荷役とは? わかりやすく解説

に‐やく【荷役】

読み方:にやく

船荷あげおろしをすること。また、それをする人。


荷役

物品輸送・保管の際の積みおろし倉庫へのしわけ入出庫および仕分作業をいう。パレットフォーク・リフトホイストクレーンコンベヤ、垂直荷役機などの進歩普及により、荷役における技術革新進められており、人力頼らなければならない部分減少し、また人力では不可能な作業も可能となっている。荷役には、陸上荷役と港湾荷役とがあり、港湾荷役はさらに沖荷役岸壁沿岸荷役とに分けられる

荷役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 07:34 UTC 版)

荷役(にやく)とは、運輸業における作業のひとつ。「にえき」とも。




「荷役」の続きの解説一覧

荷役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 01:28 UTC 版)

アルパカ」の記事における「荷役」の解説

アルパカ体毛利用主ではあるが、荷役に用い場合もある。しかしラマより体形小型で1回運べる荷は50kg程度でしかない

※この「荷役」の解説は、「アルパカ」の解説の一部です。
「荷役」を含む「アルパカ」の記事については、「アルパカ」の概要を参照ください。


荷役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/13 02:10 UTC 版)

スキッドステアローダー」の記事における「荷役」の解説

基本的に両手2本走行レバー握っているので、ホイールローダーのように手を使って荷役作業できないブームの上下・バケットの上下に1本十字型レバーまたは2本独立レバー操作必要になるそのため、スキッドステアローダー足元に2つペダルがある。左ペダルブーム・右ペダルバケット操作で、手足すべてを使って作業する慣れ必要な機械である。

※この「荷役」の解説は、「スキッドステアローダー」の解説の一部です。
「荷役」を含む「スキッドステアローダー」の記事については、「スキッドステアローダー」の概要を参照ください。


荷役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 02:56 UTC 版)

RO-RO船」の記事における「荷役」の解説

トレーラー船内へと運ばれコンテナ積載方法は2通りある。正し位置まで自走してきたトレーラーが、トレーラーヘッド呼ばれるトラクター部分から後部のシャーシ積まれコンテナ部分切り離してトレーラーヘッドだけが船外へ降りる方法と、船内シャーシからコンテナ卸して所定の場所積付けシャーシトレーラーヘッド船外へ降りる方法がある。後者積付け直す方法は、手間時間がかかる積載効率上がるトレーラーヘッド含めた車輌全体が船で運ばれることもあるが、外航海運では相手先国の道路交通国内法トレーラー自走制限する場合があるため、場所をとるトレーラーヘッド一緒に運ばれることは少ない。 RO-RO船でも全ての荷役をRO-RO方式行なうとは限らず甲板上にコンテナ搭載する場合にはLO-LO方式で荷役を行なうのが普通である

※この「荷役」の解説は、「RO-RO船」の解説の一部です。
「荷役」を含む「RO-RO船」の記事については、「RO-RO船」の概要を参照ください。


荷役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 06:15 UTC 版)

国鉄シキ1000形貨車」の記事における「荷役」の解説

分割低床式のため、荷役時は荷台低床部分)を分割した後、コロ曳き水平移動スライド)させ、車外出して荷役を行う。貨物積み込む時や取り降ろす時はこの手順で行われ積み込んだ後や取り降ろした後は逆手順で車両収納される。なお、貨物によって重心変化するので、そのこと考慮した上で載せる位置決定するそのため、貨物積載位置前寄り(または後ろ寄り)になる場合がある

※この「荷役」の解説は、「国鉄シキ1000形貨車」の解説の一部です。
「荷役」を含む「国鉄シキ1000形貨車」の記事については、「国鉄シキ1000形貨車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「荷役」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「荷役」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

荷役のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



荷役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荷役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルパカ (改訂履歴)、スキッドステアローダー (改訂履歴)、RO-RO船 (改訂履歴)、国鉄シキ1000形貨車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS