タイ王国とは?

タイ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/25 10:03 UTC 版)

タイ王国(タイおうこく、タイ語: ราชอาณาจักรไทย Ratcha Anachak Thai [râːt.tɕʰā ʔāːnāːtɕàk tʰāj])、通称タイタイ語: ประเทศไทย Prathet Thai [pràtʰêːt tʰaj] ( 音声ファイル))は、東南アジアに位置する君主制国家東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国、通貨はバーツ、人口6,718万人、首都のバンコクは正式名称が長いことでも知られる。




  1. ^ a b c 大野良祐 (2016年12月2日). “タイ新国王が即位”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 1 
  2. ^ a b c d World Economic Outlook Database, April 2014” (英語). IMF (2014年4月). 2014年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 貝瀬秋彦 (2017年4月7日). “タイ、新憲法施行 民主化後退、国王の権限強化”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 11 
  4. ^ จิตร [2544]
  5. ^ a b c 石井・吉川(編) [1993] pp.151-152
  6. ^ a b 田中 [1988] p.99
  7. ^ 石井 [1999] p.48
  8. ^ Yamamoto [1989]
  9. ^ Vickery [2004] p.14
  10. ^ จิตร [2544] p.14-15
  11. ^ 田辺寿夫 (2002年11月). “そっちを見ないで、こっちを向いて”. ビルマ情報ネットワーク(BurmaInfo)(出典:「アジア記者クラブ通信」第126号(2002年11月5日発行)). 2008年11月12日閲覧。
  12. ^ 石井・吉川(編) [1993] p.436
  13. ^ Wyatt [2003] pp.17-29
  14. ^ 石井・吉川(編) [1993] p.437
  15. ^ たとえばチャーンウィット博士による "Siam not Thailand" の提言などがある。同提言の要約は Historian wants country called 'Siam'”. The Nation. 2008年2月16日閲覧。。全文は ชาญวิทย์อาสาล่าชื่อ เปลี่ยนชื่อประเทศจาก ‘ไทย’ เป็น ‘สยาม'”. ประชาไทย. 2008年2月16日閲覧。
  16. ^ Wyatt [2003] pp.17-29
  17. ^ Wyatt [2003] pp.17-29
  18. ^ Wyatt [2003] p.41
  19. ^ これには疑問符をつける学者もいる。『ラームカムヘーン大王碑文』参照。
  20. ^ Wyatt [2003] pp.123-124
  21. ^ デビット・K・ワイアットは Wyatt [2003] で Bangkok Empire という表現を用いている。また、ラッタナコーシン王朝という用法については 冨田 [1997] p.1262 にある。
  22. ^ このように何々王朝、何々王朝というように単一の政権が継起したとみる史観を単線型王朝史観という。この史観の提唱者は、ダムロン親王(バンコク朝五世王チュラーロンコーンの異母弟)
  23. ^ a b Wyatt [2003] pp.123-124
  24. ^ 石井 [1998] pp.133-146 ISBN 4839600570
  25. ^ 北原淳「タイの伝統的経済」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 92ページ
  26. ^ 1868年即位、1910年没
  27. ^ 1910年即位、1925年11月没
  28. ^ 新王の個人的資質に関する王族や官僚からの批判、王権を制限する憲法が存在しないという政治体制への批判(村嶋英治「絶対王政と立憲君主制」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 33-35ページ)
  29. ^ 100名以上が逮捕された。青年将校らは、国の資源が国王の私的享楽に浪費されるために国家建設が遅々として進まず、諸外国(英仏)に侵略されていくと憂いた。最初の立憲革命計画で、1932年の人民党による立憲革命の成功へとつながった。(村嶋英治「絶対王政と立憲君主制」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 33-35ページ)
  30. ^ 村嶋 [1996]
  31. ^ 1941年12月11日「日・タイ攻守同盟」締結。1942年1月25日イギリスアメリカなどの連合国に宣戦布告した(赤木 [1994] p.257)。
  32. ^ 日本語書籍では市川健二郎による著書 (市川 [1987]) や同氏による論文等、タイ語では『タムナーン・セーリータイ』(ดร.วิชิตวงศ์ [2546])に詳しい 。
  33. ^ Terwiel [2005] p.279
  34. ^ たとえば1967年頃、タイ国共産党は北部や東北部で活動的となった (Wyatt [2003] p.280) 。
  35. ^ 柿崎 [2007] pp.212-215
  36. ^ Wyatt [2003] pp.304-306
  37. ^ 在京タイ王国大使館タイ経済情勢
  38. ^ タイの工業化の概要 (PDF)
  39. ^ "New anti-corruption law in Thailand extends death penalty to foreigners", The guardian,2015年5月6日(2015年10月25日閲覧)
  40. ^ 「民主主義の優等生どこへ」(日本経済新聞・2014年5月24日)
  41. ^ ここがポイント!!池上彰解説塾・2014年5月26日
  42. ^ “タイ新憲法ようやく施行 修正経て国王の権限強く”. 日本経済新聞. (2017年4月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H8O_W7A400C1FF1000/ 2017年8月29日閲覧。 
  43. ^ 【タイ】黄シャツが復活=国王誕生日に着用
  44. ^ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/reporterseye/bangkok/20060406/20060406_0001.shtml 西日本新聞記者による報告[リンク切れ]
  45. ^ 国王侮辱動画掲載、暫定政府がユーチューブへのアクセス遮断 - タイ
  46. ^ タイ政府、国王が侮辱されたのでYouTubeへのアクセスを規制中
  47. ^ 在京タイ王国大使館 Archived 2007年5月18日, at the Wayback Machine. 経済 Archived 2007年9月27日, at the Wayback Machine.
  48. ^ 日本国外務省「日タイ関係」 Archived 2008年12月18日, at the Wayback Machine.
  49. ^ “タイ暫定首相:総選挙を来年11月に実施-6月に具体的日程”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2017年10月11日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-11/OXMWFJ6S972P01 2017年11月7日閲覧。 
  50. ^ ただしお互いに政治制度の違いもあって、中国はクーデター事件そのものに対して明らかな対応や意見などは出していない。
  51. ^ タイが中国に急接近 思惑は?(NHK国際報道)
  52. ^ “タイ・カンボジアの国境紛争、国際司法裁が11月11日に判決”. newsclip. (2013年10月27日). http://www.newsclip.be/article/2013/10/27/19535.html 
  53. ^ タイ徴兵気絶 - YouTube
  54. ^ IMF
  55. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  56. ^ 世界銀行による国の分類
  57. ^ タイ統計局による家計調査
  58. ^ Global Cities 2016AT Kearney 2016年6月25日閲覧。
  59. ^ [1]
  60. ^ 公共事業入札には「賄賂必要」、9割が回答NNA.ASIA(2012年7月21日)同日閲覧
  61. ^ 外務省各国・地域情勢
  62. ^ 長崎大学風土病紀要
  63. ^ [2] - http://www.moi.go.th/ 以下も出典は同じ
  64. ^ 2013年度の報告書 タイの将来の発電事情と日本企業の事業機会 が完成しました。
  65. ^ 第100回タイにおける原発建設計画が進行中
  66. ^ タイの原子力発電計画
  67. ^ 住友商事と日立製作所がタイ発電公社(EGAT)向け ノースバンコクプロジェクト700MW複合火力発電所を受注
  68. ^ タイ国・ノンセンガス火力発電所 1号系列の営業運転開始について〜当社のタイ国最大のIPP発電所が運転開始、持分出力530万kW超に〜
  69. ^ 【タイ】電源開発、ノンセンガス火力発電所の2号系列も営業運転開始
  70. ^ タイ国 発電公社向け 850メガワット級 大型複合火力発電所を受注
  71. ^ ICT Statistics Database - Country data by region 3. Mobile cellular, subscribers per 100 people 2005
  72. ^ EMC World Cellular Database Q3/2005
  73. ^ Freedom Against Censorship Thailand รายชื่อเว็บไซต์ที่ถูกปิดกั้น , 2006年12月6日時点、他、タイ政府側の発表としてはタイ王国警察サイバーポリスなども同様の報告をしている(アーカイブされたコピー”. 2006年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年7月11日閲覧。)。
  74. ^ Freedom Against Censorship Thailand สถิติการบล็อคเว็บไซต์เพิ่มสูงขึ้นกว่า 500 เปอร์เซ็นต์ ตั้งแต่เกิดรัฐประหาร! , January 20th, 2007
  75. ^ 機密暴露サイトの閲覧制限 タイ政府、理由は明かさず朝日新聞2010年8月18日
  76. ^ “洞窟から救出の少年らに国籍付与 タイ政府が発表”. 朝日新聞デジタル. (2018年8月8日). https://www.asahi.com/articles/ASL886WSNL88UHBI01P.html 2018年8月12日閲覧。 
  77. ^ a b 外務省 海外安全ホームページ タイでの安全のしおり
  78. ^ Global Peace Index 2012
  79. ^ a b タイ、64人に1人がHIV感染か
  80. ^ Sirijit Sunanta(2005)"The Globalization of Thai Cuisine" (PDF) Paper presented at the Canadian Council for Southeast Asian Studies Conference, York University, Toronto, October 14-16]
  81. ^ Kitchen of the World
  82. ^ 「タイの日本料理店市場、60億バーツ規模に=シンクタンク予測」『newsclip』2007年4月21日付配信
  83. ^ a b 小河久志「ワサビと餃子の幸福な関係」大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館
  84. ^ 星野龍夫 「タイ」『激動の文学――アジア・アフリカ・ラテンアメリカの世界』 信濃毎日新聞社、信濃毎日新聞社、長野市、1995年3月15日、初版、108-109頁。
  85. ^ 在京タイ王国大使館 タイ映画 , 2007年5月現在。
  86. ^ 赤木 [1994] p.256
  87. ^ “タイ、総合格闘技の興行禁止”. newsclip.be タイ発ニュース速報. (2012年4月5日). http://www.newsclip.be/news/2012405_034125.html 2012年4月5日閲覧。 



タイ王国

出典:『Wiktionary』 (2009/11/04 04:12 UTC 版)

固有名詞

  1. 東南アジアにある首都バンコク公用語タイ語国民96%が小乗仏教信仰している。

翻訳

セルビア語キリル文字): Тајланд 男性
Roman: Tajland 男性

関連語






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「タイ王国」の関連用語

タイ王国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



タイ王国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2018, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイ王国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタイ王国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS