出版社とは? わかりやすく解説

しゅっぱん‐しゃ【出版社】

読み方:しゅっぱんしゃ

書籍雑誌など製作する会社

「出版社」に似た言葉

出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 02:33 UTC 版)

出版社(しゅっぱんしゃ)は、書籍雑誌などを発行する会社


  1. ^ 【文化時評】「ひとり出版社」の愉楽『日本経済新聞』朝刊2021年4月11日12面
  2. ^ 【日本ABC協会が雑誌販売部数を発表】日本のファッション雑誌ランキング 宝島社がトップ3独占!”. 株式会社宝島社. 2010年1月22日閲覧。


「出版社」の続きの解説一覧

出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 18:11 UTC 版)

マスコミ不祥事」の記事における「出版社」の解説

朝霞自衛官殺害事件通称赤衛軍事件」において朝日ジャーナル川本三郎記者週刊プレイボーイ記者それぞれ犯人接触し証拠隠滅行った上で逃走資金提供していた。2人とも後日逮捕された。詳細は「朝霞自衛官殺害事件を参照 文藝春秋雑誌であるマルコポーロ西岡昌紀によるホロコースト否認論を掲載しユダヤ人団体駐日イスラエル大使館からの猛抗議により廃刊追い込まれた。一方で歴史修正主義側から反発起こった詳細は「マルコポーロ事件を参照

※この「出版社」の解説は、「マスコミ不祥事」の解説の一部です。
「出版社」を含む「マスコミ不祥事」の記事については、「マスコミ不祥事」の概要を参照ください。


出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/10 05:24 UTC 版)

夢ヶ丘市」の記事における「出版社」の解説

歌の父・雅彦の「(あくちゃ)川賞」受賞際に複数の出版社の存在判明した

※この「出版社」の解説は、「夢ヶ丘市」の解説の一部です。
「出版社」を含む「夢ヶ丘市」の記事については、「夢ヶ丘市」の概要を参照ください。


出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 06:37 UTC 版)

ヴェネツィア大学」の記事における「出版社」の解説

2011年大学出版部にあたる「Edizioni Ca' FoscariECF)」が設立された。

※この「出版社」の解説は、「ヴェネツィア大学」の解説の一部です。
「出版社」を含む「ヴェネツィア大学」の記事については、「ヴェネツィア大学」の概要を参照ください。


出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 04:26 UTC 版)

新旧分離」の記事における「出版社」の解説

誠文堂新光社 河出書房新社 キネマ旬報社 財界展望新社ZAITEN発行する出版社。 中央公論新社中央公論社旧法人)は1990年代経営危機陥ったため、読売新聞社後の読売新聞東京本社)が救済乗り出し1999年読売全額出資によって新社設立され営業譲り受けた2002年読売グループ再編により、読売新聞グループ本社の子会社となって現在に至る。旧中央公論社1999年2月1日付で「株式会社平成出版」に社名変更同年8月23日解散同年12月27日特別清算開始2001年9月1日清算終了し完全消滅した。 徳間書店準大手総合出版社。1990年代住友銀行管理下におかれたが、2005年旧法人債務整理会社株式会社ホールディングス」に社名変更され、翌年清算事業新法人の「株式会社徳間書店」が引き継いだ理論社2010年末に実施無料BSチャンネル・“BS11”を運営する日本BS放送による受け皿会社事業譲渡その後2012年7月にテレワンおよびシカゴコンサルティングの両社全株分割売却したが、2018年1月同業国土社と共に再度日本BS放送連結子会社となったアスキー2003年ユニゾン・キャピタルにより実施現在の角川グループホールディングスおよびアスキー・メディアワークス2013年10月期よりKADOKAWA)。 (補記ごま書房新社VMいかにも新旧分離新社のような社名であるが、セカンドブランド立ち上げ由来し、この項の新旧分離による設立ではない。 三五シンシャ三五館の倒産により元社員設立した会社で、名は継承しているが、資本関係事業継続性はない。 飛鳥新社当初からこの名で、新旧分離ではない。

※この「出版社」の解説は、「新旧分離」の解説の一部です。
「出版社」を含む「新旧分離」の記事については、「新旧分離」の概要を参照ください。


出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 15:05 UTC 版)

堺市」の記事における「出版社」の解説

泉州出版会(『堺泉州』『堺人』を発行関西鉄道研究会(『関西鉄道』を発行はとぶえ会(『はとぶえ』を発行堺市内の小学生の詩、作文習字などを掲載している) 曙出版 - 東湊にあったカストリ雑誌専門出版社。伝説雑誌奇譚クラブ』の最初の発行元である。 青雲書房 - 2016年東京練馬区から移転演劇書の老舗書店 天牛堺書店 - 大阪道頓堀アメリカ村にあった名物古書店天牛書店」(現在は吹田市移転)の暖簾分け資本関係はない)で、堺市中心に店舗展開していた。2019年1月経営破綻全店新刊古本一緒に並べて販売する独特の様式採っていた。 文学賞 自由都市文学賞 - 市制100周年記念して1989年制定主題は「都市小説」である。選考委員田辺聖子藤本義一眉村卓難波利三受賞作品は『読売新聞大阪版掲載される与謝野晶子短歌文学賞 - 産経新聞と堺歌人クラブ主催。「一般の部」と「青春の歌の部」がある。

※この「出版社」の解説は、「堺市」の解説の一部です。
「出版社」を含む「堺市」の記事については、「堺市」の概要を参照ください。


出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:22 UTC 版)

日刊スポーツ」の記事における「出版社」の解説

日刊スポーツ出版社(現・日刊スポーツPRESS) - 2019年1月編集センター」に、さらに同年10月印刷社」に吸収合併され解散

※この「出版社」の解説は、「日刊スポーツ」の解説の一部です。
「出版社」を含む「日刊スポーツ」の記事については、「日刊スポーツ」の概要を参照ください。


出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:50 UTC 版)

アオイホノオ」の記事における「出版社」の解説

小学館 週刊少年サンデー 増刊サンデー週刊少年サンデー増刊号週刊少年サンデー超) 焔の自信次々と打ち砕く少年雑誌。 焔の考えとしては、増刊サンデー週刊少年サンデーと同じ編集部作っており、週刊連載をするまでには実力のない新人に発表の場与え新人に経験を積ませることで、一軍である週刊少年サンデーに連載す実力つけさせるための「週刊少年サンデーのための『二軍雑誌』」と焔は推測している。 小学館新人コミック大賞 少年サンデーまんがカレッジ SA社(エスエイしゃ) 小学館隣にあり、『週刊少年ジャンプ』や『ヤングジャンプ』を発行している雑誌社。すなわち、集英社のこと。 焔ときっちゃん小学館次に原稿持ち込み北斗の拳登場人物似た編集者見てもらっている実際の集英社建物も、作中同様に白山通りから見て小学館右隣りにあるうえ、建物前に神田警察署神保町交番がある。 テレビドラマ版では、『SA社』ではなく集英社』と実名登場している。週刊少年ジャンプ SA社(集英社)の少年誌手塚賞、赤塚賞 集英社漫画賞週刊ヤングジャンプ ヤング誌。矢野健太郎デビュー作強化戦士アームピット」が掲載された講談社 週刊少年マガジン 講談社少年誌

※この「出版社」の解説は、「アオイホノオ」の解説の一部です。
「出版社」を含む「アオイホノオ」の記事については、「アオイホノオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「出版社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出版社

出典:『Wiktionary』 (2021/07/24 23:46 UTC 版)

名詞

   (しゅっぱんしゃ)

  1. 雑誌書籍などの出版をする会社

発音(?)

東京アクセント
  • しゅ↗っぱ↘んしゃ

関連語

翻訳


「出版社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



出版社と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

出版社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



出版社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出版社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマスコミ不祥事 (改訂履歴)、夢ヶ丘市 (改訂履歴)、ヴェネツィア大学 (改訂履歴)、新旧分離 (改訂履歴)、堺市 (改訂履歴)、日刊スポーツ (改訂履歴)、アオイホノオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの出版社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS