かしょうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > かしょうの意味・解説 

か しょう -しやう [0] 【仮晶】

鉱物が,温度圧力化学的状態の変化により,その外形を保ったまま成分一部または全部置換して,別の鉱物になったもの。仮像

か しょう くわしやう [0] 【火生】

〘仏〙 不動明王三昧さんまいに入って,身から炎を発すること。火生三昧火定(かじよう)

か しょう くわしやう [0] 【火床】

ボイラー燃料燃える所。

か しょう くわしやう [0] 【火傷】

( 名 ) スル
やけど 」に同じ。

か しょう [0] 【仮称】

( 名 ) スル
正式の名が決まるまでの臨時呼び名付けること。また,その仮の名。

か しょう -しやう [0] 【仮象】 〔ドイツ Schein〕

実際に存在するように感覚現れながらも,それ自身客観的実在性をもたない形象

か しょう くわしやう [0] 【花床】

花托(かたく) 」に同じ。

か しょう くわしやう [0] 【花相】

〔「相」は宰相の意。牡丹(ぼたん)を「花王ということからいう〕
植物芍薬(しやくやく異名

か しょう くわしやう [1] 【和尚・和上】

〔「か」は漢音
天台宗華厳宗などで,戒を授ける師の僧。また,高徳の僧。
僧位の称。 〔真言宗真宗法相宗律宗では「わじょう」,禅宗浄土宗では「おしょう」〕

か しょう -しやう [0] 【河床】


寡照(かしょう)

日照時間少ないこと、つまり日照不足のことをいいます。通常太陽照射少ないことから気温も上がらず、いわゆる低温寡照という気象状況になり、農作物生育にとって大きな障害もたらすので要注意

寡照(かしょう)

参照:寡照 商品穀類

か焼

読み方:かしょう
【英】:calcine

原料あるいは原料混合物水分および炭酸ガス消失するまで焼くことをいう。溶融温度以下でなければならない

かしょう 【和尚】

→ 和尚

加生

読み方
加生かしょう

嘉正

読み方
嘉正かしょう



かしょうと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かしょう」の関連用語

かしょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かしょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2018 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2018 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2018 Weblio RSS