短歌研究社とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 短歌研究社の意味・解説 

短歌研究社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/08 01:22 UTC 版)

短歌研究社(たんかけんきゅうしゃ)は日本の出版社。昭和七年創刊の短歌総合誌「短歌研究」の出版を手がけている。中堅以上の実力ある歌人を顕彰する短歌研究賞のほか、短歌研究新人賞現代短歌評論賞を主催し、新しい才能の発掘・育成にも力を注いでいる。1954年(昭和29年)に「短歌研究五十首詠」[1]中城ふみ子寺山修司がデビューしたことでも知られている。講談社の関連企業の1つ[2]




  1. ^ 当時の名称は「五十首応募作品特選」。
  2. ^ 関連会社(講談社)


「短歌研究社」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「短歌研究社」の関連用語

短歌研究社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



短歌研究社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの短歌研究社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS