山村暮鳥とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 小説 > 山村暮鳥の意味・解説 

やまむらぼちょう -ぼてう 【山村暮鳥】 ○

1884~1924詩人群馬県生まれ本名木暮(のち土田八九十(くじゆう)。聖三一神学校卒。大正初期詩集三人処女」「聖三稜玻璃」を刊行さまざまな詩型試みに満ち特異感覚の詩人として詩壇登場、のち人道主義詩風に転じた。詩集「風は草木にささやいた」「」など。

山村暮鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/09 22:58 UTC 版)

山村 暮鳥(やまむら ぼちょう、1884年明治17年)1月10日 - 1924年大正13年)12月8日)は、明治大正期の詩人児童文学者である。本名、土田八九十(つちだ はくじゅう)、旧姓は志村。


  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)343頁


「山村暮鳥」の続きの解説一覧



山村暮鳥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山村暮鳥」の関連用語

山村暮鳥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山村暮鳥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山村暮鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS