短歌とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 短歌の意味・解説 

たん か [1] 【短歌】

和歌の一体で、最も普通の歌体五七五七七の五句三一音を原則とする。起原はよくわからず、諸説あるが、万葉時代には既に確立し、長歌旋頭歌せどうか)などのすたれた平安時代以降は、和歌といえば短歌をさすに至った。みじかうたみそひともじ。 → 長歌
中世歌学で、長歌のこと。「古今和歌集」巻一九最初に長歌を「短歌」としてあることによる

みじかうた [3] 【短歌】

「たんか(短歌)」のこと。

短歌

作者石田和利

収載図書はじまりの神話
出版社近代文芸社
刊行年月1996.3


短歌

作者宮本百合子

収載図書宮本百合子全集33習作2
出版社新日本出版社
刊行年月2004.1


短歌

作者川村慶子

収載図書インカの花川村慶子小説
出版社知加書房
刊行年月2004.4
シリーズ名新・現代詩選書


短歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/08 05:53 UTC 版)

短歌(たんか)とは、和歌の一形式で五・七・五・七・七の五句体の歌体のこと。ただし短歌は古より詠まれている歌体であるが、この項目では明治以降の短歌すなわち近代短歌と現代の短歌について取り上げる。


  1. ^ 天瀬裕康 編著 『SF・科学・ファンタジー句集 増補改訂版』 渓水社、2016年
  2. ^ 小里樹 (2014年1月5日). “ネットで大ブームのBL短歌って何?”. ダ・ヴィンチニュース. 2016年9月6日閲覧。
  3. ^ 北夙川不可止 (2015年1月27日). “「五七五七七に萌えをぶっこむこと!」歌壇に新たな刺激を与えたBL短歌の深~い世界とは?”. おたぽる. 2016年9月6日閲覧。
  4. ^ 念力家族 (天てれドラマ)短歌一覧”. NHK. 2016年9月7日閲覧。
  5. ^ 1200万人突破!サマースペシャルキャンペーン第1弾開催のお知らせ” (2016年7月21日). 2016年9月6日閲覧。


「短歌」の続きの解説一覧

短歌

出典:『Wiktionary』 (2009/10/13 16:33 UTC 版)

名詞

(たんか)

  1. 五・七・七の五句体をとる和歌一種

語源

五・七を3回以上繰り返す長歌比較して短い歌であるため。

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「短歌」の関連用語

短歌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



短歌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの短歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの短歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS