火傷とは?

か しょう くわしやう [0]火傷

スル
やけどに同じ。

やけ ど [0]火傷

スル
焼け処()の意
熱によって起こる皮膚の損傷また、化学物質放射線による同様の損傷をいうこともある。損傷面の広さ深さにより四段階に分類される。範囲体表面積30パーセント以上に及ぶと生命に危険が生じる。かしょう熱傷
危険なことにかかわって、ひどい目にあうこと。
[句項目] 火傷火に懲りず


火傷

読み方:ヤケド(yakedo)

火・熱湯などに皮膚触れて傷つくこと


火傷

作者斎藤澪

収載図書折れた櫛
出版社中央公論社
刊行年月1988.4


火傷

読み方:ヤケド(yakedo)

作者 葛西善蔵

初出 大正8年

ジャンル 小説


熱傷

(火傷 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 23:42 UTC 版)

熱傷(ねっしょう)とは、高温液体などの放射線化学物質、または電気の接触によって生じる損傷を言う。通称は火傷やけど)である。より低い温度で長時間晒されることによる低温やけどもある。化学物質・放射線などが原因で生じる組織の損傷は化学損傷という。




  1. ^ ただし他の皮膚疾患や先天的な要因で現れていることもある。
  2. ^ ナモミはなまはげの由来による。
  3. ^ Burn Surface Areaではない。TBSA(Total Body Surface Area)が直感的であろう。
  4. ^ (大まかに手首から上、手指までの全体を含めた面積)
  5. ^ 30分〜2時間、場合によっては12時間の水洗が必要。
  1. ^ a b “熱傷(やけど)に関する簡単な知識”. 日本熱傷学会. (2014年以降). http://www.jsbi-burn.org/ippan/chishiki/outline.html 2018年5月25日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Wounds International 2014.
  3. ^ a b 日本熱傷学会, 一般社団法人. “一般社団法人 日本熱傷学会【熱傷(やけど)に関する簡単な知識】” (日本語). www.jsbi-burn.org. 2018年8月27日閲覧。
  4. ^ 金子公平、佐藤良行、徳永敦司ほか「ストップ、ドロップ、アンドロールに関する検証」 (pdf) 『消防技術安全所報』第50号、2013年、 122‐128。
  5. ^ 日本大百科全書「大理石様皮斑」
  6. ^ 高田純『核爆発災害 そのとき何が起こるのか』中公新書、2007年、p.70 ISBN 978-4121018953
  7. ^ a b c d e f Initial First Aid Treatment for Minor Burns (pdf)”. American Burn Associattion (2017年5月). 2018年6月10日閲覧。
  8. ^ 中山雄二朗、小寺厚志、宮崎直樹 ほか、重度熱傷患者の在院死亡を予測する因子の検討 日本臨床麻酔学会誌 2012年 32巻 2号 p.223-231, doi:10.2199/jjsca.32.223
  9. ^ p.3286, 「創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―6: 熱傷診療ガイドライン」 - 日本皮膚科学会ガイドライン [1]
  10. ^ a b c 日本創傷外科学会” (日本語). www.jsswc.or.jp. 2018年8月27日閲覧。
  11. ^ a b 熱傷重症度[burn severity]” (日本語). www.nutri.co.jp. ニュートリー株式会社. 2018年8月27日閲覧。
  12. ^ 熱傷指数と熱傷予後指数|熱傷面積と熱傷深度の結果から、死亡率と臨床上の予後を反映する指数|看護roo![カンゴルー]」『』。2018年8月27日閲覧。
  13. ^ a b c d e BBA First Aid Position Statement”. British Burn Association (2015年8月25日). 2018年6月10日閲覧。
  14. ^ a b c 日本皮膚科学会 2017.
  15. ^ a b c d Cuttle L, Kimble RM (2010) (pdf). First aid treatment of burn injuries. 18. p. 6-13. http://www.woundsaustralia.com.au/journal/1801_01.pdf. 
  16. ^ Cuttle L, Kempf M, Kravchuk O, et al. (December 2008). “The efficacy of Aloe vera, tea tree oil and saliva as first aid treatment for partial thickness burn injuries”. Burns (8): 1176–82. doi:10.1016/j.burns.2008.03.012. PMID 18603378. https://link.springer.com/article/10.1007/s10916-009-9270-0. 
  17. ^ a b c d 一般の皆様へ やけど(熱傷) 日本創傷外科学会
  18. ^ 夏井睦、堀口三恵子「巻頭インタビュー 簡単!痛くない!早くキレイに治る! 患者と一緒に進化させた「湿潤治療」」『医道の日本』第68巻第10号、2009年10月、 11-21頁、 NAID 40016845143
  19. ^ Aziz Z, Abdul Rasool Hassan B (February 2017). “The effects of honey compared to silver sulfadiazine for the treatment of burns: A systematic review of randomized controlled trials”. Burns (1): 50–57. doi:10.1016/j.burns.2016.07.004. PMID 27576926. 
  20. ^ Lindberg T, Andersson O, Palm M, Fagerström C (2015). “A systematic review and meta-analysis of dressings used for wound healing: the efficiency of honey compared to silver on burns”. Contemp Nurse (2-3): 121–34. doi:10.1080/10376178.2016.1171727. PMID 27027667. 
  21. ^ Gupta SS, Singh O, Bhagel PS, Moses S, Shukla S, Mathur RK (September 2011). “Honey dressing versus silver sulfadiazene dressing for wound healing in burn patients: a retrospective study”. J Cutan Aesthet Surg (3): 183–7. doi:10.4103/0974-2077.91249. PMC: 3263128. PMID 22279383. https://doi.org/10.4103/0974-2077.91249. 
  22. ^ Atiyeh B, Masellis A, Conte C (December 2009). “Optimizing Burn Treatment in Developing Low-and Middle-Income Countries with Limited Health Care Resources (Part 2)”. Ann Burns Fire Disasters 22 (4): 189–95. PMC: 3188182. PMID 21991180. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3188182/. 
  23. ^ Zahmatkesh M, Manesh MJ, Babashahabi R (2015). “Effect of Olea ointment and Acetate Mafenide on burn wounds - A randomized clinical trial”. Iran J Nurs Midwifery Res (5): 599–603. doi:10.4103/1735-9066.164507. PMC: 4598908. PMID 26457099. https://doi.org/10.4103/1735-9066.164507. 
  24. ^ 日本熱傷学会 2015, p. 47.
  25. ^ 夏井睦『ドクター夏井の熱傷治療裏マニュアル―すぐに役立つHints&Tips』三輪書店、2011年、4, 192-194。ISBN 978-4-89590-378-3
  26. ^ 木所、p343。
  27. ^ こんな時は何科を受診?【や行】”. いでぐち医院. 2019年4月29日閲覧。





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火傷」の関連用語

火傷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



火傷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱傷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS