あいはら友子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 俳優・女優 > 日本の芸能人 > あいはら友子の意味・解説 

あいはら 友子

あいはら友子の画像 あいはら友子の画像
芸名あいはら 友子
芸名フリガナあいはら ともこ
性別女性
生年月日1954/7/14
星座かに座
干支午年
血液型B
出身兵庫県
身長158 cm
URLhttp://www.aiharatomoko.net/profile.html
ブログURLhttp://ameblo.jp/aiharatomoko/
デビュー年1978
プロフィール小学3年生時の交通事故きっかけ学業・運動すべての分野において才能が開く。関西学院大学在学中にアーチェリー全日本第3位モントリオール五輪強化メンバーとなる。1978年NHK朝の連続テレビ小説わたしは海」』のヒロインでデビュー。その後女優として、TV、映画、舞台などで活躍1980年代後半からのバブル時代天性とも言える経済感覚一時期"財テク女優"と呼ばれ、キャスターとしても活躍講演・執筆など活動の幅を広げる著書多数出版される。1998年より、好きだった絵画赤富士中心とした「富士シリーズ」で全国デパート絵画個展開催いずれも大盛況となる。
デビュー作NHK朝の連続テレビ小説わたしは海」』ヒロイン
代表作品1年2007
代表作品1TBSふくまる旅館
代表作品2年2005
代表作品2TBSドラゴン桜
代表作品3ラジオNIKKEI個人投資家応援ラジオファイナンシャルBOX あいはら友子の株式バトルトーク』キャスター
職種タレント俳優女優/文化人
資格・免許厚生労働省認可心理相談員中央労働災害防止協会心理相談員)/日本テクニカルアナリスト協会 公認テクニカルアナリスト/高野山真言宗僧籍
趣味・特技アーチェリー

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
兵庫県出身のタレント  SAKURA  村上愛  山本優奏  あいはら友子  相武紗季  井上麻美

あいはら友子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/17 05:13 UTC 版)

あいはら 友子(あいはら ともこ、1954年7月14日[1][2][3][4][5] - )は、日本女優[6]株式評論家[3]画家[6]日本テクニカルアナリスト協会公認テクニカルアナリスト[6]高野山真言宗僧籍・高野山宝亀福寿会理事[6]。本名、高木 かよ子[1][2][3][4](旧姓名、原 かよ子[4][5][7])。旧芸名、原田 真弓(はらだ まゆみ)[5]相原 友子(あいはら ともこ)[3][4][7]




  1. ^ a b c d 日本タレント名鑑2004』 VIPタイムズ社、2004年、412頁。ISBN 978-4990124229
  2. ^ a b c 『TVスター名鑑2005』 東京ニュース通信社2004年、4頁。ISBN 978-4924566354
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『テレビ・タレント人名事典』第6版、日外アソシエーツ、2004年6月、7頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『日本映画人名事典』女優編<上巻>、キネマ旬報社1995年、22頁。ISBN 4873761409
  5. ^ a b c d e f g 『日本タレント名鑑'77』 VIPタイムズ社、1977年、288頁。
  6. ^ a b c d e f g h プロフィール”. AIHARA TOMOKO. 2015年7月16日閲覧。
  7. ^ a b 『日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、247頁。
  8. ^ あいはら友子”. あいはら友子事務所. ナロー. 2018年9月17日閲覧。


「あいはら友子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あいはら友子」の関連用語

あいはら友子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あいはら友子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあいはら友子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS