大正デモクラシーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > 大正デモクラシーの意味・解説 

たいしょう‐デモクラシー〔タイシヤウ‐〕【大正デモクラシー】


大正デモクラシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 01:07 UTC 版)

大正デモクラシー(たいしょうデモクラシー)とは、日本1910年代から1920年代(概ね大正年間)にかけて起こった、政治社会文化の各方面における民本主義の発展、自由主義的な運動、風潮、思潮の総称である。信夫清三郎『大正デモクラシー史』(1954年)がこの言葉の初出である。


  1. ^ 遠山茂樹・今井清一・藤原彰『昭和史』[新版] 岩波書店 〈岩波新書355〉 1959年 13ページ
  2. ^ 「占領1945~1952 戦後日本をつくりあげた8人のアメリカ人」、ハワード・ショーンバーガー 著、宮崎 章 訳、時事通信社、1994年、11~13ページ


「大正デモクラシー」の続きの解説一覧

大正デモクラシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 23:04 UTC 版)

修身」の記事における「大正デモクラシー」の解説

関東大震災(1923年)前から過度の外国文化流入によって東京人道徳乱れていき、関東大震災後にそれがより一層悪くなったとされる (『国民精神作興ニ関スル詔書』、夢野久作街頭から見た新東京の裏面』『東京人の堕落時代』)。自由主義の波により、華族富豪堕落し平民的になっていったとされる(『東京人の堕落時代』)。 昭和9年(1934年)4月2日小学教育における国民道徳振作目的とした『小学校教師ニ賜ワリタル勅語』が渙発された。

※この「大正デモクラシー」の解説は、「修身」の解説の一部です。
「大正デモクラシー」を含む「修身」の記事については、「修身」の概要を参照ください。


大正デモクラシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 04:50 UTC 版)

忠臣蔵」の記事における「大正デモクラシー」の解説

大正デモクラシーの頃には忠臣蔵その影響を受け、忠義よりも人間的自然な感情抵抗精神重視した研究生まれてくる1913年刊行した司馬僧正の『拙者大石内蔵助ぢや』とその続編赤裸々の大石良雄』は、忠臣蔵自然的な手法持ち込み英雄大石内蔵助といえど内面凡人変わらぬ事を説こうとしたが、それは伝統的な儒教道徳の禁欲倫理の裏返しに過ぎないなどの限界があり、近代的自我目覚めつつある当時知識人期待に応えるものではなかった。 1917年には吉良討ち入り後に細川屋敷預けられ大石内蔵助内面初めて近文学光を当てた芥川龍之介短編或日の大石内蔵助』が登場している。同時に当該作では、不義士たちも俎上あげられ非難されている。

※この「大正デモクラシー」の解説は、「忠臣蔵」の解説の一部です。
「大正デモクラシー」を含む「忠臣蔵」の記事については、「忠臣蔵」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大正デモクラシー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



大正デモクラシーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大正デモクラシー」の関連用語

大正デモクラシーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大正デモクラシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大正デモクラシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの修身 (改訂履歴)、忠臣蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS