標語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 語句 > 標語の意味・解説 

ひょう‐ご〔ヘウ‐〕【標語】


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 20:15 UTC 版)

標語(ひょうご)は、ある集団行動判断における基準規範指針理念を、簡潔に表した文章言葉である。




「標語」の続きの解説一覧

標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:09 UTC 版)

パリ」の記事における「標語」の解説

パリ市の標語は「たゆたえども沈まずラテン語: Fluctuat nec mergitur, フランス語: il est battu par les flots mais ne sombre pas) であり、これはパリ紋章下部書かれている。もともと水運中心地だったパリで水上商人組合船乗り言葉だったが、やがて戦乱革命など歴史荒波生き抜いてきたパリ市民象徴となっていった。この標語は特に2015年パリ同時多発テロ事件直後パリ街角多数掲げられた。

※この「標語」の解説は、「パリ」の解説の一部です。
「標語」を含む「パリ」の記事については、「パリ」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:19 UTC 版)

避難訓練」の記事における「標語」の解説

学校で避難時の心構えをまとめた標語が作られており、「おかしも」などといった標語を用いて慎重な行動をするように促している。ちなみにおかしもは「押さない駆けない、喋らない戻らない」の頭文字をとったものであるこれらの標語は地域教え学校によって一部差異があるが(「駆けない」の代わりに走らない」が入ったおはしも」、「近寄らない」を加えたおかしもち」など)、基本的に焦らず冷静に行動判断促すよう教えている

※この「標語」の解説は、「避難訓練」の解説の一部です。
「標語」を含む「避難訓練」の記事については、「避難訓練」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:44 UTC 版)

マクドナルド」の記事における「標語」の解説

マクドナルド2003年から全世界開始した広告で「i'm lovin' it」(私のお気に入り)を統一標語としている。 詳細は「i'm lovin' itを参照

※この「標語」の解説は、「マクドナルド」の解説の一部です。
「標語」を含む「マクドナルド」の記事については、「マクドナルド」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 16:18 UTC 版)

天地日報」の記事における「標語」の解説

天地日報は以下の標語を掲げている。 意識覚醒させる政論和合共存の礎 創造的グリーンメディア 文化強国指向

※この「標語」の解説は、「天地日報」の解説の一部です。
「標語」を含む「天地日報」の記事については、「天地日報」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 17:29 UTC 版)

幻の名盤解放同盟」の記事における「標語」の解説

一般論道徳倫理などにとらわれることなく人間の「生」の現われである「歌」を底辺から集めいい顔といい歌を既存あらゆる倫理道徳価値体系から解放せんとする曰く平等に聴く耳を持て音楽貴賎はない。同情同調もいらぬ」。[要出典]

※この「標語」の解説は、「幻の名盤解放同盟」の解説の一部です。
「標語」を含む「幻の名盤解放同盟」の記事については、「幻の名盤解放同盟」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 01:54 UTC 版)

タミータイム」の記事における「標語」の解説

上記の沿革を踏まえ次のような標語がある。 眠るときはあお向けに、遊ぶときはうつ伏せに — Back to Sleep, Tummy to Play - healthychildren.org

※この「標語」の解説は、「タミータイム」の解説の一部です。
「標語」を含む「タミータイム」の記事については、「タミータイム」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 01:47 UTC 版)

マゲラン」の記事における「標語」の解説

マゲランの標語はハラパン (希望) である。この語はインドネシア語の「暮らし」「安全」「きちんとした」「緑」「快適」から取ったアクロニムでもある

※この「標語」の解説は、「マゲラン」の解説の一部です。
「標語」を含む「マゲラン」の記事については、「マゲラン」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 15:18 UTC 版)

郵便貯金切手」の記事における「標語」の解説

切手貼り付けるには、以下のような貯金奨励する標語が印刷されている(空白実際には改行歴史的仮名遣いなどはそのまま表記)。 一忠孝 三貯金 小さな貯へ 大きな貯金で 身が伸び 國が伸び 克く緊め 克く貯め 克く學べ 貯金報國 我等の つとめ (10銭切手が刷り込まれていない台紙のみ表記

※この「標語」の解説は、「郵便貯金切手」の解説の一部です。
「標語」を含む「郵便貯金切手」の記事については、「郵便貯金切手」の概要を参照ください。


標語(スローガン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 03:25 UTC 版)

長野県須坂高等学校」の記事における「標語(スローガン)」の解説

「熱、意気ガリ」 『臥薪嘗胆』を念頭に初代校長作成したとされる

※この「標語(スローガン)」の解説は、「長野県須坂高等学校」の解説の一部です。
「標語(スローガン)」を含む「長野県須坂高等学校」の記事については、「長野県須坂高等学校」の概要を参照ください。


標語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 19:00 UTC 版)

アニコム ホールディングス」の記事における「標語」の解説

少なくとも2007年平成19年)頃にネット上初登場しており現在では主に2つディスクロージャー誌(『アニコム ホールディングス現状』・『アニコム損害保険現状』)および『家庭どうぶつ白書の中で使われてきている。 現在に至るまでに、以下に挙げる2つの標語がつくり出さてきている。 ペットはいません。家族ならいますが。2007年~2014年ペット共済どうぶつ健保時代末期損害保険業免許下りた年にあたる2007年平成19年)の初旬頃に当時公式Webサイト上に登場アニコム損保によるペット保険事業開始経て2013年平成25年7月発行されたディスクロージャー誌2誌と2014年平成26年7月発刊の『家庭どうぶつ白書2014』まで使用されていた。 アニコム側では、この標語の中に登場するペット」という語句について、支配者としての飼い主被支配者としての動物という基本構造窺わせるニュアンスがある──と説明する一方で動物行動学者マイケル・W・フォックス自著の中で提唱したことがきっかけとなってコンパニオンアニマル伴侶動物)」として接するという考え方生まれてきており、この言葉には「家族」という意味合い包含する──とも説明している当該標語が公式に使用されていた当時アニコムオフィス内では、朝礼時間に於いて一般的な挨拶などと共に当該標語も全社員唱和していたほか、2010年頃まで発行されていた保険契約者向け『ご契約のしおりに於いても「アニコム損保のフィロソフィ」としてこの標語を掲げていた。 きみが、心の発電所。2014年~) 2014年平成26年7月発行されたディスクロージャー誌2誌と2016年平成28年7月発刊の『家庭どうぶつ白書2016以降使用されてきている《2015年平成27年7月発刊の『家庭どうぶつ白書2015誌上には標語は掲載されなかった》。 アニコムグループに飼い主から寄せられた声のうち、ペット暮らしてよかった点については「精神的な安らぎがある」・「家族会話増えた」・「生活が規則正しくなった」などといった声が、またペット家族だと感じ時については「帰宅したときに玄関でしっぽを振りながら迎えてくれるとき」・「自分の帰り楽しみにしてくれているとき」といった声がそれぞれ寄せられてきている。 こうしたことから人間ペット想い愛す一方ペット人間家族疲れ癒やす効果をもたらすと共に翌日に向けて活力を与える存在である──というふうに導出され、そのことを踏まえて当該用語が生み出されたと考えること出来る。 通常この標語は、「飼い主ハート象った電球動物」を描いたイラスト飼い主動物間に小さなハートマーク幾つもちりばめられている)と共に掲げられる前出ディスクロージャー誌2誌と『家庭どうぶつ白書』のほか、アニコム損保現行公式Webサイト内『アニコム想いページ内に前出イラストと共に掲載されている。 更に、当該標語に関連してグループ中核企業であるアニコム損保2015年平成27年暮れから2016年平成28年中頃にかけて心の発電力がアップした、かわいいわが子の『とっておきの一枚』」というテーマ設定にて「第2回どうぶつフォトコンテスト作品募集実施入賞作品2016年平成28年3月前半半月間借り切った山手線電車1編成車両内外に展示されていたが〔山手線ジャックADトレイン…アニコムトレイン)〕、この車内にも当該標語を前出イラスト付にて掲出していた。

※この「標語」の解説は、「アニコム ホールディングス」の解説の一部です。
「標語」を含む「アニコム ホールディングス」の記事については、「アニコム ホールディングス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「標語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

標語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 10:18 UTC 版)

名詞

ひょうご

  1. 主義運動目標などを簡潔表した短い語句

「標語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



標語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

標語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



標語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパリ (改訂履歴)、避難訓練 (改訂履歴)、マクドナルド (改訂履歴)、天地日報 (改訂履歴)、幻の名盤解放同盟 (改訂履歴)、タミータイム (改訂履歴)、マゲラン (改訂履歴)、郵便貯金切手 (改訂履歴)、長野県須坂高等学校 (改訂履歴)、アニコム ホールディングス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの標語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS