迷いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 迷いの意味・解説 

まよい〔まよひ〕【迷い/×紕い】

迷うこと。心が乱れ判断つかない状態。まどい。「行動に—を生じる」「一時の気の—」

心が煩悩(ぼんのう)に乱され、悟りきれないこと。また、成仏妨げとなる死者執念

紛れること。紛れ

の—はいと艶にぞ見えける」〈源・野分

織物の糸や髪の毛乱れること。ほつれ。

今年行く新島守麻衣肩の—は誰(たれ)か取り見む」〈万・一二六五〉


まよい まよひ 【迷・紕】

〔名〕 (動詞「まよう(迷)」の連用形名詞化

① 布が古び、すれて薄くなったため、織糸片寄ること。

万葉(8C後)七・一二六五「今年行く新島守麻衣肩の間乱(まよひ)は誰か取り見む」

② 髪や糸筋などが、もつれ乱れていること。

源氏100114頃)椎本「髪、〈略〉塵のまよひなく、つやつやとこちたううつくしげなり」

③ 物がまぎれて、区別つかぬこと目標定めかねるようなさまであること。

源氏100114頃)若紫朝ぼらけ霧り立つ空のまよひにも行過ぎがたきいもが門かな」

あちこち入り乱れ移り動くこと。右往左往すること。また、騒ぎ。人の混雑

源氏100114頃)総角「人のまよひ、すこし鎮めて、おはせむと」

(5) 心が煩悩に乱されて悟りえないこと。

霊異記810‐824)中「俗を捨て欲を離れ、法を弘め迷を化(け)す」

(6) 心が乱れて、正し判断下しえないこと。心がまようこと。まどい。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「そりゃア謬想(マヨヒ)だと説破しましたが」

(7) 人間を迷わせるものに冠する語。

御伽草子酒呑童子室町末)「荒き風をもいとひしにまよひ変化の業ならば」


迷い

読み方:まよい

ワ行五段活用動詞「迷う」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

迷い

作者成田かもめ

収載図書フーコー短編小説傑作16
出版社フーコー
刊行年月2005.5




迷いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「迷い」の関連用語

迷いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



迷いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS