士とは? わかりやすく解説

さむらい〔さむらひ〕【侍/士】

読み方:さむらい

《「さぶらい」の音変化

武芸をもって貴族武家仕えた者の称。平安中期ごろから宮中や院を警固する者をいうようになり、鎌倉・室町時代には凡下(ぼんげ)(庶民)と区別される上級武士をさした。江戸時代になって幕府旗本諸藩中小姓以上の称となり、また、士農工商のうちの士身分をいう通称ともなった武士

侍所(さむらいどころ)」の略。

並みの人ではちょっとできないようなことをやってのける人。「彼はなかなかの―だよ」

[補説] 書名別項。→侍


し【士】

読み方:し

[音](漢) ジ(呉) [訓]さむらい

学習漢字5年

[一]〈シ〉

成人した男子また、学識徳行のあるりっぱな男子。「士女隠士義士国士志士紳士人士壮士文士名士

古代中国官吏の一。大夫より下階級。「士大夫

特別の資格技術を身につけた人。「学士棋士修士博士(はくし)・弁士

さむらい。「士分騎士郷士(ごうし)・武士浪士

軍人。「士官士気戦士兵士勇士

自衛隊の兵の称。「海士空士陸士

[二]〈ジ〉[一]に同じ。「衛士(えじ)・居士(こじ)」

名のりあき・あきら・お・おさむ・こと・さち・ただ・つかさ・と・のり・ひと・まもる

難読海士(あま)・徒士(かち)・博士(はかせ)・武士(もののふ)


し【士】

読み方:し

男性男子また、特に学問道徳などを身にそなえた尊敬に値する人物。「―に一定の論あり」「同好の―を募る」「博学の―」

さむらい武士。「―農工商」

中国周代支配階級のうち、大夫下の身分

一定の資格職業の人。「弁護―」「イエズス会―」


じ【士/仕】

読み方:じ

〈士〉⇒し

〈仕〉⇒し


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 19:45 UTC 版)

(し)とは、前近代東アジアにおいて、政治上の統治階級にいる人物、または有能・有徳の人物を指す。


  1. ^ 韓経:【コラム】韓国人の士農工商DNA(1)”. 中央日報 (2018年11月3日). 2018年12月20日閲覧。


「士」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:58 UTC 版)

チャンギ」の記事における「士」の解説

先手後手ともに士(사、サ)。楚・漢と同じ動きを持つ。士も宮から出ることは出来ないそのため完全に守り専門の駒である。

※この「士」の解説は、「チャンギ」の解説の一部です。
「士」を含む「チャンギ」の記事については、「チャンギ」の概要を参照ください。


士(し)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 06:55 UTC 版)

天保異聞 妖奇士」の記事における「士(し)」の解説

鉞の刃の部分下にした形。その大きいものが「王」である。「王」「士」共に、身分を示す儀器である。

※この「士(し)」の解説は、「天保異聞 妖奇士」の解説の一部です。
「士(し)」を含む「天保異聞 妖奇士」の記事については、「天保異聞 妖奇士」の概要を参照ください。


士(サムライ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 09:28 UTC 版)

百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の記事における「士(サムライ)」の解説

武や軍略優れている先祖持ちその先祖の名を継いでいる、もしくはその武家の出の人間のこと。体のどこかに桜の花の痣があり、士は女子からのみ出現するその理由は、士と対となる将が男子から出現するめである剣姫化すると、痣はその将の体に刻まれている徴になる。

※この「士(サムライ)」の解説は、「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の解説の一部です。
「士(サムライ)」を含む「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の記事については、「百花繚乱 SAMURAI GIRLS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「士」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「士」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「士」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



士のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャンギ (改訂履歴)、天保異聞 妖奇士 (改訂履歴)、百花繚乱 SAMURAI GIRLS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS