理念とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 理念の意味・解説 

り‐ねん【理念】

ある物事についての、こうあるべきだという根本考え。「憲法の理念を尊重する」

哲学で、純粋に理性によって立てられる超経験的な最高の理想的概念プラトンイデア由来イデー


り‐ねん【理念】

〔名〕 (ドイツ Idee訳語理性によって得られる最高の概念。ある物事あるべき最高のすがた。その事がどうあるべきかという根本的考えカント哲学では経験超越する概念、すなわち神・自由および不死をいう。イデアイデー

人格主義(1922)〈阿部次郎〉一「この理念は当然に将来の生活を指導する理想として吾々を動かして行かずにはゐられない」


理念

そのものの「理想とする概念」を理念という。
剣道の理念といえば剣道理想とする概念であり、目的とはいささか異なるものである目的とはその理念を体して打ち立てられる具体指標である。

イデア論

(理念 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 23:52 UTC 版)

イデア論(イデアろん、: theory of Forms, theory of Ideas, : Ideenlehre)は、プラトンが説いたイデア: ιδέα: idea)に関する学説のこと[1]。 本当にこの世に実在するのはイデアであって、我々が肉体的に感覚している対象や世界とはあくまでイデアの《似像》にすぎない、とする[1]


  1. ^ a b c d e 藤澤令夫「イデア」『世界大百科事典』、1988年。
  2. ^ 内山勝利「プラトン」『哲学の歴史 第1巻 哲学誕生【古代1】』内山勝利編、中央公論新社、2008年、464頁。
  3. ^ プラトン『パイドン――魂について』納富信留訳、光文社〈光文社古典新訳文庫〉 、2019年、201頁注347。
  4. ^ プラトン『饗宴/パイドン』朴一功訳、京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、2007年、297頁注1。
  5. ^ プラトン全集4 パルメニデス ピレボス』田中美知太郎訳、岩波書店、1975年、復刊2005年、27頁注27。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 今井知正「イデア」『哲学 ・ 思想 事典』、1998年。


「イデア論」の続きの解説一覧

理念

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:02 UTC 版)

名詞

(りねん)

  1. 物事がどうあるべきかという根本的考え方

発音

り↘ねん

翻訳




理念と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「理念」の関連用語

理念のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



理念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2021 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイデア論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの理念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS