ペットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 動物 > ペットの意味・解説 

ペット [1]

トランペット」の略。

ペット [1]pet

飼ってかわいがっている動物愛玩動物
かわいがっている年下の者。お気に入り

ペット [1]PETpolyethylene terephthalate

ポリエステルの一。汚れにくく、電気特性優れる。飲料用の容器写真フィルム磁気テープなどに用いられる。ポリエチレンテレフタレート。

ペット

作者シンシア・ライラント

収載図書パパのオウム
出版社新樹
刊行年月1993.6


ペット

作者渡辺浩弐

収載図書デジタルな神様
出版社アスペクト
刊行年月1995.12
シリーズ名アスペクトセレクション


ペット

作者樋口明雄

収載図書私の中に誰かいる!
出版社勁文社
刊行年月1997.9
シリーズ名ケイブンシャ文庫


ペット

作者淀谷悦一

収載図書ショートショートの広場 15
出版社講談社
刊行年月2004.2
シリーズ名講談社文庫


ペット

作者金子修

収載図書短編集 大砲のある村
出版社新風舎
刊行年月2004.8


ペット

作者バリー・ユアグロー

収載図書ケータイ・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2005.4


ペット

作者森浩美

収載図書推定恋愛two−years
出版社講談社
刊行年月2005.10
シリーズ名講談社文庫


ペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 15:03 UTC 版)

ペット英語: pet)とは、愛玩を目的として飼育される動物である[1]


  1. ^ ペットフード協会の調査でも飼育ペットの種類の順位について、内閣府調査と整合性のある結果が出ている。1位が。2位が。3位が金魚である
  2. ^ ペットの家族化が進むにつれ、「ペットに遺産を相続させたい」という要望が出るようになった。日本では法律上、ペットは物として扱われるため相続人にはできない。そこで、「負担付遺贈でペットの世話を条件に、世話人に遺産を相続する」という手法で、飼い主の死後もペットの生活を守る遺言を作成できる(『愛するペット困らぬように…行政書士に遺言相談が続々』2008年2月9日付配信 読売新聞)。その際、世話人がペットの世話をきちんとするかを監視する遺言執行者を置き、世話をきちんとしない場合には遺産を取り消すようにすれば、「遺産だけもらって世話をしない」といった事態への予防策になる(同出典)。
  1. ^ 大辞泉,大辞林
  2. ^ a b c d e f g h i j 愛玩動物の衛生管理の徹底に関するガイドライン2006”. 厚生労働省. 2019年12月26日閲覧。
  3. ^ 『銃・病原菌・鉄(上)』ジャレド・ダイヤモンド著 倉骨彰訳 草思社文庫 ISBN 978-4794218780
  4. ^ 「キリンが笑う動物園 環境エンリッチメント入門」16-19頁 上野吉一著 岩波科学ライブラリー154 岩波書店 2009年1月27日発行 ISBN 9784000074940
  5. ^ ペットフード協会調査。2007年(平成19年)現在。
  6. ^ 動物愛護に関する世論調査”. 内閣府. 2020年5月31日閲覧。
  7. ^ a b c 名古屋税関管内における“犬、猫用ペットフード”の輸出 名古屋税関調査統計課、2020年4月18日閲覧。
  8. ^ ドイツにおける動物保護の変遷と現状
  9. ^ 2012年2月25日 日本動物愛護協会吉野功事務局長コメント
  10. ^ 一般市民アンケート調査(平成 25 年度)”. 環境省. 2020年5月30日閲覧。
  11. ^ 譲渡会等のお知らせ”. 環境省. 2020年5月30日閲覧。
  12. ^ a b ドッグフィールド”. 2008年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月19日閲覧。 ※ 現在はテキスト部分のみインターネットアーカイブ内に残存
  13. ^ a b ペット販売:生後56日以下は禁止 改正動物愛護法、猶予付きで成立へ毎日新聞 2012年08月23日 東京朝刊
  14. ^ 犬を売らないペット店が岡山で人気の事情〜殺処分されてしまう元凶は命の売買にある?
  15. ^ ペットが子どもの健全な心育てる、研究で明らかに―北京市”. 2008年10月24日閲覧。
  16. ^ a b スー・ドナルドソン、ウィルキムリッカ『人と動物の政治共同体』尚学社、2016年、205頁。
  17. ^ a b c d マーヴィン・ハリス『食と文化の謎:Good to eatの人類学』 岩波書店 1988年、ISBN 4000026550 第8章
  18. ^ North Carolina To End Use Of Gas Chambers In Animal Shelters”. WUNC NEWS. 2020年5月31日閲覧。
  19. ^ Center for Consumer Freedom (2009年3月25日). “"PETA Killed 95 Percent of Adoptable Pets in its Care During 2008 Hypocritical Animal Rights Group’s 2008 Disclosures Bring Pet Death Toll To 21,339"”. 2009年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月6日閲覧。
  20. ^ PETA Kills AnimalsPETAの必要のない動物殺しが裁判に
  21. ^ 犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況”. 環境省. 2020年5月31日閲覧。
  22. ^ 犬の飼い主さんを募集しています!更新日:2011年7月19日 熊本市 健康福祉局 衛生部 生活衛生課 動物愛護センター(web.archive)
  23. ^ ねこの飼い主さんを募集しています!更新日:2011年6月6日 熊本市 健康福祉局 衛生部 生活衛生課 動物愛護センター(web.archive)
  24. ^ a b 殺処分問題への取り組みセーブペットプロジェクト:メリアル・ジャパン株式会社と日本全薬工業株式会社が共同で運営
  25. ^ スーツケースからオランウータンの赤ちゃん、密輸容疑で男を逮捕 インドネシア”. CNN.co.jp. 2020年5月30日閲覧。
  26. ^ 動物園から盗まれたペンギン。なんとネットで売られていたことが発覚!犯人逮捕へ(イギリス)”. カラパイア. 2020年5月30日閲覧。
  27. ^ 市川市動植物園 20年の足跡”. 2020年5月30日閲覧。
  28. ^ 警察官が人襲った体長120センチ「紀州犬」に13発発砲し射殺 千葉県警「拳銃使用は適正」…住民「バンバンバンの銃声、テレビ番組かと…」 千葉・松戸
  29. ^ All About 犬が人を咬んでしまったら
  30. ^ “米女性かみ殺した犬の飼い主を殺人罪で起訴、終身刑の可能性も”. Reuters. (2014年9月1日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0GW1LZ20140901 2014年9月6日閲覧。 
  31. ^ 特定外来生物の解説”. 環境省. 2020年5月31日閲覧。
  32. ^ a b 【関西の議論】「ラスカル」どころか害獣 近畿でエスカレートするアライグマ被害”. 産経新聞社. 2020年5月31日閲覧。
  33. ^ 諸外国における犬猫殺処分をめぐる状況 ―イギリス、ドイツ、アメリカ―”. 遠藤 真弘. 2020年5月31日閲覧。
  34. ^ [1]
  35. ^ [2]
  36. ^ [3]
  37. ^ 第43回国会 衆議院 農林水産委員会 第17号”. 林野庁指導部長による発言. 2020年5月31日閲覧。
  38. ^ スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ『人と動物の政治共同体』尚学社、2016年、197頁。
  39. ^ ペットをめぐる法律(2)海外編”. 2009年12月26日閲覧。





ペットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ペット」の関連用語

ペットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS