宮沢賢治とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 詩人 > 日本の詩人 > 宮沢賢治の意味・解説 

みやざわけんじ みやざはけんぢ 【宮沢賢治】 ○

1896~1933詩人童話作家岩手県生まれ盛岡高等農林卒。花巻農業指導者として活躍かたわら創作。自然と農民生活で育まれた独特の宇宙感覚宗教心情にみちた詩と童話を残した。生涯法華経敬信童話銀河鉄道の夜」「風の又三郎」,詩集春と修羅」など。

宮沢賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/25 22:44 UTC 版)

宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治1896年8月27日 - 1933年9月21日)は、日本詩人童話作家




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 佐藤隆房は旧暦7月19日出生、旧暦8月1日に旧暦で届けを出したための間違いと推測している[3]
  2. ^ 千葉一幹は、賢治が「如来寿量品」の中の「良医病子」(毒を飲んだ子供が父の作った解毒剤を飲めず父が死んだと嘘を聞かされ正気に戻って薬を飲んだという寓話)に自身を重ね、不幸は自分が飛躍する契機になると読み取ったのではないかと推測している[21]
  3. ^ 文信社には、戦後釜石市長となった鈴木東民がおり、当時の模様を「筆耕のころの賢治」(筑摩書房版宮澤賢治全集別巻『宮澤賢治研究』、1958年)として書き残している。
  4. ^ 「雨ニモマケズ手帳」に高知尾から「法華文学」の制作を勧められたというメモが残っているが、高知尾によればそのような記憶はなく、ただ法華経修行は出家することではなく、農家は鋤鍬、商人はソロバン、文学者はペンを持ってそれぞれの道で法華経を広めるのが正しい修行と説いたという[44]
  5. ^ 跡地はカザルスホールとなり、その位置はホールの舞台中央付近と推測されている[85]
  6. ^ のちに棟方はこの仕事の記憶がほとんどないと回想している[88]
  7. ^ 2010年7月に発売された「文藝 月光 2」(勉誠出版)に掲載。[要ページ番号]
  8. ^ 原子朗編の『新 宮澤賢治語彙辞典』(東京書籍、1999年)の「レコード」の項では「ポリドールの社長からレコードがよく売れるので、花巻の高喜商店に問い合わせがあり、町一番のコレクター賢治の名をあげたところ、社長から賢治あてに感謝状がきた」とある。
  9. ^ 実際は「尽力」というより「協力」といったほうが正確である。花巻銀行は善治が役員に招かれただけ、岩手軽便鉄道も株主として協力した程度という[142]

出典

  1. ^ a b 盛岡高等農林学校 第13回得業証書授与式」、『官報』1918年3月19日2016年9月21日閲覧。(左ページ左下隅)
  2. ^ 加藤道理 『常用国語便覧』 (改訂版) 浜島書店、2010年2月3日、343、354頁。ISBN 978-4-8343-1000-9 
  3. ^ a b 作家読本 1989, p. 12.
  4. ^ 堀尾 1991, pp. 25.
  5. ^ 作家読本 1989, p. 14.
  6. ^ a b 作家読本 1989, p. 13.
  7. ^ 千葉 2014, p. 38.
  8. ^ 作家読本 1989, p. 17.
  9. ^ a b 堀尾 1991, p. 29.
  10. ^ a b 堀尾 1991, p. 31.
  11. ^ 作家読本 1989, p. 19.
  12. ^ 作家読本 1989, p. 25.
  13. ^ 作家読本 1989, pp. 26-27.
  14. ^ 堀尾 1991, p. 54.
  15. ^ 作家読本 1989, pp. 34-35.
  16. ^ a b 作家読本 1989, p. 36.
  17. ^ 山下 2008, pp. 52-53.
  18. ^ 作家読本 1989, pp. 37-38.
  19. ^ 堀尾 1991, p. 69.
  20. ^ 千葉 2014, p. 86.
  21. ^ 千葉 2014, p. 88-91.
  22. ^ 作家読本 1989, pp. 42-43.
  23. ^ 作家読本 1989, p. 45.
  24. ^ 特待生選定 盛岡高等農林学校」、『官報』1916年3月22日2016年9月21日閲覧。(左ページ下欄)。
  25. ^ a b c 堀尾 1991, p. 124-126.
  26. ^ a b c 作家読本 1989, p. 54.
  27. ^ 作家読本 1989, p. 52.
  28. ^ 堀尾 1991, p. 95.
  29. ^ 堀尾 1991, p. 130-135.
  30. ^ a b 堀尾 1991, p. 96.
  31. ^ 堀尾 1991, p. 100-102.
  32. ^ 堀尾 1991, p. 146.
  33. ^ a b 作家読本 1989, p. 56.
  34. ^ a b 堀尾 1991, p. 103.
  35. ^ 作家読本 1989, p. 58.
  36. ^ 堀尾 1991, p. 106-109.
  37. ^ 作家読本 1989, p. 59.
  38. ^ 作家読本 1989, p. 62.
  39. ^ 堀尾 1991, p. 113-114.
  40. ^ 作家読本 1989, p. 64.
  41. ^ 山下 2008, p. 81.
  42. ^ 千葉 2014, p. 140.
  43. ^ 作家読本 1989, pp. 70-71.
  44. ^ a b 作家読本 1989, p. 74.
  45. ^ 山下 2008, pp. 84-87.
  46. ^ 堀尾 1991, p. 117-118.
  47. ^ 作家読本 1989, p. 77.
  48. ^ 山下 2008, p. 87.
  49. ^ 作家読本 1989, p. 80.
  50. ^ 堀尾 1991, p. 161.
  51. ^ 堀尾 1991, pp. 243-246.
  52. ^ 堀尾 1991, p. 210.
  53. ^ 堀尾 1991, p. 166.
  54. ^ 堀尾 1991, p. 208.
  55. ^ a b 作家読本 1989, p. 88.
  56. ^ 作家読本 1989, p. 89.
  57. ^ 作家読本 1989, p. 93.
  58. ^ 堀尾 1991, pp. 219-222.
  59. ^ 山下 2008, p. 121.
  60. ^ 堀尾 1991, p. 222.
  61. ^ a b 作家読本 1989, p. 108.
  62. ^ 作家読本 1989, p. 105.
  63. ^ 堀尾 1991, p. 235.
  64. ^ 堀尾 1991, pp. 240-241.
  65. ^ a b 作家読本 1989, p. 112.
  66. ^ 作家読本 1989, p. 119.
  67. ^ 千葉 2014, pp. 246-248.
  68. ^ 山下 2008, pp. 138-139.
  69. ^ 宮沢賢治. “七四三〔盗まれた白菜の根へ〕春と修羅 第三集”. 青空文庫. 2016年10月21日閲覧。
  70. ^ 宮沢賢治. “農民芸術概論綱要”. 青空文庫. 2016年10月21日閲覧。
  71. ^ 宮沢賢治. “〔それでは計算いたしませう〕春と修羅補遺”. 森羅情報サービス. 2016年10月21日閲覧。
  72. ^ 作家読本 1989, pp. 134-136.
  73. ^ 作家読本 1989, p. 139.
  74. ^ 山下 2008, pp. 143-144.
  75. ^ 堀尾 1991, p. 360.
  76. ^ 作家読本 1989, p. 153.
  77. ^ 山下 2008, p. 111.
  78. ^ 作家読本 1989, p. 154.
  79. ^ 堀尾 1991, p. 278.
  80. ^ 作家読本 1989, pp. 158-159.
  81. ^ 堀尾 1991, p. 287.
  82. ^ 堀尾 1991, p. 371.
  83. ^ 堀尾 1991, p. 379.
  84. ^ 作家読本 1989, p. 182.
  85. ^ 御茶ノ水スクエアA館 - NPO神田神田学会
  86. ^ 千葉 2014, p. 256-257.
  87. ^ 作家読本 1989, p. 191.
  88. ^ 作家読本 1989, p. 195.
  89. ^ 作家読本 1989, p. 199.
  90. ^ 作家読本 1989, p. 198.
  91. ^ 堀尾 1991, p. 462.
  92. ^ a b 作家読本 1989, pp. 207-209.
  93. ^ 千葉 2014, p. 259-261.
  94. ^ 山下 2008, p. 178.
  95. ^ 作家読本 1989, p. 214.
  96. ^ 作家読本 1989, p. 180.
  97. ^ 作家読本 1989, p. 181.
  98. ^ 宮沢賢治、地図の裏に未発表詩 三十数年ぶりの新作”. asahi.com (2009年4月8日). 2016年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月13日閲覧。
  99. ^ 「宮澤賢治はなぜ浄土真宗から法華経信仰へ改宗したのか 正木晃
  100. ^ 定方晟『銀河鉄道の夜』と法華経」、『東海大学紀要. 文学部』第64巻、東海大学、東京、1995年、 110-88頁、 ISSN 05636760NAID 400025784582016年9月21日閲覧。110頁。
  101. ^ 宮沢賢治・自訳エスペラント詩集”. 2016年9月3日閲覧。(このサイトには公表状態でなく、校訂された作品が掲載されている)
  102. ^ 河合隼雄『猫だましい』(2000年5月20日新潮社[要ページ番号]
  103. ^ 山下 2008, p. 30-34.
  104. ^ 千葉 2014, pp. 2-3.
  105. ^ 作家読本 1989, p. 11.
  106. ^ 詩人大木実あて書簡 宮沢賢治学会・会報31号”. 宮沢賢治学会. 2006年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月10日閲覧。
  107. ^ a b c 堀尾 1991, p. 36.
  108. ^ 堀尾 1991, p. 63.
  109. ^ 堀尾 1991, p. 136.
  110. ^ 作家読本 1989, p. 95.
  111. ^ 宮沢賢治を愛する会 『宮沢賢治エピソード313』 扶桑社、1996年10月、112頁。ISBN 4594021085NCID BN15493836 
  112. ^ 1918年5月19日 保阪嘉内あて 封書(封筒ナシ)”. 宮沢賢治の童話と詩森羅情報サービス. 2016年9月3日閲覧。
  113. ^ 作家読本 1989, p. 68.
  114. ^ 堀尾 1991, p. 456.
  115. ^ (1921年8月11日)関徳彌あて 封書”. 宮沢賢治の童話と詩森羅情報サービス. 2016年9月3日閲覧。
  116. ^ 宮澤賢治とやぶ屋”. 岩手花巻名物わんこそば やぶ屋. 2016年9月3日閲覧。
  117. ^ 山下 2008, pp. 156-157.
  118. ^ 作家読本 1989, p. 97.
  119. ^ 堀尾 1991, p. 214.
  120. ^ 作家読本 1989, p. 142.
  121. ^ 山下 2008, pp. 152-153.
  122. ^ 千葉 2014, pp. 36-30.
  123. ^ 1932年6月1日(森佐一あて) 下書”. 宮沢賢治の童話と詩森羅情報サービス. 2016年10月13日閲覧。
  124. ^ 堀尾 1991, p. 459-462.
  125. ^ 堀尾 1991, pp. 356-357.
  126. ^ 山下 2008, pp. 145-146.
  127. ^ 山下 2008, p. 105.
  128. ^ 作家読本 1989, p. 186.
  129. ^ a b 堀尾 1991, p. 355.
  130. ^ 作家読本 1989, p. 69.
  131. ^ 山下 2008, p. 106.
  132. ^ 山下 2008, p. 107.
  133. ^ 菅原千恵子 『宮沢賢治の青春: “ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって』 (初版) 宝島社、1994年8月5日、265頁。ISBN 4-7966-0839-7 
  134. ^ 宮沢賢治 『<新>校本宮沢賢治全集』 筑摩書房、1997年4月、472頁。 
  135. ^ 菅原千恵子 『宮沢賢治の青春“ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって』 角川書店、1997年、第一章 2-3頁。
  136. ^ 堀尾 1991, pp. 13-15.
  137. ^ 千葉 2014, pp. 23-30.
  138. ^ 作家読本 1989, p. 10.
  139. ^ 山下 2008, pp. 16-17.
  140. ^ 堀尾 1991, p. 18.
  141. ^ 千葉 2014, p. 25.
  142. ^ 山下 2008, p. 33-34.
  143. ^ 千葉 2014, pp. 36-37.
  144. ^ 山下 2008, pp. 68-69.
  145. ^ 作家読本 1989, p. 85.
  146. ^ 作家読本 1989, p. 136.
  147. ^ 山下 2008, pp. 34-35.
  148. ^ のちに推敲後『洞熊学校を卒業した三人』と改題(「校本宮沢賢治全集 第7巻」(筑摩書房)より
  149. ^ 久世番子 『よちよち文藝部』 文芸春秋2012年10月、98頁。ISBN 978-4-16-375750-6NCID BB10774414 







宮沢賢治と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「宮沢賢治」の関連用語

宮沢賢治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブルー・ムーン

富岡英作

富岡鉄斎

蒸気発生器

宮下梨沙

確率的影響

穴の谷の霊水

繰延係数





宮沢賢治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮沢賢治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS