兵衛とは? わかりやすく解説

ひょう‐え〔ヒヤウヱ〕【兵衛】

読み方:ひょうえ

兵衛府四等官(しとうかん)以外の武官宮門守備行幸供奉(ぐぶ)などにあたった

兵衛府」の略。


兵衛

読み方:ヒョウエ(hyoue)

古代律令制兵衛府兵士

別名 つわもののとねり


兵衛

読み方:ヒョウエ(hyoue)

所在 東京都八王子市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 04:49 UTC 版)

兵衛(ひょうえ)は東京都八王子市の地名。現行行政町名で兵衛一丁目と兵衛二丁目が設置されている。住居表示実施済み区域[1]郵便番号は192-0918(八王子南郵便局管区)[3]


  1. ^ a b 八王子市の町名と面積一覧(住居表示実施状況)”. 八王子市 (2016年6月29日). 2018年1月15日閲覧。
  2. ^ a b 住民基本台帳 町丁別世帯数及び人口”. 八王子市 (2018年1月15日). 2018年1月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ 住居表示 旧新住所対照表|八王子市 2014年1月1日閲覧。
  6. ^ 通学区域一覧・通学区域図(町名別)”. 八王子市 (2016年6月29日). 2018年1月15日閲覧。


「兵衛」の続きの解説一覧

兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/10 07:16 UTC 版)

兵衛府」の記事における「兵衛」の解説

左右400名。六位以下八位以上の嫡子21歳以上の者及び諸国郡司の子弟で弓馬巧みな者を国司推薦して選抜した大同3年808年)には左右300名に、更に寛平3年891年)に左右200名に削減した

※この「兵衛」の解説は、「兵衛府」の解説の一部です。
「兵衛」を含む「兵衛府」の記事については、「兵衛府」の概要を参照ください。


兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 01:49 UTC 版)

伊賀の影丸」の記事における「兵衛」の解説

影丸への援軍第2陣口の中に大量の含み針を含んで攻撃する若葉に向かう際、水中半助によって倒される。死ぬ間際彦三に「にごった気をつけろ」と言い残し半助攻略ヒント残した

※この「兵衛」の解説は、「伊賀の影丸」の解説の一部です。
「兵衛」を含む「伊賀の影丸」の記事については、「伊賀の影丸」の概要を参照ください。


兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 01:49 UTC 版)

伊賀の影丸」の記事における「兵衛」の解説

公儀隠密一人。4人の浪人をまったく相手にしない程度腕前はあるが、その後戦い描写もないまま敵に倒される若葉城の巻にも同名公儀隠密忍者登場した別人である。

※この「兵衛」の解説は、「伊賀の影丸」の解説の一部です。
「兵衛」を含む「伊賀の影丸」の記事については、「伊賀の影丸」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「兵衛」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「兵衛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

兵衛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兵衛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兵衛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの兵衛府 (改訂履歴)、伊賀の影丸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS