理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > の意味・解説 

こと‐わり【理】

《「断り」と同語源》

【一】[名]

物事筋道条理道理。「彼の言葉は理にかなっている」「盛者(じょうしゃ)必衰の理」

わけ。理由

いみじう—言はせなどしてゆるして」〈能因本三一九〉

【二】形動ナリ当然であるさま。もっともであるさま。

「いかで都へとたより求めしも—なり」〈奥の細道


り【理】

[音](呉)(漢) [訓]おさめる きめ ことわり

学習漢字2年

玉石を磨いたときに現れる筋のある模様広く、筋の通った模様。「肌理(きり)・地理文理木理連理

物事に備わった筋道。「理性理想理非理由理論一理義理窮理原理合理事理条理情理心理真理生理定理道理背理物理・無理・倫理論理

きちんと筋道を立てる。「理会理解推理

きちんと整える。おさめる。「理事理髪理容管理経理受理修理・処理・審理整理総理代理調理料理

中国哲学で、宇宙根本。「理気

自然の理を研究する学問。「理科

物理」「理科」などの略。「理工理化学文理

名のり]あや・おさ・おさむ・さだむ・さとる・すけ・たか・ただ・ただし・ただす・とし・のり・まさ・まろ・みち・よし

難読肌理(きめ)


り【理】

物事筋道ことわり道理

不変法則原理理法。「自然の理」

論理的筋道理屈ものの道理。「理の通らぬ話」「理を尽くす」「盗人にも三分の理

中国宋代哲学で、宇宙根本原理。→理気


り【理】

〔名〕

物事筋道不変法則ことわり道理また、理屈

続日本紀和銅二年(709正月壬午国家政、兼済先、去虚就実、其理然矣」

幸若腰越室町末‐近世初)「理は万民悦び非わまた諸人の難ぎたり」〔易経繋辞上〕

理性

平家13C前)一「御心のたけさ、理のつよさ、さしもゆゆしき人にてましましけれども」

物の表面あらわれたこまかいあや。文理。きめ。〔韓非子‐解老〕

仏語真理としての普遍的なもの。また、現象背後にあって現象たらしめているもの。事(じ)に対する。

法華義疏7C前)一「然理則今昔異、只是一理

貞享沙石集(1283)一〇「教のに対して暫く実証の処を理といへる」

(5) 宋儒の説で、人倫を含む宇宙間の根本原理、あるいは存在理法

山鹿語類(1665)四一「人物の生は理同じうして気異なり」〔語孟字義上・天道〕

(6) 理科物理学などの略称。

一年有半(1901)〈中江兆民〉一「東京文部省にて、法理医文諸科に於て博士号を授かりし者三十許名」


り‐・す【理】

〔他サ変〕 おさめる。ととのえる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

正法眼蔵123153無情説法説法仏祖の理しきたるとのみ参学することなかれ仏祖説法に理せられきたるなり」


こと‐わり【断・理】

〔名〕 (動詞「ことわる(断)」の連用形名詞化

[一] (断)

① 事の理非判別すること。判断判定決断

源氏100114頃)帚木中将此のことはり聞きはてむと、心入れてあへしらひ居給へり」

理由事情予定などを説明すること。

(イ) わけを説明すること。

今昔1120頃か)四「仏師心清一塵不犯用ざりければ、裁(ことわ)り申に、仏二に別れ給へり」

(ロ) 前もって知らせること。予告通告

浮世草子世間胸算用(1692)三「㝡前(さいぜん)引合したる太皷もちは、盗人の請に立けるとて、町へきびしき断(コトハリ)」

(ハ) 届け出ること。届け出

浄瑠璃鑓の権三重帷子(1717)下「日数をふるは不調法と存、引返しただ今帰りがけすぐにことはり相済み、ちょっと立ながら両親にあはんため此仕合

申しわけを言うこと。

(イ) 申しわけ。言いわけ。

源氏100114頃)宿木いみじうことはりして聞ゆとも、いと著(しる)かるべきわざぞ」

(ロ) あやまること。謝罪わびごと。〔和訓栞(1777‐1862)〕

辞退したり、拒絶したりすること。また、そのことば。辞退

栄花(1028‐92頃)駒競行幸年頃風病、ことはり申して、まかりさりぬべかめり申し給ふ

[二] (理) 理非判断の意から、道理真理などの意に用いる。

① 人の力では、支配し動かすことのできない条理道理。物ごとのすじ道。

書紀720崇神一〇年九月北野南北朝期訓)「大神対へて曰はく、言理(コトハリ)灼然(いやちこ)なり」

平家13C前)一「祇園精舎の鐘の声諸行無常の響あり。娑羅(しゃら)双樹花の色盛者(じゃうしゃ)必衰のことはりをあらはす

② 理づめのことば。道理にかなったことば。

大唐西域記長寛元年点(1163)四「敢(かしこ)まりて大造(コトハリ)(〈別訓〉おほせごと)を承はぬ」

読本椿説弓張月(1807‐11)続「『聖断その意を得がたく候』と、理(コトワリ)を竭(つく)して諫(いさ)めしかば」

理由。わけ。よってきたるゆえん。また、理由などをあげてする弁明

能因本(10C終)三一九「申の時にぞ、いみじうことはり言はせなどしてゆるして」

仮名草子伊曾保物語(1639頃)中「わが悪口をいふにあらず。そのことはりをこそ述べ候へ

格式や、礼儀にかなっていること。礼儀

書紀720敏達元年六月前田本訓)「有司(つかさ)、礼(コトハリ)を以て収め葬る

(5)形動それなりの理由のあること。当然であること。また、そのさま。もっともであるさま。そのはず。あたりまえ。

*竹取(9C末‐10C初)「翁、理に思ふ、此国に見えぬ玉の枝なり」

源氏100114頃)須磨心細くあはれなる御有様を、この御蔭にかくれてものし給へば、おぼし歎きたるさまもいとことはりなり」

(6) ことわるまでもないこと。言うまでもないこと。もちろん。

(10C終)二六二「わが得たらんはことわり、人のもとなるさへにくくこそあれ

[語誌](1)成立については、動詞コトワル(断)の連用形名詞化とするのが一般であるが、「万葉集」や「竹取物語」などの中古前期和文資料には、動詞コトワルの例が見られず、中古中期の「源氏物語」などでも名詞形容動詞の例に比べ動詞の例はごくわずかであるところから、名詞コトワリ先に成立たとする説もある。
(2)(二)(5)形容動詞用法は、平安時代物語類に多く見られ話者が是非を言うときの決まり文句として「げにいとことわりなり」「ことわりなりや」などの形で使われることが多い。


読み方:コトワリ(kotowari)

物事筋道、またその理非判別すること。


り 【理】

中国哲学で、天や道などと並ぶ重要概念で、宇宙自然の理法をいう。天理道理。(理は本来、〈磨き出す〉意であり、そこから〈ととのえる〉〈すじ目をつける〉などの意が生まれ秩序の意に発展した)②仏教で、具体的な現象を起こさせている普遍的な根本原理をいう。絶対・平等の真理理法。それをよく観きわめる行を理観といい、それに立脚した教えを理教という。事の対。→ 事理

理!?

作者渡辺慎

収載図書ショートショートの広場 5
出版社講談社
刊行年月1994.3
シリーズ名講談社文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 17:52 UTC 版)

(り、Lĭ)とは、中国哲学の概念。本来、理は文字自身から、璞(あらたま)を磨いて美しい模様を出すことを意味する。そこから「ととのえる」「おさめる」、あるいは「分ける」「すじ目をつける」といった意味が派生する。もと動詞として使われたが、次に「地理」「肌理(きり)」(はだのきめ)などのように、ひろく事物のすじ目も意味するようになる。それが抽象化され、秩序、理法、道理などの意に使われるようになった。


注釈

  1. ^ そのような儒家文献としては、『楽記』の天理・人欲の論、『易経』説卦伝などが掲げられる。

参照

  1. ^ a b c d 大島(2004)


「理」の続きの解説一覧


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「理」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
94% |||||

理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS