群れとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 群れの意味・解説 

むれ【群れ】

読み方:むれ

たくさんの人生物集まっている状態。あつまりむらがり。「水牛が—をなす」

なかま。同類。やから。「無頼(ぶらい)の—に身を投ずる

「群れ」に似た言葉

群れ


群れ

読み方:むれ

【文語】ラ行下二段活用動詞群る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

群れ

原題:Suru
製作国:トルコ
製作年:1978
配給:岩波ホール
スタッフ
監督:Zeki Ukten ゼキ・ウクテン
脚本:Yilmaz Guney ユルマズ・ギュネイ
撮影:Izzet Akay イズゼット・アカイ
音楽:Zulfu Livaneli ズルフュ・リヴァネリ
美術:Rauf Ozangil 

Sabri Aslankara 
編集:Uzedemir Aritan ウズデミル・アルタン
字幕:山崎剛太郎 ヤマザキゴウタロウ
助監督:Ali Okten 
キャスト(役名
Melike Demirar メリケ・デミルアー (Berivan)
Tarik Akan タールク・アカン (Sivan
Tuncel Kurtiz トゥンジェル・クルティズ (Hamo
Levent Inanir  (Silo
Meraj Niron  (不明
Erol Demiroz  (不明
Yaman Okay  (Abuzer)
Savas Yurttas  (不明
解説
牧畜を営む大家族のなかで、古い因襲の殻を破ろうとする若い夫婦の姿を描く。判事殺人容疑74年以来投獄されていた「路」のユルマズ・ギュネイが、獄中から指示し、それに応えてゼキ・ウクテン演出手がける脚本ギュネイ自身撮影イズゼット・アカイ音楽ズルフュ・リヴァネリ編集ウズデミル・アルタン担当出演メリケ・デミルアー、タークル・アカンなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください
東トルコ牧畜営んでいるヴェイシカン家は、父のハモトゥンジェル・クルティズ)が暴君のため、家族ひたすら耐える生活を強いられていた。3人息子のうち、長男シヴァンタールク・アカン)は、対立するハリラン家の娘ベリヴァン(メリケ・デミルアー)と結婚しており、それは、両家和解のしるしとしての意味もあったのだが、ハモは、かえって彼女を目の敵にした。さらにベリヴァンは子供3人死産してしまい、以来彼女は口をきかなくなってしまった。彼女が病気ではないか心配するシヴァン彼はベリヴァンを愛するあまり家族から孤立するハメになってしまう。待ち続けた羊の買い手からの知らせ届きハモ自分の羊の群れ頭を売りさばくため、アンカラまで汽車で運ぶことにした。この仕事息子たち助力必要だったシヴァン手伝条件として、ベリヴァンを同行すること、そして報酬として自分に1万リラ支払うことを要求した彼は妻を町の医者に連れてゆきたかったのだ。ハモ仕方なく彼の案を受け入れたハモが、数頭の羊をチップとして乗組員たちに渡すという慣例拒んだため、彼らは有害なDDT運んでいたという事実をハモ伝えなかった。旅の途中で羊の何頭かが死に、また山賊によっても数頭が奪われた。ハモは、これらの不運を、嫁のベリヴァンのせいだと信じアンカラ着いた時、ハモシヴァン約束通り金額払わなかった。衰弱したベリヴァンを背負ってアンカラの町をさまよい歩くシヴァン。ようやく医者のもとに辿り着いたものの、夫の必死の願いにもかかわらず古い風に従って医者の前で裸になることを拒んだベリヴァンは翌日死んだ。彼女の死をむしろ喜ぶ父、死体持ち帰るためのお金要求したシヴァンは、それを拒まれた。しかも、女の死なたいした味はないといった羊の商人を、思いあやまって殺してしまった。彼は警察に連れ去られもう一人の息子シロスキぬすんで姿を消した。ひとり見捨てられたハモ巨大な都市さまよい歩くのだった

群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 09:07 UTC 版)

群れ(むれ)とは、同一種の生物個体多数からなる集団である。まれに複数種を含む集団を指す場合もある。


  1. ^ 日本語ではさまざまなものを区別せずに「群れ」と呼んでいるが、英語ではこれに当たる語がいくつか用意されている。一般的な表現としては「group」を用いる。草食動物の場合は「herd」、オオカミイヌなどでは「pack」、ライオンは「pride」、サルは「troop」、鳥の場合は「flock」、魚類の群れは「school」、ハチなどの昆虫は「cluster」である。


「群れ」の続きの解説一覧

群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:03 UTC 版)

アルバートサウルス」の記事における「群れ」の解説

バーナム・ブラウンらが発見したドライ・アイランドのボーンベッドには26体のアルバートサウルス保存されており、一ヶ所から産出した白亜紀大型獣脚類としては世界最多であり、大型獣脚類全体においてもユタ州の Cleveland-Lloyd Dinosaur Quarry から産出したアロサウルス次いで2番目である。この群れは非常に高齢個体1頭、17 - 23歳成体8頭、12 - 16歳急成長期真っ只中亜成体7頭、2 - 11歳の急成長期至っていない幼体6頭から構成されている。 アルバートサウルスボーンベッドからは植物食性動物化石がほぼ産出しておらず、また多くの個体保存状態似ているため、 カリフォルニア州ラ・ブレア・タールピットのような捕食者トラップではなく、さらに保存されている死んだ動物たち全て同時に死亡したカリー結論付けた彼はこれを群れで行動していたことの根拠であると主張した他の科学者懐疑的であり、アルバートサウルス干ばつ洪水などの理由で一緒に運ばれ可能性がある意見した角竜ハドロサウルス科など植物食恐竜には群れで行動していた証拠豊富にあるが、同じ場所で肉食恐竜数多く発見されることも稀にある。ディノニクスコエロフィシス といった小型獣脚類は群れで発見されており、アロサウルスマプサウルスといった大型の捕食動物にも例はある。他のティラノサウルス科にも群居性証拠があるシカゴフィールド自然史博物館化石組み立てられスー近く小型個体断片化石が発見されているほか、モンタナ州ツーメディスン累層ボーンベッドには、数頭のハドロサウルス科の傍に少なくとも3つのダスプレトサウルス標本保存されていた。これらの発見は、一時的あるいは異様な集合時の化石である可能性否定できないものもあるが、アルバートサウルス社会的行動証拠結びつけられる可能性がある社会的集団ではなく、コモドオオトカゲのように死体周り群がり激しく争って殺し合い共食い発展した推測する研究者もいる。 また、アルバートサウルスは群れで狩り行っていたとカリー推論している。小型個体の脚のプロポーションはおそらく最速恐竜一つであるオルニトミムス科匹敵する。若いアルバートサウルス同程度俊足、あるいは少なくとも獲物よりも速かったとみられている獲物強力だ動作襲い成体の方へ群れの若いメンバー追い込んでいた、とカリー仮説立てたまた、幼体成体異な生活スタイル送っており、アルバートサウルスよりも体重2桁いような同時代小型獣脚類捕食者巨大な成体との間の生態的地位埋めていた。同様の状況現代コモドオオトカゲでも確認できる。彼らは彼らは木を這って捕食するところから始まって、島の支配的な捕食動物成長する。しかし、行動化石記録保存されることは極めて稀であり、このアイディア容易に確かめられなかった。2010年には、いまだ群れで狩りをしていた説をカリー支持していたが、洪水でゆっくり水位上昇したなどの他の要因化石集中した可能性がある認めた

※この「群れ」の解説は、「アルバートサウルス」の解説の一部です。
「群れ」を含む「アルバートサウルス」の記事については、「アルバートサウルス」の概要を参照ください。


群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 22:47 UTC 版)

ヒツジ」の記事における「群れ」の解説

ヒツジは非常に群れたがる性質をもち、群れから引き離されると強いストレスを受けるまた、先導者に従う傾向がとても強い(その先導者はしばしば単に最初に動いたヒツジであったりもする)。これらの性質家畜化されるにあたり極めて重要な要素であった

※この「群れ」の解説は、「ヒツジ」の解説の一部です。
「群れ」を含む「ヒツジ」の記事については、「ヒツジ」の概要を参照ください。


群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/02 16:54 UTC 版)

アルバートサウルス亜科」の記事における「群れ」の解説

バーナム・ブラウンらが発見したドライ・アイランドのボーンベッドには26体のアルバートサウルス保存されており、一ヶ所から産出した大型獣脚類としては世界最多であり、ぞ尾型獣脚類全体でユタ州の Cleveland-Lloyd Dinosaur Quarry から産出したアロサウルス次いで2番目である。この群れは非常に高齢個体1頭、17 - 23歳成体8頭、12 - 16歳急成長期真っ只中亜成体7頭、2 - 11歳の急成長期至っていない幼体6頭から構成されている。 アルバートサウルスボーンベッドから植物食性動物化石がほぼ産出しておらず、また多くの個体保存状態似ているため、 カリフォルニア州ラ・ブレア・タールピットのような捕食者トラップではなく、さらに保存されている死んだ動物たち全て同時に死亡したカリー結論付けた彼はこれを群れで行動していたことの根拠であると主張した他の科学者はこれに懐疑的であり、アルバートサウルス干ばつ洪水などの理由で一緒に運ばれ可能性がある意見した角竜ハドロサウルス科など植物食恐竜には群れで行動していた証拠豊富にあるが、同じ場所で肉食恐竜数多く発見されることも稀にある。ディノニクスコエロフィシスおよびシンタルルスといった小型獣脚類は群れで発見されアロサウルスマプサウルスといったより大型の捕食動物同様である他のティラノサウルス科にも群居性証拠があるシカゴフィールド自然史博物館化石組み立てられスー近く小型個体断片化石が発見されているほか、モンタナ州ツーメディスン累層ボーンベッドには少なくとも3つのダスプレトサウルス標本が数頭のハドロサウルス科の傍に保存されていた。これらの発見は、一時的あるいは異様な集合時の化石である可能性否定できないものもあるが、アルバートサウルス社会的行動証拠結びつけられる可能性がある社会的集団ではなく、コモドオオトカゲのように死体周り群がり激しく争って殺し合い共食い発展していたと推測する研究者もいる。なお、アルバートサウルス一般に群れで発見されていても、近縁なゴルゴサウルスも群れで行動していたという証拠はない。

※この「群れ」の解説は、「アルバートサウルス亜科」の解説の一部です。
「群れ」を含む「アルバートサウルス亜科」の記事については、「アルバートサウルス亜科」の概要を参照ください。


群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 22:30 UTC 版)

スズメ」の記事における「群れ」の解説

夏から秋にかけて街路樹など数十から数百羽が集まってねぐらを形成するその年生まれ若鳥が多いとされるが、若い個体だけでなく成鳥もまざっている。集まることで、体温維持翌日の餌場の探しやすさ、睡眠時安全性の向上などの効果がある考えられている。一方で、群れのねぐらに入らず個々の所に定住する個体成鳥が多いとされる近縁で主にヨーロッパ分布するイエスズメでは、喉元の黒い部分大きさが、その個体コンディション良さ表しており、黒い部分大きいほど、または黒さが強いほど群れの中で優位な個体であるという研究がある。一方スズメの頬および喉の黒い部分社会的なランクについては、それほどはっきりした関係がないことが示されている。ただし、イエスズメについても否定的な研究もあり、スズメについてもまだ十分調べられているわけではない

※この「群れ」の解説は、「スズメ」の解説の一部です。
「群れ」を含む「スズメ」の記事については、「スズメ」の概要を参照ください。


群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 04:41 UTC 版)

オオカミ狩り」の記事における「群れ」の解説

狩猟反対派は、オオカミは群れと同所的領域重要な機能果たしていることと不健康な動物殺処分することで充分だ主張している。

※この「群れ」の解説は、「オオカミ狩り」の解説の一部です。
「群れ」を含む「オオカミ狩り」の記事については、「オオカミ狩り」の概要を参照ください。


群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 06:16 UTC 版)

ドブネズミ」の記事における「群れ」の解説

ドブネズミには、順位性なわばり性が認められている。23-116kHzの超音波発してコミュニケーションを行う。行動圏通常30-70m以内生け捕り直後に脅かすと、クマネズミ鳴かないが、ドブネズミ激しく鳴く

※この「群れ」の解説は、「ドブネズミ」の解説の一部です。
「群れ」を含む「ドブネズミ」の記事については、「ドブネズミ」の概要を参照ください。


群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 20:21 UTC 版)

ハイエナ」の記事における「群れ」の解説

ブチハイエナ他のハイエナ違い、高い社会性備えており、群れで行動するまた、他のハイエナ大きな獲物相手にするときなどは集団になる。

※この「群れ」の解説は、「ハイエナ」の解説の一部です。
「群れ」を含む「ハイエナ」の記事については、「ハイエナ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「群れ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

群れ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 11:30 UTC 版)

和語の漢字表記

(むれ)

  1. むれを参照

「群れ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



群れと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

群れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



群れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの群れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルバートサウルス (改訂履歴)、ヒツジ (改訂履歴)、アルバートサウルス亜科 (改訂履歴)、スズメ (改訂履歴)、オオカミ狩り (改訂履歴)、ドブネズミ (改訂履歴)、ハイエナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの群れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS