家臣とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > 家臣の意味・解説 

か‐しん【家臣】

読み方:かしん

家に仕え臣下家来(けらい)。家人(けにん)。

「家臣」に似た言葉

家臣団

(家臣 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 02:43 UTC 版)

家臣団(かしんだん)とは、将軍大名など武家に仕える家臣層・家臣の集団である。特に主君のそば近くに仕えるものは近臣(きんしん)と呼んだ。




「家臣団」の続きの解説一覧

家臣(大友氏庶流)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 05:48 UTC 版)

大友義鎮」の記事における「家臣(大友氏庶流)」の解説

武将一覧 入田氏(大友氏庶流入田親誠(別名:親実。義鎮の傳役。後に二階崩れの変黒幕として討伐された。) 入田義実(親誠の嫡男入田鎮氏(親誠の子、義実の弟木付木付鎮秀(宗虎)(鑑実の子木付鎮直(宗円)(鎮秀の子木付鎮之(鎮秀の子志賀氏(大友氏庶流)北志賀志賀親守 志賀親度 志賀親次(別名: 親善南志賀志賀鑑隆(常陸介志賀鎮隆(兵庫守、鑑隆の嫡男志賀親政(鎮隆の子志賀鎮安初名:頼信、鎮信。鎮隆の弟。) 志賀鎮行(鑑隆の叔父初名:親行) その他一族麦生鑑光(姓は「むにゅう」と読む。「鑑」の字先代大友義鑑から賜ったものであろう1554年肥前守護職を得、義鎮の臣となる。) 麦生鑑綱(麦生本源氏物語最初の所有者とされる。鑑光と同一人物か。) 麦生鎮綱(義鎮期の家臣として名がある。鑑綱が改名したものか。) 吉岡氏佐土原氏(大友氏庶流野津氏流)吉岡宗歓(=吉岡長増吉岡鎮興(長増の嫡男、妻は妙林尼、鑑興から改名佐土原鎮直 (鑑親の子か) 吉弘氏(大友氏庶流)・豊後高橋氏筑後十五城一つ。)吉弘鑑理 吉弘鎮信(宗仭)(鑑理の嫡男高橋紹運吉弘鎮理高橋鎮種、鎮信の実弟高橋鑑種養子吉弘鎮利(鑑次の子) 吉弘鎮時(鑑次の子) 吉弘鎮久(一族吉弘鎮勝(一族吉弘鎮興(一族吉弘鎮方(一族吉弘鎮高(鎮方の子北原鎮久(高橋紹運家臣。子に進士兵衛種興。) 谷川鎮実(高橋紹運家臣。) 萩尾麟可(高橋紹運家臣。) 萩尾大学(麟可の嫡男田北氏(大友氏庶流田北鎮周 田北鎮述(鎮周の子またはその兄・鑑生の子) 田北鎮生(鎮周の婿養子吉弘統幸実弟)の田北統員と同一人物とする説と、鑑生の子とする説がある。) 田北鎮敦(鑑辰の子、鑑益の養子立花氏戸次氏大友氏庶流戸次鑑連 戸次鑑方立花道雪の三弟) 戸次親行立花道雪の四弟) 戸次鎮連戸次鑑方の子、鑑連の甥・養子戸次(しげきみ/しげとき、鎮連の弟(鑑方の次男)、立花姓を下賜される。文禄の役戦死。) 戸次鎮利(鎮連・鎮の弟) 戸次鎮方(鑑連の従兄弟戸次鎮比(しげちか、鑑堅の子戸次鎮秀法名: 宗傑、宗栄。加判衆、分家・片賀瀬戸次氏第4当主、父は親方親善)。) 戸次鎮保(鎮秀の弟) 戸次鎮就(鎮秀の従兄弟、父は親俊、長門守戸次鎮智(鎮就の子掃部助戸次鎮直(分家戸次氏第2代当主親宗の嫡男戸次鎮栄(鎮直の弟、戸次氏第3当主。) 戸次鎮時(親宗の兄・戸次親繁(親延とも)の嫡男戸次鎮実(鎮時の弟、立花姓を下賜される) 立花鑑貞中国語版)(初名:戸次直貞。鎮時・鎮実の弟で、叔父・親就の養子となる。のち立花姓を賜る文禄の役第一次平壤城の戦い)にて戦死。) 立花鎮貞(鑑貞の子。別名、戸次鎮貞。のち親家改名。妻は立花宗茂の妹、子に立花親長。) 戸次鎮順(一族立花鎮久(旧姓米多比(ねたび)、立花姓を下賜される) 津守鎮綱(戸次氏一族内田鎮次 内田鎮並(鎮次の子) 内田鎮家(鎮並の弟) 内田鎮資(鎮家の弟) 杉森鎮之(内田鎮資の弟) 小野鎮幸 小野質幸(鎮幸の子小野鎮矩(森下の子、鎮幸の養子小野成幸(鎮幸の従兄弟文禄の役戦死。) 京都鎮成 京都鎮安 薦野鎮房(河内宗鎮とも、薦野増時の父) 原尻鎮秀(古庄氏一族とされる原尻鎮清 三池鎮実(初め鑑照、鎮照。父は親高(鑑速)。筑後十五城一つ。) 三池鎮光 横大路親友備後守、元々は少弐氏家臣。)

※この「家臣(大友氏庶流)」の解説は、「大友義鎮」の解説の一部です。
「家臣(大友氏庶流)」を含む「大友義鎮」の記事については、「大友義鎮」の概要を参照ください。


家臣(国衆・臣従者・陪臣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 05:48 UTC 版)

大友義鎮」の記事における「家臣(国衆臣従者・陪臣)」の解説

武将一覧 赤尾鎮房(光岡城主赤尾賢種の遠戚赤星鎮直(赤星統家大伯父・鑑直の子) 麻生鎮里初め水晶城主、のち花尾城主。父の麻生家信大内政弘の家臣。兄の隆守は河内岡城主。) 安心院麟生(あじむ りんせい、諱は公正(きみまさ)大内氏家臣、龍王城主。) 飯田鎮敦(大内氏家臣飯田興秀の子初め義鎮の実弟大内義長より1字を賜い「長秀」と称していたが、のち義鎮に仕えてからは「鎮敦」に改名。) 飯田義忠(鎮敦の弟。義鎮の義兄田原親賢属して活躍。※「義」の字大内義長または大友義鎮から1字賜ったものと思われる。) 足利氏豊後上野氏上野鎮信 上野鎮基(鎮信の子上野鎮政(鎮信の弟) 臼杵氏臼杵宗円(諱(実名)は長景) 臼杵鑑賡(長景の子臼杵宗勢(鑑賡の弟) 臼杵鑑定(鑑速の弟) 臼杵鎮定鑑定の子臼杵鎮良(初名:鑑良、鑑定の弟) 臼杵鎮長(鎮良の子臼杵鎮信(鎮良の子臼杵鎮賡(別名: 鎮慶、法名:紹冊、鎮良の弟) 臼杵鎮富 臼杵鎮氏(鎮賡の弟) 臼杵鎮順(鎮賡の弟、子に鎮尚) 臼杵鎮道(鑑泰の子臼杵鎮方(鑑親の子内空閑氏内空閑鎮資(内空閑氏第8代当主内空閑鎮房(鎮資の養嗣子隈部親永の子第9代当主。別名:正利。) 内空閑鎮照(鎮資の実子、鎮房を養子迎えた後に誕生豊前宇都宮氏城井鎮房 城井鎮兼(鎮房の遠戚。父は直豊。) 佐田鎮綱 佐田鎮治(鎮綱の父・隆居の従弟佐田鎮宗(鎮治の子) 野仲鎮兼 広津鎮頼(宇都宮信房の弟・廣澤直房の末裔とされる。) 広津鎮種 (別名、鎮次。鎮頼の子。) 吉富鎮隆(宇都宮冬綱の子吉富房政の末裔吉富鎮延(鎮隆の子瓜生貞延 瓜生勝忠(貞延の嫡男小川鎮房(鑑昌の嫡男か) 小田鎮光(少弐氏家臣・小田政光嫡男初め龍造寺隆信、のちに大友氏に通じた。) 豊後大神氏大神鎮正(深江城主、子に親長、鎮次、鎮勝、親直) 大神鎮次(鎮正の子) 大神鎮勝(深江城主、鎮正の子) 大神鎮氏(日出城主、鑑房の子大神鎮房(鎮氏の子) 大津留鎮益(鑑康の子か) 小田部鎮隆(松浦隼人佐鎮隆) 大津留鎮正(九郎鎮俊、上総介宗秋、相模守宗右京入道宗秀、法名:浄慶。小田部鎮隆の子小田部鎮元(俊之、民部少輔鑑湖、鎮通、鎮道、法名:紹叱。大津留正の次男祖父小田部鎮隆の養子。) 雄城鎮景 (大友親治期の家臣・雄城治景嫡男鎮治(別名:重治。佐渡守。鎮正の家臣。勢場ヶ原の戦いにおいて大神鎮氏とともに鹿鳴越城を守る。) 矢部鎮高 甲斐鎮昌(甲斐親直のはとこ・親昌の子鹿子木氏(菊池氏支配氏族鹿子木鎮国(鹿子木鑑員の子鹿子木鎮有(鹿子木鑑員の弟、親員(寂心)の孫) 蒲池氏筑後宇都宮氏筑後十五城一つ。)下蒲池蒲池宗雪(諱(実名)は鑑盛。) 蒲池鎮久(鑑盛の長庶子蒲池鎮漣(別名、鎮竝(鎮並)。鑑盛の次男嫡子。) 蒲池鎮安(鑑盛の三男、のち統安に改名。) 上蒲池蒲池鑑広 蒲池鎮運(鑑広の子蒲池鎮行(鑑広の子蒲池鎮種(鑑広の子名の表記は鎮胤とも、法名: 全融中野鎮光(鑑広の子。子の光元以降は柳河藩士として続く。) 大木氏・犬塚氏大木鎮堯(父は大木親照(ちかてる)、統光の父犬塚鎮家初名:盛家、少弐氏龍造寺氏の家臣。) 犬塚鎮盛(掃部助、鎮家の嫡男。別名:茂盛。) 犬塚鎮尚(鎮家の甥(兄・尚家の子)) 犬塚鎮直(鎮家のはとこ、父は鑑直、子に家広。) 河崎氏筑後十五城一つ。)河崎鎮堯(鎮則) 真玉鎮持(真玉第八当主真玉城主。父は治房。) 豊後清原氏恵良氏(以下5名の関係は不明恵良鎮盛 恵良常 恵良鎮恵良鎮連 恵良鎮実 長野ちょうの氏長野鎮種(父は言家) 長野鎮辰 帆足帆足鎮直(日出生城主帆足直の嫡男帆足鎮次(鑑直の次男。別名:正尚。) 帆足鎮永(一族、子に兼永。) 筑後草野氏(筑後十五城一つ。)草野鎮員(初名:鑑員) 草野鎮永(鎮員の子初名:家清。兄弟に永直。子の永広は鍋島勝茂仕えた。) 草野鎮永 (原田隆種(了栄)の子初名原田種吉肥前草野家草野永久養子となる。子に永純、原田信種。) 朽網氏朽網宗暦(諱(実名)は鑑康、入田義実・鎮氏の叔父。) 朽網鎮則(宗策)(鑑康の嫡男朽網鎮房(鎮則の弟) 久保泰 久保鎮氏(のち龍造寺隆信の家臣、鎮泰との関係は不明。) 隈部鎮治(隈部親永大叔父) 隈部鎮連(尾張守隈部親永遠戚。) 黒木氏(筑後十五城一つ。)黒木家永 黒木鎮連(黒木兵庫助系図に名前が見られないことから家永同一人物可能性が高い。) 小佐井鑑直 小佐井鎮直(二階崩れの変前に殺害された小佐井大和守と同一人物とされる五条氏(筑後十五城一つ。)五条鎮定(鑑量の嫡男初め鑑定。) 五条鎮量(鑑量の次男鎮定の弟) 豊後佐伯氏佐伯宗天(諱(実名)は惟教) 佐伯鎮忠(初名:惟忠、惟教の次男。) 賀来鎮綱初名:惟定。鑑保の子一説では弟)。由原八幡宮大宮司。姓は「加来」とも。) 上野鎮久(佐伯氏一族とされる(※上記の上野氏とは別系)) 斎藤鎮実 佐藤鎮真(鑑直の弟。豊後安禅寺砦主。子に長治。) 城島鎮時(石見守、大蔵丞城島氏第24当主初名:時次、法名:真慶。23備中守鑑数(時達)の子。) 鎮頼(大内氏家臣・杉隆泰嫡男千手宗元(美濃入道、諱は鑑元。) 副 鎮安(副但馬実名不詳の子高田鎮孝(美作守。高田城主。鑑将の子。子に伊賀守正孝。) 高山鎮実(豊後若宮大宮司。) 武宮鎮元 田尻氏 (筑後十五城一つ。)田尻鑑種 田尻鎮種(鑑種の弟) 田尻鎮岑(鑑種・鎮種の弟) 田尻鎮當(鑑種・鎮種・鎮岑の従兄弟、父は鑑乗) 田尻鎮高(鑑種の大叔父、治種の弟) 田尻鎮周(鎮高の弟) 田尻鎮乗(鎮周の子田尻鎮賢(鎮高・鎮周の弟) 田尻鎮貞(治種・鎮高・鎮周・鎮賢の叔父田尻鎮清(鎮貞の子、治種・鎮高・鎮周・鎮賢の従兄弟田尻鎮純(鎮貞の弟) 田尻鎮忠(鎮貞・鎮純の従兄弟、父は種任。) 田尻鎮守(鎮忠の子田尻鎮廣(鎮忠の叔父、種任の弟) 田尻鎮光(鎮廣の子、鎮貞・鎮純・鎮忠の従兄弟田尻鎮長(鎮光の弟) 田染鎮基 田染鎮富 種鎮安 種具生 田吹鎮景(鑑富の子か) 丹波氏筑後十五城一つ。)丹波鎮興(高良山座主。) 丹波良寛(鎮興の子。父の跡を継いで高良山座主。) 丹波麟圭 (鎮興の子。兄・良寛の跡を継いで高良山座主天正19年1591年)、毛利秀包謀殺される。) 筑紫鎮恒(筑紫惟門の子勝尾城主。) 角隈石宗大友義鑑・義鎮期の軍師鶴原実 時鎮継 (後に黒田氏家臣となる。) 利光宗魚(諱(実名)は鑑教。) 富来鎮久(富来氏十九当主。鑑忠の子朝鮮討死養子末弟・統長と甥の統尚がいる。) 富来鎮家(弁分佐渡守。鑑豊の孫、父は氏家。) 永弘富 成恒氏成恒鎮家(田嶋城主成恒清種の子成恒鎮種(一族。義鎮に仕える。) 成恒鎮直(一族越中守。のち杉重矩の家臣となり矩種に改名。) 西 鎮兼(通称: 左近西牟田氏筑後十五城一つ。)西牟田鎮豊(父は親氏。別名:家増。祖父播磨守親毎が大友義長仕えて以来代々大友氏臣従していたが、耳川の戦い大友氏弱体化したに伴い、鎮豊は龍造寺隆信麾下参じた。) 西牟田家周(鎮豊(家増)の弟。伊豆守。) 野上鎮清(野上兵庫狭間鎮秀大友氏一族服部右京亮実名不詳。義鑑の代からの家臣。反義派の態度取り続け、のちに一萬田鑑相とともに謀反起こして敗死。) 福島鎮充(但馬守) 古庄氏古庄鎮賢(波多江政宗の子古庄能登守(治重の弟)の養嗣子となる。) 古庄鎮行(丹波守) 小田原鎮郷 豊饒鎮連(美作兼松城主。姓は「ぶにょう」と読む。鑑述の子か。龍造寺氏家臣。) 星野氏筑後十五城一つ。)星野鎮実(初め重実星野鎮泰(初め鑑泰。鎮実の外孫養子実家蒲池氏蒲池鑑広の子とされる)。) 星野鎮虎(鎮泰の嫡男星野鎮胤(鎮泰の次男、別名:吉実) 星野鎮元(鎮泰の三男、別名:吉兼) 溝口氏筑後十五城一つ。)溝口鎮生(鑑資の子か。休松の戦い戦死)) 宗像氏宗像鎮氏(姓は麻生とも。宗像氏貞対立。) 宗像鎮続(石垣原の戦い戦死。) 元重鎮清 元重鎮頼(元重城主。鎮清の子耳川の戦い戦死。) 迫鎮富(館主耳川の戦い戦死。父は鑑根。子の三十郎親正は先だって戦死。) 問註所氏筑後十五城一つ。)問註所鎮連(問註所氏宗家当主、統景の父) 問註所鎮次(鎮連の弟) 問註所鎮堅(鎮連の弟、町野左馬進) 問註所鎮春(鎮連の子、統景の弟、鎮堅の養子問註所鎮昌(鎮連の叔父鑑定の子問註所鎮常(鎮昌の弟) 問註所鎮在(鎮連のはとこ、父は鑑成) 吉松鎮俊 若林鎮興 渡辺鎮(読みは「しげし」か。渡辺氏一族真那井渡辺氏人物。)

※この「家臣(国衆・臣従者・陪臣)」の解説は、「大友義鎮」の解説の一部です。
「家臣(国衆・臣従者・陪臣)」を含む「大友義鎮」の記事については、「大友義鎮」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「家臣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

家臣

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:06 UTC 版)

名詞

かしん

  1. 家に仕える人。家来

類義語

翻訳


「家臣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



家臣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

家臣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



家臣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家臣団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大友義鎮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの家臣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS