺が左様な事はないだろうと思ったが、事実であった」旨の記述あり 。
  120. ^ 兵庫県たつの市「赤穂浅野家資料」。再度の散逸防止のため非公開(教育事業部歴史文化財課)
  121. ^ 宮澤(1999) p177
  122. ^ 真山(1982)
  123. ^ a b c 佐々木(1983) p177-178
  124. ^ CiNii『 赤穂義士傳一夕話』
  125. ^ 近代デジタルライブラリ『赤穂義士伝一夕話』四巻53ページ
  126. ^ 山本(2013) p189
  127. ^ a b c 田口(1998)第三章3『祇園可音物語』
  128. ^ a b c 今尾(1987)、p108-119
  129. ^ a b 『歴史群像デジタルアーカイブス<元禄赤穂事件-忠臣蔵外伝>なぜ大多数の赤穂藩浪士は仇討ちに参加しなかったのか』桐野作人
  130. ^ a b 谷口(2006) p179-180
  131. ^ 元禄(1999)p113
  132. ^ a b 山本(2012a)第四章三「脱盟者の思い」
  133. ^ 近代デジタルライブラリ『正史実伝いろは文庫』 p103, 177, 401を参照。
  134. ^ 今尾(1987)、p97
  135. ^ 近代デジタルライブラリー『赤穂義士伝一夕話』巻之六 三十八ページ
  136. ^ 定本講談名作全集(1971) p308
  137. ^ 山本(2013) p127
  138. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻 p345-349
  139. ^ 定本講談名作全集(1971) 「お薬献上」p308-312
  140. ^ 定本講談名作全集(1971) 「山鹿送り」p312-325
  141. ^ 定本講談名作全集(1971) 「向島の花見」p325-331
  142. ^ 定本講談名作全集(1971) p331-337
  143. ^ 講談名作文庫「名代の粗忽者」
  144. ^ 定本講談名作全集(1971) 「粗忽の権化」、「首のない馬」p379-386
  145. ^ 定本講談名作全集(1971) 「安兵衛の生立、良薬の由来」、「図らず知る孫の孝行」、「妻の貞節、懺悔の自殺」
  146. ^ 定本講談名作全集(1971) 「義母の仇討ち」p408-411
  147. ^ 定本講談名作全集(1971) 「高田馬場へ一ッ飛び」、「十八人切り、記念の五合枡」、「仇討の物語」・、「安兵衛の身元」、「入聟の相談」、「酔うても本心狂わず」p411-434
  148. ^ 定本講談名作全集(1971) 「意外の惨事」、「名主へ相談」、「情けも籠る奉行の裁断」p435-446
  149. ^ 定本講談名作全集(1971) 「雪ぐ師の恥」、「使者の供」、「槍術の妙」p464-471
  150. ^ 定本講談名作全集(1971) 「乞食の姉弟」p472-478
  151. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  152. ^ 定本講談名作全集(1971) 「放蕩指南」「伯母の執拗」、「万事休す」p479-490
  153. ^ 定本講談名作全集(1971) 「嫉妬のほむら」「孝子の袖乞い」、「親子の再会、「妻子の一心、一番槍の功名」p491-505
  154. ^ 定本講談名作全集(1971) 「伊勢屋の家宝」 p521-531
  155. ^ 講談全集(1929) 「父の訃音」、「重なる不幸」、「一夜に討つ君父の仇」 p581-599
  156. ^ 定本講談名作全集(1971) 「同志の憤激」、「老人の屈死」 p532-538
  157. ^ 定本講談名作全集(1971) 「変名の再生」、「主家に擬する芝居」、「同志の落涙」 p568-576
  158. ^ 定本講談名作全集(1971) 「女武芸者」、「嫁入りの条件」、「正宗の刀が加増の種」 p611-621
  159. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  160. ^ 定本講談名作全集(1971) 「情けの勘当」、「報恩の身売り」、「情けが仇、事理明白」 p627-646
  161. ^ 関根(1924) p72
  162. ^ Google Books『窓のすさみ』 p200
  163. ^ 定本講談名作全集(1971) 「忠僕直助」 p678-708
  164. ^ 講談全集(1929) p1094
  165. ^ 今井敏夫 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎』「吉良側に剣客はいなかったのか?」
  166. ^ 講談全集(1929) 「腕試し、父の仇討」、「怪物退治、上杉家召抱」p1094-1113
  167. ^ 講談全集(1929) p1114-1142
  168. ^ a b c d e 立命館大学デジタル展示『忠臣蔵と見立て』仮名手本忠臣蔵成立史
  169. ^ a b c d e f g h i j k l m n 松島(1964) p132-142
  170. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p302-303
  171. ^ a b c 松島(1964) p147-148
  172. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p305-306
  173. ^ 今尾(1987)、p199
  174. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 松島(1964) p180-189
  175. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第四巻p318
  176. ^ a b c 松島(1964) p199-200
  177. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p640
  178. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p654
  179. ^ 松島(1964) p200
  180. ^ a b c d 松島(1964) p201
  181. ^ 松島(1964) p161
  182. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p661
  183. ^ a b 元禄(1999) p238
  184. ^ a b c d 宮澤(2001) p33-35
  185. ^ 吉田(2004) p136-137, p160
  186. ^ 赤穂市忠臣蔵第四巻 p678
  187. ^ 赤穂市忠臣蔵第四巻 p663
  188. ^ a b c 元禄(1999) p240
  189. ^ a b 宮澤(2001) p129-130
  190. ^ 歌舞伎公演データベース『仮名手本忠臣蔵』
  191. ^ 歌舞伎公演データベース『元禄忠臣蔵』
  192. ^ a b 宮澤(1999) p234
  193. ^ 歌舞伎公演データベース『瑤泉院』
  194. ^ 歌舞伎公演データベース『続・瑶泉院』
  195. ^ 歌舞伎公演データベース『四谷怪談忠臣蔵』
  196. ^ 歌舞伎美人『通し狂言四谷怪談忠臣蔵』
  197. ^ a b c 宮澤(2001) p11-12。
  198. ^ 宮澤(2001) p11-12。関根黙庵『講談落語今昔譚』(雄山閣)を重引。関根(1924) 46コマ目
  199. ^ a b 宮澤(2001) p46-47
  200. ^ a b 宮澤(2001) p73-74
  201. ^ a b 宮澤(2001) p110-113
  202. ^ a b c d e f 松島(1964) p203-208
  203. ^ a b c d e f g h i j k 宮澤(2001) p20-21
  204. ^ 忠臣蔵文庫(1912)
  205. ^ 谷口(2006) p187
  206. ^ 宮澤(2001) p22
  207. ^ 「水戸徳川家文書」財団法人水府明徳会・彰考館文庫
  208. ^ a b c 谷口(2006) p186-188
  209. ^ a b c d e f g h i j 松島(1964) p210-215
  210. ^ 青空文庫『学問のすすめ』
  211. ^ 宮澤(1999) p6-7
  212. ^ a b c 宮澤(2001) p15
  213. ^ a b 宮澤(2001) p82
  214. ^ 松島(1964) p217
  215. ^ 広瀬玲子 『国粋主義者の国際認識と国家構想─福本日南を中心として─』 芙蓉書房出版、2004年 ISBN 4829503394
  216. ^ a b c d e 宮澤(2001) p82-84
  217. ^ 御園京平『映画・忠臣蔵』。谷川(2013) p294から重引。
  218. ^ 宮澤(2001) p109
  219. ^ 宮澤(2001) p113-116
  220. ^ a b 宮澤(2001) p15
  221. ^ a b 宮澤(2001) p144-146
  222. ^ 宮澤(2001) p147-153
  223. ^ a b 宮澤(2001) p167-168
  224. ^ 宮澤(2001) p175-176
  225. ^ a b 宮澤(2001) p15-16
  226. ^ 宮澤(2001) p181-186
  227. ^ 宮澤(2001) p187-190
  228. ^ a b 宮澤(2001) p200-202
  229. ^ a b 宮澤(2001) p216-217
  230. ^ 宮澤(2001) p220-221
  231. ^ 宮澤(1999) p228
  232. ^ 谷川(2013) p290
  233. ^ a b 谷川(2013) p292
  234. ^ 谷川(2013) p22
  235. ^ 谷川(2013) p309
  236. ^ 佐藤(2003) p153-154
  237. ^ a b c d 谷川(2013) p306-311
  238. ^ a b c 宮澤(1999) p230-231
  239. ^ 『赤穂浪士 上・下』、大佛次郎、新潮文庫、新潮社、2007年11月 上 ISBN 4101083045 / 下 ISBN 4101083053
  240. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『赤穂浪士』 - NHKアーカイブス
  241. ^ 番組エピソード 赤穂浪士を題材にした、主なNHKドラマ-NHKアーカイブス
  242. ^ 番組エピソード“忠臣蔵”でおなじみ!【赤穂浪士特集】-NHKアーカイブス
  243. ^ 谷川(2013) p331
  244. ^ 谷川(2013) p315
  245. ^ a b c 宮澤(1999) p240-244
  246. ^ 元禄(1999) p216-217




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「忠臣蔵」の関連用語

忠臣蔵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



忠臣蔵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忠臣蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS