1978とは? わかりやすく解説

1978

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 10:15 UTC 版)

サーティース・TS19」の記事における「1978」の解説

1978年シーズンサーティースブランビラ残留させたが、もう1人ビンダー代わってイギリス人ドライバールパート・キーガン起用された。開幕戦アルゼンチンGPブランビラ18位となり、キーガンオーバーヒートのためリタイアとなったブラジルGPではブランビラ予選落ちし、キーガンアクシデントのためリタイアとなった南アフリカGPではブランビラ12位、キーガンエンジントラブルのためリタイアとなったアメリカ西GPブランビラトランスミッショントラブルリタイアしキーガン予選22となったものの、プラクティスでの事故のためスタートできなかった。モナコGPブランビラ新型のTS20をドライブしたが、1台しか完成していなかったためキーガンはTS19を引き続いて使用しトランスミッショントラブルリタイアとなったベルギーGPでもキーガンはTS19を使用予選落ちした。TS19はこれが最後のレースとなり、次戦からは2台のTS20が投入された。チームこの年、TS20で1ポイントしか獲得できなかった。シーズン終了後、チーム資金十分に集めることができず、1979年マシン完成していたにも関わらず翌年参戦はできなかった。チームその後オーロラシリーズ(旧F5000 )で数戦戦った後、解散した

※この「1978」の解説は、「サーティース・TS19」の解説の一部です。
「1978」を含む「サーティース・TS19」の記事については、「サーティース・TS19」の概要を参照ください。


1978

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 02:56 UTC 版)

スラッシャー映画」の記事における「1978」の解説

悪魔のいけにえ』 (1974)と『サランドラ』 (1977)のドライブイン成功乗じた『The Toolbox Murders』は、迅速かつ安価に撮影されたが以前映画のような関心惹くことはなかった。エクスプロイテーション映画である『ダークライド/連続ヒッチハイカー殺人事件』は サンフランシスコ舞台にした連続殺人犯物語で、同作テッド・バンディゾディアック事件犯人からインスピレーション得たとされている。『ハロウィン』の10月公開先立つ8月ジャッロ触発された『アイズ』(脚本原案ジョン・カーペンター)、9月に『babysitter in peri』とテレビ映画『ハイスクール・レイプ (Are You in the House Alone?)』が公開され、『アイズ』は700ドル予算に対して2000ドル収益上げたフランスヌーヴェルヴァーグの『顔のない眼』(1960)、SFスリラー『ウエストワールド』1973)、『暗闇にベルが鳴る』(1974)の影響を受けたハロウィン』は、シリアアメリカ人プロデューサームスタファ・アッカドから提供され30ドル制作予算を元にカーペンター監督作曲行い脚本当時ガールフレンドでプロデュースパートナーのデブラ・ヒル共同で執筆したコスト最小限抑えるため、撮影場所削減され短期間で撮影された。ジャネット・リーの娘ジェイミー・リー・カーティスヒロインのローリー・ストロードに起用されベテラン俳優のドナルド・プリースは『サイコ』でジョン・ギャヴィン演じた人物オマージュであるサム・ルーミス博士起用された。『ハロウィン』のオープニングは、姉を殺す6歳の弟の視点から描かれている。これは『ミッドナイトクロス』(1981)や『ファンハウス/惨劇の館』(1981)などの多くの映画模倣されシーンである。カーペンター処女の「ファイナル・ガール」を有利にするためにセックス積極的な十代若者たち犠牲者にする脚本執筆拒否しているが、その後映画製作者は「セックス=死」の標語と思われるものをコピーした譜面なしで『ハロウィン』の初期カット見せたとき、すべての主要なアメリカの映画スタジオ同作配給することを拒否し、ある役員怖くなかった述べている。カーペンター自分で音楽制作し映画アッカドのコンパス・インターナショナル・ピクチャーズを通じて1978年10月カンザス市の4ヶ所劇場で上映された。口コミで映画予想外の大ヒットとなり1978年11月シカゴ映画祭の上映作品に選定され、そこで国内主な批評家本作絶賛した。『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』(1990)に記録更新されるまで、同作世界7000ドル以上の収益上げ北米2000万枚以上のチケット売れたことで最も収益性の高いインディペンデント映画となっていた。

※この「1978」の解説は、「スラッシャー映画」の解説の一部です。
「1978」を含む「スラッシャー映画」の記事については、「スラッシャー映画」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1978」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1978のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1978のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサーティース・TS19 (改訂履歴)、スラッシャー映画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS