ラマとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物図鑑 > ラマの意味・解説 

ラマ [1]チベット bla-ma】

上人の意〕
チベット仏教僧侶ラマ僧。本来は高僧尊称。 〔「喇嘛」とも書く〕

ら ま [1] 【蘿


ら ま

接尾
接尾語「ら」に,さらに接尾語「ま」の付いたもの上代語
「おほみこと(大命)」「やつこ(奴)」などの下に付いて,そのものであることを強く指定する意を表す。…そのもの。 「大八島国知ろしめす天皇大命(すめらがおおみこと-と詔りたまふ大命を/続紀 文武宣命

ラマ [1] 【llama】

ラクダ科一種。肩高1.2メートル 内外。頸(くび)細長く,耳も長く,尾は短い。体は黒・白など。草食性南米アンデス高地荷物運搬に使われている。肉は食用にされる。アメリカラクダ。羊駝リャマ

ラマ(家畜種)

ラマ
ラマ
ラマ
ラマ
名称
ラマ(家畜種)
飼育園館
上野動物園大島公園動物園
生息地
南アメリカペルーからアルゼンチンにかけての高山地帯
体の大きさ
体長約1.2m、体高約1.2m、体重70~140kg
えさ
動物園では、牧乾草草食獣ペレットなどをあたえています。
特徴
こぶのないラクダ仲間で、毛色褐色、白と、黒などいろいろです。平地から山地にかけて生息するグアナコ家畜化したもの考え学者もいますが、現在は野生のものがいないため正確なことはわかっていません。粗食に耐え、けわしい山岳地帯荷物運搬するなど、現地人々のくらしに役立っています。気に入らないことがあると、胃の内容物をもどして、口から飛ばし相手かけたりすることもあります

ラマ

sheeo01.jpg【英】:Llama

ラクダ類、ラマ属属す動物の毛。

同属にはアルパカAlpaca)、ビキューナVicuna)などがいるが、いずれも南米太平洋側の3,600m以上の高地棲息している。 この中で、ラマは一番大型動物で、毛は30ミクロンより細いものから、50ミクロン上の太いものまでが混生している。

羊駝

読み方:ラマ(rama

哺乳類


ラマ

名前 RamaLama

ラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/16 04:01 UTC 版)

ラマ (lama, rama, llama 他)




「ラマ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラマ」の関連用語

ラマのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2018 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
ザ・ウールマーク・カンパニーザ・ウールマーク・カンパニー
Copyright The Woolmark Company 2018
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS