花王とは?

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


か おう くわわう 【花王】

花の王の意〕
牡丹ぼたん)。 〔日葡


花王

作者伊豆海光

収載図書海の結晶
出版社文芸社
刊行年月2008.6


花王

読み方:ハナノオウ(hananoou)

サクラ別称
バラ科サクラ属落葉高木総称


花王


花王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 15:04 UTC 版)

花王株式会社(かおう、英語Kao Corporation)は、東京都中央区日本橋茅場町に本社を置く大手化学メーカーである。洗剤トイレタリーで国内では1位、化粧品は2位。世界では化粧品・トイレタリー企業のシェアランキング7位。化粧品メーカーのカネボウ化粧品は100%子会社。原料からの一貫生産と物流・販売システムに強みがあり、国内外に多くの工場や販売拠点をもっている。




  1. ^ a b c d e f g 花王>投資家情報>決算短信>平成27年12月期
  2. ^ 花王>会社概要>従業員数>連結対象会社合計
  3. ^ 花王石鹸株式会社資料室 1971, p. 16.
  4. ^ “紙おむつ工場完成 69人雇用予定 花王酒田”. 河北新報. (2014年4月2日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201404/20140403_52027.html 2014年4月28日閲覧。 
  5. ^ “花王、山形県に紙おむつ工場 12年ぶり国内新設”. 日本経済新聞. (2013年6月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD240PC_U3A620C1TJ1000/ 2014年2月27日閲覧。 
  6. ^ 花王 エコロジーを経営の根幹に据え、新CI(コーポレート・アイデンティティ)と環境宣言を発表 花王 ニュースリリース 2009年6月17日閲覧。
  7. ^ 但し、漢字圏以外で以前から使われていた「kao」ロゴと異なり斜体ではない。中国では先にCIは変更され、2010年9月から「kao」ロゴに変更された。
  8. ^ 本製品の裏表紙(成分表記)やダンボール梱包品では従来どおり「花王株式会社」も併記されている。
  9. ^ 何に使う製品かわかりやすいように、容器の前面に用途名を入れるようにしました。 - 花王株式会社 最近の事例のご紹介 お客様のご意見をよきモノづくりに活かして(2012年2月8日閲覧)
  10. ^ 花王の月のマーク/花王キッズ なまえとマークより。1948年までのマークはマイナーチェンジを繰り返していた。
  11. ^ 「全力教室」「ワンダフルライフ」は番組前半部のみ1社提供で、後半パートはKao以外の企業が提供していた(まれにKaoは表示自粛のPT扱いでCMのみを提供したこともある)。
  12. ^ 作品の性質上筆頭協賛社であっても表示を取りやめる場合がある
  13. ^ 2011年3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)発生においては、当時の世相を反映しコマーシャルの放送・提供クレジットの表示を自粛していたが、3月26日からコマーシャルの放送を、5月6日から提供の表示を再開した。さらに、日本テレビでは2007年5月17日におきた愛知長久手町立てこもり発砲事件の影響で一部を除きすべての提供番組の提供クレジットを表示しなくなった、2014年1月期に放送された『明日、ママがいない』の番組内容の問題上の関係で、同番組以外でもCMの提供そのものも中止された。スポーツニッポン2014年1月22日付け(23日閲覧)
  14. ^ 初期はカラー表示のみ 第1回・最終回などの延長放送の時にも、その延長分に30秒協賛(この場合は月マークが小さくなる場合がある)を加える場合がある
  15. ^ a b c d e f 60秒提供の時代もスポンサーの都合により90秒、またはそれ以上の時間を提供する場合もあった。なお、改編期の特番は、ごく稀に非提供
  16. ^ 2013年9月までは90秒筆頭で、日によっては、生コマーシャルがなされることもある 8:30過ぎの段階ではキャッチコピーのアナウンスがあり、提供切り替えの9:15前後ではキャッチコピーのアナウンスが省略されていたが、2013年より提供切り替え時でもキャッチコピーのアナウンスがされるようになっていた。2013年10月以降、火曜と水曜のみ120秒に拡大した
  17. ^ ただし、改編期の特番は、一社提供時代は筆頭提供または非提供。複数社提供以降も、非提供の場合あり。
  18. ^ 番組開始当初から2005年12月、2006年4月〜2008年3月、2009年4月〜6月は90秒以上の筆頭、2006年1月〜3月、2008年4月7日〜2009年3月30日、2009年7月13日〜2013年1月、2013年4月〜6月、2013年10月以降は60秒筆頭で、クレジットは2006年1月〜3月期以外は☆。2013年2月〜3月までと、2013年7月〜9月は30秒各社に縮小となるなど時期によって異なる。
  19. ^ 2005年10月より2010年3月まで、NIVEA提供扱いであったが、まれに花王本体のCMも放送されていた。<2006年10月-12月の「14才の母」のみ花王本体の協賛>2010年4月以後は花王本体が協賛(これ以後2013年9月までと2016年4月以降は☆、カラー・薄い白絨毯)するようになった。但し60秒提供の時でも、他のスポンサーの一部は週・月単位での入れ替わりがある(そのドラマに出演する俳優・女優・モデルを務める企業が臨時にスポンサーに入るなど。2011年10月-12月は3ヶ月を通して90秒に拡大していた。)ためにその埋め合わせで90秒の提供=フレーズ読みありとなる場合があった。ネットセールス枠の時間帯が短縮されたのに伴い2013年10月から2016年3月までは30秒に縮小した。また作品によってはクレジットを自粛する場合もある。
  20. ^ 木曜20時枠への提供は実質的にくりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!以来<モクスペ!にも提供していたが、クレジットは自粛>
  21. ^ 1972年(水曜ロードショー放送開始時)からスポンサーを務め、現在に至る同番組伝統の最も代表的な協賛スポンサー。また大作および特別企画で「特別ロードショー」として土曜日にも放送される場合も提供有り。
  22. ^ 2014年7月〜9月は30秒各社に縮小していた。
  23. ^ 福井放送沖縄テレビ(遅れネット)でも放送。作品により、提供クレジットのみを自粛する場合有り。2005年3月までは90秒以上の筆頭協賛スポンサーだった。
  24. ^ ただし、本番組休止時のスペシャル番組については番組により若草色のカラー表示でクレジット表記をすることもあった。
  25. ^ 前身のドラマ枠の名残で90秒提供の時代もあった
  26. ^ ただし、ニベア花王ソフィーナのCMは流れない。
  27. ^ 2007年4月〜2008年9月までは90秒だった。同枠でK-1を放送する回は別スポンサーに差し替え。2018年10月から「月曜9時ドラマ」と同様に若草色のカラー表示。
  28. ^ 現在花王を含めて前後半それぞれ30秒ずつのスポンサーの入れ替え制になっているが、花王は全体の筆頭扱いで提供している
  29. ^ FBC(遅れネット)でも放送。新規から1年間は30秒で提クレ自粛。2009年1月-3月は一時降板。その後若草色のカラー表示開始。2013年1月期は30秒スポンサー(月マークは小さ目)に降格したほか、作品時期により90秒提供の時もあった
  30. ^ 但し、水曜分は曜日パーソナリティー・山口達也の無免許発覚で9月まで非表示だった。
  31. ^ 但し、2012年3月9日放送分は、前半提供の一部企業とともにPT扱いとなった。
  32. ^ 一時期はPT協賛をしていた時期もあり。
  33. ^ 当初は30秒のみだったが、2016年9月から12月は基本60秒(☆)、10月には週によって90秒提供の回もあったが、この時も提供読みはフレーズを省略した60秒扱いが多かった。2017年1月から再び30秒に戻っている
  34. ^ この提供枠は2013年3月まで長らくグループ会社のKaneboが60秒の筆頭スポンサーとなっていたが、同年4月2日放送分から60秒筆頭スポンサーを継承。これによって、当該日は8時台の「とくダネ!」と合わせて朝のワイド番組に連続提供することになる。また、当社提供に移行後もカネボウ化粧品を提供することがあった為、当社提供枠で初めてカネボウ化粧品をグループ会社扱いで提供することとなった。なお、当社・ニベア花王・Kaneboの割当比率は日によって異なり、グループ会社2社で提供枠を折半して当社が提供しない場合や60秒全てをニベア花王に割り当てる場合があった。
  35. ^ 2013年9月まで全編花王1社協賛。同10月から番組の中盤までを1社協賛とし(2013年12月までは4分30秒、2014年1月からは3分30秒)番組後半部分を花王を除いた複数スポンサーの提供とした。
  36. ^ 「全力教室」と同様に前半部を1社協賛、後半は花王以外の複数スポンサーが提供
  37. ^ ハテナTV なぜコマーシャルを生で放送するんだろう? 2015.06.27(土) 新・週刊フジテレビ批評
  38. ^ 週替わりで前クレジット、後クレジットのいずれか(拡大放送である場合は前後ともになる場合もある)で、キャッチコピーをアナウンスする。それ以前からも開局記念特別番組や2夜連続ドラマスペシャルなどで提供する場合には月マークを大きめに表示していたことがあった。当初から1998年9月までは提クレ自粛 2012年10月から60秒スポンサーでなおかつ表示の月マークも小さ目でありながら、前提供クレジットのところでキャッチコピーをアナウンスしていた。
  39. ^ 2017年4月23日より日曜20:54-21:54枠が「サンデーステーション」スタートに伴い。(2017年1月4日テレビ朝日社長の年頭会見で発表。同年3月の2017年4月番組改編説明会で改めて発表。)
  40. ^ 2017年3月26日までは1分。2017年4月2日・9日はそれぞれ30秒ずつ。
  41. ^ 後継番組の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(2017年4月改編で月曜20時より移動日曜21:58-23:05)にも30秒提供された。
  42. ^ 2010年10月-2012年3月と2013年10月-2014年3月は90秒。2012年4月-2013年9月まで、2014年4月以後は基本1分だが、週替わりスポンサーの都合で1分30秒以上になる日もある
  43. ^ 但し4月2日のみPT扱いだった。
  44. ^ 1995年9月まで放送されていた一連のワイドショーでは、ライバル会社のライオンが提供していた。これによりフジ系は朝・昼の情報ワイド番組それぞれに一部分だが花王が筆頭提供を行っていることになる。
  45. ^ スポンサー契約上は2016年10月から22時台(花王非関与の火曜ドラマ枠と入れ替え)に移り、「有吉弘行のダレトク?!」の60秒協賛に移行
  46. ^ ココリコミラクルタイプ』のみの編成になる場合は表示されることもあった。
  47. ^ 水曜21時時代は2009年4月〜2010年3月は30秒でクレジットなし、2010年4月〜9月は60秒だった。2010年10月より前述の通り時間枠移動のため、スポンサー枠が90秒に拡大された
  48. ^ 開始当初から隔週で前半・後半入れ替えで、どちらか一方のパートのみ60秒スポンサーだったが、2013年10月以後は12月を除き現行のパート入れ替えになった。但し週によっては、他スポンサーの穴埋めや、ほかの花王協賛番組が休止になる場合の補てんの都合で60秒パートで90秒、30秒パートで60秒の臨時拡大する場合や、30秒パートでクレジットを自粛する場合もあるが、これらの場合でもスポンサークレジットは何れも60秒以下と同じ扱い、かつ月マーク小さ目(60秒では提供読みはあるが、キャッチコピーのアナウンスなし。週によっては☆。30秒はご覧のスポンサー扱い)。
  49. ^ それまではKanebo(子会社)提供だったのを親会社が継承 この枠は基から同業のP&Gが60-90秒の筆頭協賛をしている。2014年10月度の放送では週替わりスポンサーの関係で週によって60秒の事実上筆頭提供となっている日もあるが、提クレは自粛している
  50. ^ 週によっては1社提供扱いで表示されるも、実際にはパーティシペーションとの複数スポンサーだった。クロスネットを除く。
  51. ^ 基本1分提供で隔週前後半入れ替え。ただしもう一方のパートで30秒PT<スポンサー表示なし>で提供する週(前後半併せて90秒)となる場合もある
  52. ^ 但し、「買うシリーズ」、「男斬りジャンケン」放送時はクレジット自粛
  53. ^ 提供開始初期の頃CMの都合上で「ヘルシア」または「サクセス」以外の製品CMを流す場合提クレ自粛でCMを流していた。
  54. ^ 週によって1分提供することもあるが、1分提供であった場合でもクレジット自粛
  55. ^ このことが後述の抗議デモの発端にもなっている。
  56. ^ ハイター・プロが語る清潔対策
  57. ^ “【速報】フジテレビの偏向報道に反対するデモ、スポンサー『花王』にも及ぶ”. ガジェット通信. http://getnews.jp/archives/141594 
  58. ^ 花王株式会社「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」の参加企業に - 花王株式会社 ニュースリリース 2015年3月31日(2015年7月2日閲覧)
  59. ^ 花王株式会社「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」の協賛開始 - 花王株式会社 ニュースリリース 2015年7月1日(2015年7月2日閲覧)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「花王」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • CFDを始めるための最低資金は

    CFDを始めるための最低資金は、商品を購入する際に支払う必要証拠金額になります。必要証拠金額は、商品の価格はもとより、レバレッジや取引単位、為替レートなどにより大きく変わります。例えば、日経平均株価(...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花王」の関連用語




4
牡丹 国語辞典
56% |||||

5
国色 国語辞典
56% |||||

6
深見草 国語辞典
56% |||||

7
名取草 国語辞典
56% |||||

8
芍薬 国語辞典
56% |||||



花王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの花王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS