教理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 教え > 教理の意味・解説 

きょう‐り〔ケウ‐〕【教理】

読み方:きょうり

ある宗教宗派が真理とする教え体系宗教上道理教義


教理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 05:21 UTC 版)

教理(きょうり、ラテン語: doctrina, 英語: doctrine、ドクトリン)は、宗教上の教え[1]。ここではキリスト教における「教理」(英語: doctrine)の語義とその指す内容とを、おもに教派別に扱う。「教義」(英語: dogma)と同義の場合もあれば、異なる意義を持つ場合もある。キリスト教における「教理」の語義は、教派や時代によって異なっている。


  1. ^ 大辞林
  2. ^ a b ゴンサレス、鈴木浩、p306
  3. ^ A.リチャードソン編、J.ボウデン編、古屋 安雄監修、佐柳 文男訳 『キリスト教神学事典』(625頁、1995年、教文館ISBN 4-7642-4029-7
  4. ^ プログレッシブ和英中辞典
  5. ^ ニューセンチュリー和英辞典
  6. ^ "Collins Latin Dictionary Plus Grammar", reprint 1999, ISBN 000472092X
  7. ^ 1 Timothy 4:13 Greek Texts and Analysis
  8. ^ 1 Timothy 5:17 Greek Texts and Analysis
  9. ^ 現代ギリシア語転写例:ジザスカリーア
  10. ^ 2 Timothy 4:2 Greek Texts and Analysis
  11. ^ 現代ギリシア語転写例:ジザヒー
  12. ^ a b c Christian Doctrine (CATHOLIC ENCYCLOPEDIA) (英語)
  13. ^ Biblia Sacra Vulgata (Stuttgartensia)/ad Timotheum I
  14. ^ キリスト教大事典 改訂新版』289頁、教文館、昭和52年 改訂新版第四版
  15. ^ なお、キリスト教大事典にはそもそも「教理」の項目が無い。
  16. ^ 『カトリック大辞典 I』(688頁、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷)
  17. ^ 本文 - 基督正教定理神学|近代デジタルライブラリー
  18. ^ 『正教定理神学』…原題の"Православно-догматическое богословие"には語彙「ドグマ」(догма)の派生語が入っている。
  19. ^ 本文 - 初進者の為めにハリストス正教の教理略解|近代デジタルライブラリー
  20. ^ a b ゴンサレス、鈴木浩、p72 - p73
  21. ^ Dogma - OrthodoxWiki
  22. ^ a b ジョン A.ハードン『現代カトリック事典』エンデルレ書店
  23. ^ カトリックの教理を見直す (岩島忠彦)
  24. ^ 岡田稔『岡田稔著作集』いのちのことば社
  25. ^ a b c アリスター・マクグラス『宗教改革の思想』教文館
  26. ^ 宇田進『現代福音主義神学』いのちのことば社
  27. ^ 宇田進『福音主義キリスト教と福音派』いのちのことば社
  28. ^ ケァンズ『基督教全史』いのちのことば社
  29. ^ 尾山令仁著『日本人とキリスト教』p.98 恩寵社
  30. ^ マーティン・ロイドジョンズ『教会とは何か』いのちのことば社
  31. ^ 『新キリスト教辞典』いのちのことば社 ISBN 4264012589
  32. ^ a b アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』教文館
  33. ^ アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』p.524
  34. ^ 日本キリスト教協議会『キリスト教大辞典』1963年
  35. ^ アリスター・マクグラス『神の科学』教文館 p.277
  36. ^ アリスター・マクグラス『キリスト教神学入門』 p.214
  37. ^ 尾山令仁『クリスチャンの和解と一致』地引網出版
  38. ^ H.シュトラットマン『教会の正典の危機』
  39. ^ ゲルハルト・マイヤー『歴史的-批評的研究方法の終焉』
  40. ^ 宇田進著『現代福音主義神学』p.258
  41. ^ Dogma - OrthodoxWiki
  42. ^ a b 教え-聖伝:日本正教会 The Orthodox Church in Japan
  43. ^ Sources of Christian Doctrine (アメリカ正教会)


「教理」の続きの解説一覧

教理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 23:41 UTC 版)

聖霊派」の記事における「教理」の解説

伝統的にペンテコステ派は、異言聖霊のバプテスマ受けた証拠とし、異言を、聖霊を受けることと同一視してきた。ウェスレアン神学ホーリネス神学多く負っている

※この「教理」の解説は、「聖霊派」の解説の一部です。
「教理」を含む「聖霊派」の記事については、「聖霊派」の概要を参照ください。


教理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 23:41 UTC 版)

聖霊派」の記事における「教理」の解説

カリスマ派は、異言を、一つ賜物としてとらえてきた。

※この「教理」の解説は、「聖霊派」の解説の一部です。
「教理」を含む「聖霊派」の記事については、「聖霊派」の概要を参照ください。


教理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 23:41 UTC 版)

聖霊派」の記事における「教理」の解説

福音派ペンテコステ派カリスマ派働き拒否してきた大きな理由は、聖霊のバプテスマ異言についての理解と、直接啓示問題であった。ほとんどの福音派聖霊のバプテスマ新生同一視してきたからであるピーター・ワグナーは、第一第二の波第三の波が同じ聖霊働きであると認めながらも自分カリスマ派呼ばれることは好まないし、先の二波とは区別されるべきだとしている。

※この「教理」の解説は、「聖霊派」の解説の一部です。
「教理」を含む「聖霊派」の記事については、「聖霊派」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「教理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

教理

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:50 UTC 版)

名詞

きょうり

  1. 宗教における真理内容

発音(?)

きょ↘ーり

翻訳

関連語


「教理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



教理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

教理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの聖霊派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS