大夫とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 大夫 > 大夫の意味・解説 

たい ふ [1] 【大夫】

中国周代官職の一。卿(けい)の下、士の上位する
律令制で、一位から五位までの人の総称。または五位通称
律令制で、職・坊の長官。だいぶ。
大名家老異名
秦の始皇帝封禅のため泰山に登った際、雨やどりした松の木に大夫の爵位与えたという故事から〕 異名
神主禰宜ねぎ)など神職呼称。 → たゆう

だい ぶ [1] 【大夫】

〔「大輔たいふ)」と言い分けるための読み方という〕
律令制で、職・坊の長官。たいふ。

たゆう たいふ [1] 【大・太夫

五位通称「たいふ」から転じた語〕
浄瑠璃語り手の称。三味線引きにもいう。義太夫・嘉太夫などと芸名添えても用いる。
歌舞伎で、女方敬称
江戸吉原など官許遊郭で、最高位遊女の称。明和1764~1772以降消滅
歳(まんざい)の主となる方。 → 才蔵
神主禰宜ねぎ)などの神職の称。
神社御師おし)の称。

大夫

読み方:タイフ(taifu)

律令制五位位階を持つ者の通称

別名 たゆう


大夫

読み方:タユウ(tayuu)

(1)律令制五位位階をもつものの通称
(2)芸人称号敬称


大夫

読み方:マエツギミ(maetsugimi)

6~7世紀の有力豪族政治的地位を示す称号


たゆう 【大夫・太夫】

正しくタイフ大夫号中国からきた称で五位上の官位指したが、日本では芸人称号敬称にも用い、伊勢神宮御師太夫ともいった。他の芸能人遊女にもいった(遊女初め巫女で芸をした)。(太の字を用いたのはあとで、大が先)

大夫

読み方:おしょく。おいらん。たゆう,たゆう

  1. 1 遊女の頭立ちたるもの。2 俳優女形をいふ。
  2. 京都島原遊廓に於ける花魁階級一種にして、太夫遊女最上位になつてゐる。その次は「伯人」、「娼妓」、「芸妓」といふ席順である。〔花柳語〕
  3. 遊女階級には「お職」といふのがある、毎月揚代に於て最高点の者を其の店のお職といつて歓迎される、此のお職は家に依つて又「役お職」「馴染お職」「金お職」「台お職」などの別がある。「おいらん」といふのは江戸呼名で、上妓を指して云つたもので元禄年間からは「太夫」といふ名称が出たといはれてゐる、然し太夫」は京阪呼称として起つたらしく慶長年間四条河原芝居をさせたときの呼名から起つて、同じく最上級遊女をいふのであるが、現在では尊称として多少混同傾きがある。
  4. 京都島原遊廓に於ける花魁階級一種にして、太夫遊女最上位になつてゐる。その次は「伯人」「娼妓」「芸妓」といふ席順である。
  5. 〔隠〕京都島原遊廓に於ける花魁階級一種で、遊女最上位のものをいふ。大夫の次は「伯人」「娼妓」「芸妓」といふ順である。
  6. 遊女最上位のもの。⑵転じて女形役者のこと。

分類 京都花柳語、花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

大夫

読み方:ダイブ(daibu)

所在 新潟県北蒲原郡聖籠町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 05:33 UTC 版)

大夫(たいふ、だいぶ、たゆう)とは、ほんらい古代中国における身分呼称のひとつ。日本では太夫たゆうとも表記し、人物の呼称として色々な意味を持つようになった。


  1. ^ a b c デジタル大辞泉『デジタル大辞泉』 - コトバンク、2012年8月8日閲覧。


「大夫」の続きの解説一覧

大夫

出典:『Wiktionary』 (2010/11/01 12:44 UTC 版)

名詞

  1. (たいふ)(歴史中国代から春秋戦国時代にかけての身分を表す言葉領地を持った貴族の下、の上に位し、しばしば、士とあわせ、代表的支配層として、士大夫と称される。
  2. (だいぶ) (歴史律令制における官職名
    1. 」又は「」の長官職(かみ)。
    2. 太政官においては三位以上、においては四位以上、中国以下の国司においては五位上の官吏の称とされた。
  3. (たいふ) (歴史) 2.より、五位上の官吏を指す通称
  4. (たいふ)「家老」の異称
  5. (たいふ)「」の異称
  6. (たいふ・たゆう)神主職のひとつ。
  7. (たゆう) 能楽シテ家元の称。
  8. (たゆう) 文楽浄瑠璃語り
  9. (たゆう)(歴史遊女階層最上位
  10. (たゆう)歳の謡い手。相方才蔵という。



大夫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大夫」の関連用語

大夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの大夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS