古村比呂とは?

古村比呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 03:38 UTC 版)

古村 比呂(こむら ひろ、1965年11月24日[1] - )は、日本女優




  1. ^ a b 成長する母、古村比呂を直撃! 離婚を経て復帰”. zakzak (2009年9月10日). 2016年9月14日閲覧。
  2. ^ a b c 公式プロフィール”. 2014年5月5日閲覧。
  3. ^ 布施博&古村比呂 2年前から別居中”. スポーツニッポン (2008年4月3日). 2017年3月15日閲覧。
  4. ^ 札幌啓成高等学校パンフレット
  5. ^ 黒柳徹子の実母・黒柳朝の自伝をモチーフにしたドラマ。
  6. ^ [女優 古村比呂さん]子宮頸がん(1)ついでの検診でひっかかる”. ヨミドクター. 読売新聞 (2012年7月12日). 2018年2月3日閲覧。
  7. ^ a b [女優 古村比呂さん]子宮頸がん(3)大がかりな追加手術”. ヨミドクター. 読売新聞 (2012年7月26日). 2018年2月3日閲覧。
  8. ^ “古村比呂 がん克服後にリンパ浮腫…8時間の大手術受け快方へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年5月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/27/kiji/K20160527012668780.html 2018年2月3日閲覧。 
  9. ^ 【リンパ浮腫】古村比呂の足を病院で最新手術「がん闘病の後遺症にピリオドは打たれるのか!」”. CLIPPY (2016年5月27日). 2018年2月3日閲覧。
  10. ^ “古村比呂、子宮頸がん再発も寛解 闘病支えた息子たちの意外な言葉”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/27/kiji/20171027s00041000331000c.html 2018年2月3日閲覧。 
  11. ^ “古村比呂、子宮頸がん再発を告白…抗がん剤治療受け「トットちゃん!」出演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年9月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170926-OHT1T50097.html 2018年2月3日閲覧。 
  12. ^ “古村比呂 がん再々発を告白 昨年11月「肺とリンパ節に」 1月から抗がん剤治療”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/04/kiji/20180204s00041000160000c.html 2018年2月3日閲覧。 
  13. ^ “がん闘病中の古村比呂が舞台降板…治療延期のため出演不可能に”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年6月30日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180630-OHT1T50219.html 2018年7月1日閲覧。 
  14. ^ 古村比呂、抗がん剤治療休止を明かす 再々発は「選択肢も狭まるが、どこか光が見えてくる」
  15. ^ “黒柳徹子の半生が“帯ドラマ”に 『トットちゃん』松下奈緒、山本耕史ら出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2092113/full/ 2017年6月9日閲覧。 


「古村比呂」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古村比呂」の関連用語

古村比呂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



古村比呂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古村比呂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS