X線とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 走査電子顕微鏡用語 > X線の意味・解説 

エックスせん [0] 【 X 線】

X 線(せん)ABC 略語

X (せん)

X ray
電磁波のうち,波長紫外線より短くγ線より長いもので 0.001~10nm 程度範囲のもの。1895 年レントゲン発見し,未知放射線の意味で X 線と命名物質対す透過力が強い。物質研究材料試験医療などに利用する。レントゲン線X 光線


X線 X-ray

100eV〜数百keVエネルギー(10nm〜数pm波長)を持つ電磁波一種連続的エネルギー分布を持つ連続X線と、元素特有エネルギーを持つ特性X線があり、特性X線元素分析利用される。

関連する用語

X線

読み方えっくすせん,X ray

1895年ドイツ物理学者レントゲン真空放電管の実験中発見したことからレントゲン線ともいう。電磁波一種紫外線ガンマ線との間約10-31012mの範囲波長エネルギー)を持つものをいう
蛍光作用電離作用写真作用等を有する物質透過力はエネルギーが高いものほど大きく、この性質利用して医療のほか非破壊検査等にも使われている。
X線は電子原子非弾性散乱電子内部転換等によって電子励起されたり、または電子原子からはじき出された状態から安定な状態に戻る際に、そのエネルギー電磁波(X線)の形で放出される。したがって、X線は発生源異なるだけで、γ線同一である。

X線

光や電波同じく電磁波一種紫外線よりも波長の短い(高エネルギー)もの。電子減速されるときに発生するX線を制動X線(連続波長分布)といい、電子原子軌道間を移動するときに発生するX線を特性X線という。様々な物体内部診断元素分析蛍光X線分析)、また、γ線同様に変異誘発効果があるため、突然変異育種にも利用されている。

X線


X線

英訳・(英)同義/類義語:X-rays, X-ray

紫外線よりも短波長の電磁波医療日常的に用いられる。DNA損傷引き起こすため、突然変異誘発にも使われる。また、結晶にX線を照射したときの回折現象利用して、物質原子構造調べ目的に使われる。
「生物学用語辞典」の他の用語
実験方法装置単位など:  P因子形質転換法  TBE緩衝液  UV域  X線  X線結晶解析  X線照射  X線繊維回折

x線

【仮名】xせん
原文x-ray

エネルギー放射線一種。低用量では、身体内部画像撮影することによって疾患診断利用されている。高用量では、がんの治療利用されている。

X(エックス)線

ドイツ物理学者レントゲンによって発見された放射線一種、またはその放射線利用した治療機器のこと。目に見えない歯根(歯の根っこ)や骨の状態を診るために使用される。最近ではフィルムを使わず、従来機器比べ放射線量少ないデジタルエックス線(デジタルレントゲン)が普及しつつある

X線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 03:56 UTC 版)

X線(エックスせん、: X-ray)とは、波長が1pm - 10nm程度の電磁波のことを言う。発見者であるヴィルヘルム・レントゲンの名をとってレントゲン線と呼ばれる事もある。放射線の一種である。X線撮影、回折現象を利用した結晶構造の解析などに用いられる。




  1. ^ なお、波長域はガンマ線のそれと一部重なっている。これは、X線とガンマ線との区別が波長ではなく発生機構によるためであり、波長からX線かガンマ線かを割り出すことはできない。軌道電子遷移を起源とするものをX線、原子核内のエネルギー準位の遷移を起源とするものをガンマ線と呼ぶ。
  2. ^ Henri Becquerel (1896), Sur les radiations émises par phosphorescence, http://www.bibnum.education.fr/files/BECQUEREL_SUR_LES_RADIATIONS_EMISES.pdf (燐光物質によって放出される見えない放射線について)
  3. ^ a b Camara, Carlos G.; Juan V. Escobar, Jonathan R. Hird1, Seth J. Putterman (2008年10月23日). “Correlation between nanosecond X-ray flashes and stick–slip friction in peeling tape”. Nature 455 (7216): 1089-1092. doi:10.1038/nature07378. http://www.nature.com/nature/journal/v455/n7216/full/nature07378.html 2009年1月27日閲覧。. 
  4. ^ セロハンテープでX線、透視撮影も可能?! 米研究、APF BB NEWS、 2008年10月24日
  5. ^ 手のひらに載るほど超小型な電子線プローブX線マイクロアナライザーの開発に成功
  6. ^ 圧電材料を用いた超微小X線発生装置の試作
  7. ^ David J. Brenner et al. (2003年). “Cancer risks attributable to low doses of ionizing radiation: Assessing what we really know”. PNAS 100 (24): 13761-13766. doi:10.1073/pnas.2235592100. http://www.pnas.org/content/100/24/13761.full. "This work was supported in part by the U.S. Department of Energy Low-Dose Radiation Research Program." 
  8. ^ 翻訳:調麻佐志, 【翻訳論文】「低線量被ばくによるがんリスク:私たちが確かにわかっていることは何かを評価する」PNAS(2003), “海外癌医療情報リファレンス”, 一般社団法人 サイエンス・メディア・センター, http://smc-japan.org/?p=2037 2011年8月26日閲覧。 
  9. ^ 崎山比早子による解説。崎山比早子「低線量放射線の影響は過小評価されて来たのではないか 低線量放射線でできた二重鎖DNA 切断は修復されない?」、原子力資料情報室通信 354号 (2003)p.7-11 
  10. ^ つながる/ひろがる/フェミ・ジャーナル「ふぇみん」2012年3月15日、No.2984
  11. ^ K.Rothkamm, M.Lobrich, Evidence for a lack of DNA double-strand break repair in human cells exposed to very low x-ray doses“Proceedings National Academy of Sciences USA”, Vol.100,pp.5057-5062,2003


「X線」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「X線」の関連用語

X線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



X線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2019 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2019 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
内閣府原子力委員会内閣府原子力委員会
Copyright (C) 2019 Atomic Energy Commission of Japan. All Rights Reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2019 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのX線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS