寝台とは? わかりやすく解説

しん‐だい【寝台】

読み方:しんだい

寝るときに使う台。ベッド。ねだい。


ね‐だい【寝台】

読み方:ねだい

寝床にする台。ベッドしんだい


寝台

作者遠藤周作

収載図書その夜のコニャック
出版社文芸春秋
刊行年月1988.8
シリーズ名遠藤周作 小説の館

収載図書その夜のコニヤック
出版社文芸春秋
刊行年月1991.8
シリーズ名文春文庫


寝台

作者赤沼三郎

収載図書新青年傑作選幻の探偵雑誌 10
出版社光文社
刊行年月2002.2
シリーズ名光文社文庫


ベッド

(寝台 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 22:12 UTC 版)

ベッドまたはベット英語: bedドイツ語: Bett)は、寝具の一種[1]。寝床支持台のことで現代では掛寝具(毛布、ベッドカバーなど)や敷寝具(敷シーツ、ベッドパッド、マットなど)とともに用いることが多い[1]寝台しんだいと訳される場合もある。


  1. ^ a b 多田千代「寝具―健康の視点より―」『民族衛生』第45巻第5号、日本民族衛生学会、1979年、 170-183頁、 doi:10.3861/jshhe.45.170ISSN 0368-9395NAID 130002027065
  2. ^ a b c d e f 人と寝具の意外と知られていない長く深い縁”. 東洋経済オンライン. p. 1. 2021年9月29日閲覧。
  3. ^ Chimpanzees Make Beds That Offer Them Best Night's Sleep”. National Geographic News (2014年4月18日). 2018年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月30日閲覧。
  4. ^ “200,000 years ago, humans preferred to sleep in beds” (英語). phys.org. オリジナルの2020年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200819030258/https://phys.org/news/2020-08-years-humans-beds.html 2020年9月6日閲覧。 
  5. ^ “The oldest known grass beds from 200,000 years ago included insect repellents”. Science News. (2020年8月13日). オリジナルの2020年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200818123246/https://www.sciencenews.org/article/oldest-grass-beds-insect-repellent 2020年9月6日閲覧。 
  6. ^ Wadley, Lyn; Esteban, Irene; Peña, Paloma de la; Wojcieszak, Marine; Stratford, Dominic; Lennox, Sandra; d’Errico, Francesco; Rosso, Daniela Eugenia et al. (14 August 2020). “Fire and grass-bedding construction 200 thousand years ago at Border Cave, South Africa” (英語). Science 369 (6505): 863-866. doi:10.1126/science.abc7239. ISSN 0036-8075. PMID 32792402. オリジナルの6 September 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200906092437/https://science.sciencemag.org/content/369/6505/863 2020年9月6日閲覧。. 
  7. ^ a b Wadley L, Sievers C, Bamford M, Goldberg P, Berna F, Miller C. (2011). Middle Stone Age Bedding Construction and Settlement Patterns at Sibudu, South Africa. Science 9 December 2011: Vol. 334 no. 6061 pp.1388-1391, doi:10.1126/science.1213317.
  8. ^ a b c d e f g h i 『歴史学事典 第2巻 からだとくらし』弘文堂、1994年、611頁。 
  9. ^ a b c 人と寝具の意外と知られていない長く深い縁”. 東洋経済オンライン. p. 2. 2021年9月29日閲覧。
  10. ^ a b challenge第2号”. ダイキン工業. p. 9. 2021年9月30日閲覧。
  11. ^ 『発掘された日本列島2005』 朝日新聞社出版、75頁。
  12. ^ NHKの『現代の映像』で「独立先行隊」と呼ばれる組織が取材されている。
  13. ^ [1] ベッドの歴史
  14. ^ 9月3日はベッドの日(グッドスリープデー)” (日本語). スリープセレクト. 2022年1月29日閲覧。
  15. ^ ベッドの日(good sleep day)”. 一般社団法人 日本記念日協会. 2022年1月29日閲覧。


「ベッド」の続きの解説一覧

寝台

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:39 UTC 版)

この単語漢字

常用漢字
だい
第二学年
湯桶読み
この単語漢字
しん
常用漢字
だい
第二学年
音読み

名詞

(ねだい または しんだい)

  1. (ねだい、しんだい布団置いて寝るためのベッド
  2. しんだい夜行列車や船などで料金支払うことにより乗客利用できるベッド設備。また寝台車寝台列車

派生語

寝台車寝台列車、特殊寝台


「寝台」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

寝台のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



寝台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの寝台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS