大太鼓とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 太鼓 > 大太鼓の意味・解説 

おお‐だいこ〔おほ‐〕【大太鼓】

舞楽で、伴奏に用いる大型太鼓。大太鼓(だだいこ)。

歌舞伎祭礼などで、囃子(はやし)に用いる大型太鼓。台に据えてばちで側面の皮を打ち鳴らす

バスドラム


だ‐だいこ【大太鼓】

雅楽舞楽に用いる大型太鼓。鼓面の直径は約2メートル周囲火焔(かえん)の装飾があり、2本の(ばち)で打つ。左方右方用で、模様色彩異なる。火焔太鼓


大太鼓

ビヤ樽鋲打ち太鼓ともいう。歌舞伎囃子宗教音楽民俗音楽幅広く使われている。大きさは、たとえば歌舞伎囃子用では鼓面の直径が90cmくらい。両手バチを持って打つ。歌舞伎囃子ではバチ使い分けることで、波、風、などの効果音を奏したりもする。

バスドラム

(大太鼓 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 08:49 UTC 版)

バスドラム(Bass Drum, ベースドラム)は、西洋音楽に使われる打楽器である。大太鼓グランカッサなども同義。






「バスドラム」の続きの解説一覧



大太鼓と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大太鼓」の関連用語

大太鼓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大太鼓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2020 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバスドラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS