ポジトロン断層法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ポジトロン断層法の意味・解説 

ポジトロン断層法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/26 05:57 UTC 版)

ポジトロン断層法(ポジトロンだんそうほう、positron emission tomography:PET)とは陽電子検出を利用したコンピューター断層撮影技術である。CTMRIが主に組織の形態を観察するための検査法であるのに対し、PETはSPECTなど他の核医学検査と同様に、生体の機能を観察することに特化した検査法である。主に中枢神経系代謝レベルを観察するのに用いられてきたが、近年、腫瘍組織における糖代謝レベルの上昇を検出することによりの診断に利用されるようになった。患者への被曝量はCTに比べて少ないが、医療スタッフの被曝量に注意が必要である。ただし、下述するようにPET/CT装置を用いた検査の場合の被曝量はCTに比べても大きくなる場合がある。


  1. ^ 渡邉一夫監修『切らずに治すがん治療』主婦の友社 2013年、88頁 ISBN 978-4-07-288610-6
  2. ^ 聖隷PETセンター
  3. ^ 日本医事新報 2005; 4234: 97
  4. ^ Gould MK,et al:Accuracy of positron emission tomography for diagnosis of pulmonary nodules and mass lesions:A metaanalysis.JAMA 285:914-924,2001.
  5. ^ Brix G, Lechel U, Glatting G, et al. (April 2005). “Radiation exposure of patients undergoing whole-body dual-modality 18F-FDG PET/CT examinations”. J. Nucl. Med. 46 (4): 608–13. PMID 15809483. 
  6. ^ 医療被曝について│聖マリアンナ医科大学
  7. ^ 草間朋子『あなたと患者のための放射線防護Q&A』医療科学社、ISBN 978-4900770522
  8. ^ 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構>放射線科学センター >暮らしの中の放射線>自然放射線の量


「ポジトロン断層法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポジトロン断層法」の関連用語

ポジトロン断層法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オーガズム

本野盛亨

シャムワニ

駿河台匂

ワイン包み

R 1200 RT

ミサキヤドカリ

小樽運河食堂ラーメン工房





ポジトロン断層法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポジトロン断層法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS